群馬名物と言えば、焼きまんじゅう!助平屋饅頭 総本舗でソウルフードを食す!


山間部に伝わる郷土料理といえば「五平餅」が有名ですよね。あの甘辛い味噌だれが最高に後を引きますが、群馬に行ったらやっぱり食べたいですよね。

五平餅はそうは言っても売られている所が少なく、また、今回の環境場所からは遠かったので、同じような焼きまんじゅうを食すことにしました。

そんなこともあって、美味しいお店をネットで調べたら、「助平屋饅頭 総本舗」が95年という歴史があって良さそうだということが分かり、お昼ご飯はそこで焼きまんじゅうを食べることにしました。

駐車場には車が6台と道路挟んだ所にも4台程駐車できるようです。

店舗は昔ながらの家屋っぽく。店内は天井が高くて居心地がいいです。入ってすぐの所に券売機があって、ここで最初にチケットを購入して注文します。

注文したのは、以下の7本。実際の大きさを知らずに注文したため、一度に食べれるだろうと思っていたけど、実際目にした大きさはかなりのサイズです。
・焼まんじゅう 200円 x 3
・辛味噌焼まんじゅう 200円 x 2
・ごま焼まんじゅう 200円 x 2

1本の串に4つついていますが、現地で食べるには1本半で満足してしまいます。流石に味が濃いこともあって、途中で美味しくても飽きてしまうようです。残りは包んでもらってテイクアウトしました。まあ、娘にお土産になったんで、これで良かった。

おやつとして食べるにも、この価格でこの量は満足度高いです。五平餅と違うのは、五平餅はお餅に近いけど、焼きまんじゅうはパンに近いです。ふわっふわで味噌が焦げたところがカリっともちっとしていて食感が最高です。群馬に行ったら、また、買って帰りたいですね。

また、他にもいろいろと美味しいと言われている焼きまんじゅう屋さんがあるようなので、そういう所を巡るだけのドライブも楽しいかも。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31485

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください