ガレージゲートにシェード取り付け


以前までガレージの前にシェードを取り付けしていましたが、強風のせいでハトメの部分が壊れてしまったので取り外していました。

ただ、やっぱりここにシェードが無いと風雨が強い日は、必ず車が汚れてしまうのと、表通りから視線が作業中に気になることもあって、再度、シェードを取り付けすることにしました。

新しくシェードを取り付けるのに、前回とは違うメーカーの製品をチョイスすることにしました。

色々と調べても、比較的にリーズナブルなシェードって無いんですよね。そんなこともあって、調べた中で一番良かったのが、以下の製品。

・ウォーターブロック W200×H300cm【ワインレッド】 / 撥水シェード 撥水オーニング 3,980円也
■サイズ:約 幅200×長さ300cm
■重量:約 0.96kg
■材質:生地/ポリエステル、ハトメ/アルミ
■紫外線UVカット率:約 90~95%
■付属品:取り付け紐4本

色をワインレッドにしました。我が家のイメージカラーでもあるので、ベージュやブラウンよりも良さそうだと思った次第です。
実際、届いた製品を確認すると、中々、深い色味でとても良い色合いです。これで、防水加工されているということから、汚れにも強そうで長く使えそうです。ハトメの部分も前の製品に比べて頑丈そうなので、紐で取り付けた時の箇所も壊れにくそうでした。この箇所ばかりは、長い間使っていかないと耐久性は分からないけど。

早速、取り付け作業を開始。購入時にサイズは測っていましたが、こういうのは製品精度が微妙なこともあって、実際にあててみないと分からないんですよね。

で、取りつけしました。前から見るとこんな感じ。イメージ通り落ち着いた感じの色合いが、とてもあっているように思えます。お洒落な感じだ(@@

ガレージ内から眺めると、こんな感じ。これだけ視界が遮られて入れば、中で作業している時も外からの視線を気にしなくても良くなりました。また、思った以上に面積があるので、雨風による車への直撃も無くなりそうです。

本当は垂直に上げ下げ出来るようにしたかったけど、それはまた今度かな。滑車を使った仕組みを検討しているけど、ひとまずはこれでも問題無くなったので、暫く様子見です。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31625

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください