回復ドライブを作成


先週あたり、パソコンを使っているとCドライブ以外が見えなくなる症状が発生。まだ、Cドライブで無かったので良かったんだけど、また、暫く使っているとCドライブも見えなくなりOSが起動しなくなりました。

BIOSモードに入ると、起動ドライブの順番がなぜかおかしくなっていて、起動ディスクを元に戻すとOSが起動されました。

とはいえ、最近パソコンが不安定になってきたこともあって、最悪、OSが起動しなくなったり、OSが破損したりした時に復元出来るように「回復ドライブ」を作成

回復ドライブを作成するには、USBメモリが必要なため、32GBの安価な物を2つ(かみさんと自分)Amazonで購入しました。1個713円也。

・SanDisk USBメモリ 32GB USB 2.0 Cruzer Spark 【正規代理店品 5年保証】 SDCZ61-032G-J57 2点 ¥ 1,426

■回復ドライブとは
PC でハードウェア障害などの重大な問題が発生した場合に、回復ドライブを使用して Windows 10 を再インストールすることができます。Windows 更新プログラムによってセキュリティおよび PC のパフォーマンスが定期的に向上しているため、回復ドライブは 1 年に 1 回再作成することをお勧めします。個人用ファイルと、PC に付属していなかったアプリケーションはバックアップされません。16 ギガバイト以上の USB ドライブが必要です (ディスクは使用できません)。

Windows 10 で回復ドライブを作成するには:
1. [スタート] ボタンの横にある検索ボックスで、「回復ドライブの作成」を検索し、検索結果の一覧から [回復ドライブの作成] を選択します。管理者パスワードの入力や選択内容の確認を求められる場合があります。
2. ツールが開いたら、[システム ファイルを回復ドライブにバックアップします] が選択されていることを確認して、[次へ] を選択します。
PC に USB ドライブを接続し、そのドライブを選択して、[次へ] を選択します。
3. [作成] を選択します。回復ドライブには多数のファイルをコピーする必要があるため、しばらく時間がかかる場合があります。

回復ドライブを使って復元または初期状態に戻すには:
1. 回復ドライブを接続し、PC の電源を入れます。
2. Windows ロゴ キー を押しながら L キーを押してサインイン画面を表示し、Shift キーを押しながら、画面の右下隅にある [電源] ボタン > [再起動] を順に選択して PC を再起動します。
3. PC が Windows 回復環境 (WinRE) で再起動します。
4. [オプションの選択] 画面で、[トラブルシューティング] を選択し、次の 2 つのオプションのいずれかを選択します ([オプションの選択] 画面が表示されない場合は、PC がドライブから起動するように設定されていない可能性があります。PC のブート順の変更方法については、PC の製造元の Web サイトをチェックしてください)。
→Windows 10 を再インストールするには、[詳細オプション] > [ドライブから回復する] の順に選択します。この操作を行うと、個人用ファイル、インストールしたアプリとドライバー、設定に加えた変更は削除されます。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31765

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください