その後、Windows10を再度初期化インストールしなおしてみたりして、iTunesからNA7004へ音が鳴らせるか試しましたが、結果は改善せず・・・

流石に悩み過ぎて疲れたこともあり、結局、Remote Speakers Output Plug-Inを購入することにしました。メジャーバージョンアップ版ではなく、マイナーバージョンまで対応する安いほうで購入。因みにプラグインをアンインストールし直せば、リマインダーはリセットされるので、面倒でなければそれで延々試すことは可能のようでしたけど。

PayPal経由で「こちら」から購入しました。

$10USでしたが、日本円で¥1,169でした。まあ、このくらいの出費であれば許容範囲内かな。

当初、Winampではなく音に評判が良かった「JRiver Media Center」にしようかと思ったんだけど、リモートスピーカーにも対応とあったけど、DLNAでNA7004とうまくいかなかった為と自分の操作感性と合わなかったことがプラグインを購入した経緯となりました。

PayPalで支払った後、別途、サイトにあるメールアドレスへ支払いが完了したから、アクティベーションコードを送れと英文でメール。数日すると、先方からアクティベーションコードだけが貼りつけられた素っ気ないメールが返信されてきました。

これを、Winampを起動時にプラグインのアクティベーションコードを入力する画面で入力。無事に利用できるようになります。

以前のように、リモートスピーカーがNA7004になっていることを確認して、後は音楽を楽しむだけですね。

相変わらず、USB接続して音楽の同期はXperia Z5に対して出来ない状況です。仕方が無いので、iTunes+iSyncrで実施しています。Windows10を初期化インストールしたら、こっちの同期は元の通り出来るようになりました。ただ、USB同期はiSyncrのライセンスがどうのこうのとエラーになって使い物になっていませんけど。。。

winamp+Remote Speakers Output Plug-In でネットワークオーディオを楽しむ

み~


普通以下のサラリーマンですが、ガレージが欲しくて、住宅ローンが残っているマンションから注文住宅購入に踏み切りました。インナーガレージだと、真夏日・真冬日ともに車へのダメージが少なく、人にも車にも快適です。 暫く子供にお金がかかるため、お金をかけずに車生活を楽しみたいため、ダウンサイジングターボだけど、エコ&ファンtoドライブで楽しめるBMW 118i M Sportsに乗り換えました。 ■車歴 フォードプローブ2200GT(初代)、トヨタ セリカ2.0 SS-Ⅱ、トヨタ イプサム(初代)、スバル レガシィB4 RSK(BE)、スバル レガシィB4 2.0GT spec.B(BL)、VW Golf V Variant 2.0TSI Sportline、BMW 325i Touring M Sports、BMW 118i M Sports


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください