Arc’teryx Beta AR JacketをGrangersで洗濯と撥水処理


2017/11/3に購入してから、一回も選択したことが無かったんだけど、流石に洗濯しないで2年近くも着ていると、大分汚れも目立ってきました。そして、撥水性も落ちてきているのが見て分かるほどとなりました。

そんなこともあり、先週購入したGrangersを使って選択することに。事前にYouTubuで洗濯の仕方を勉強。

◎洗濯機に直接投入するタイプのクリーナー& 撥水剤です。
◎洗浄と同時に、撥水性を失った表地に撥水加工を施します。
◎洗浄成分を蒸発させるため熱を加えながら乾燥させる必要があります。ウェアの洗濯表示に従って、衣類乾燥機またはアイロンをご使用ください。
◎Gore-Tex®ファブリクスにも使用可能。

てことで、
1.準備
洗濯中にジッパータブや面ファスナーが絡まったりしないように、しっかり閉めておきます。

2.洗濯機に入れる
ウェアを洗濯機に入れます。洗濯表示にネット使用と記載されている場合は、洗濯ネットを使いましょう。

3.専用クリーナーを計る(計量:今回はキャップ2杯)
専用クリーナーのボトルをよく振ってから、キャップに洗剤を注ぎます。
4.専用クリーナーを入れる
他の洗剤と混ざらないよう、洗濯機の洗剤入れがきれいか確認してから、洗濯槽に専用クリーナーを直接注ぎ入れます。(水量は25~35ℓを目安)

5.洗濯スタート
洗濯の標準コース(洗い10分)で、すすぎ2回、脱水は無しにセットしてスタートさせます。我が家の洗濯機だと急ぎコースが丁度良いみたい。


6.押し絞りをする
脱水しないでウェアを取り出し、余分な水分を押して絞り出し、ハンガーに掛けます。
7.ウェア撥水剤を吹き付ける
ウェアから水が滴らないことを確認してから屋外へ持ち出し、表地全体にまんべんなく吹き付けてから陰干しします。
◎耐久性のある撥水加工を施します。
◎パフォーマンスウォッシュ等による洗濯後、生地表面に吹き付けることで撥水加工を施します。
◎環境にやさしいアクリルポリマーを使用しながら高い撥水性を発揮。
◎Gore-Tex®ファブリクスにも使用可能。
8.乾燥させる
直射日光を避け、風通しの良いところで完全に乾かします。水分が残っていると生地の劣化につながります。

洗濯が終わった後は、撥水スプレーでスプレーしました。

乾燥は風呂場の乾燥機で3時間程乾燥させます。本当は乾燥機で乾燥させたほうが撥水効果が上がるようだけど、風呂場の乾燥機で乾燥させて、仕上がり具合はどうか・・・とても楽しみですね。実際に雨の日に濡れてみて、弾き具合を確かめよう!っと。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31732

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください