オーディオラックを日曜大工で!


書斎デスクの次はオーディオラックを作りました。

材料は前回用意済みなので、柱の部分の切断とダボの取り付け、そして組み立ての段取りとなります。

2×4材を50cmづつ4本用意します。切断後、汚くなった面を綺麗にポリシングで磨きなおしました。

2×4材の柱になる部分にダボ穴の位置決めをします。面倒な位置決めは、この2×4定規を使うことで当てるだけで位置にマーキングが出来ます。棚側の同様にこの定規を使うことで、面倒な位置決めが楽勝でマーキング出来ました。

ただ、後での失敗したなかな・・・と思ったのが、2×4材の上下の面が水平でなかったのが失敗でした。やっぱり、ノコギリだと真っ直ぐに切断できないんで、何かしら対策品の工具を買わないと駄目ですね。

次はダボ穴を開けます。ガイドを当てる前にガイドにドリルを通した後、マーキングした位置にドリルの先端を当てて動かします。ガイドを当てた後に、ドリルの位置決めは基本出来ないんで(^^;
開けた穴にダボを入れて木づちで叩いて柱の完成です。

次に柱に棚置きする位置を決めて、ニッケル棚ダボのネジ部分にダボ穴を開けて、ボンドを注入して嵌め込みます。位置を変更できるように、微妙に変えた2か所に設置。棚ダボは8mmだけど、木ダボとは違い、少し穴が小さ目でないと駄目みたい。8mmジャストだとかなり緩々でした。。。
後、250mmの高さで計算して開けたんだけど、棚の厚さを加味して位置決めし忘れてしまい、少し上過ぎてしまいました(><
その為、本来ならばアンプを下段に設置して、上段にCDプレイヤーとネットワークアンプを設置する予定が計画通りいかなくなってしまったのが失敗しました。

パーツが準備出来たら、組み立てします。ダボを棚側の穴に嵌め込み、木づちで叩いて嵌め込みました。柱側が水平でない為に、少し浮いた感じになってしまいましたが、嵌った棚を再度取り外そうとしても取れないくらいガッチリと食い込みました。

オーディオラックは動かせるほうが便利なんで、ローラーの足を取り付け。1つあたり30kgまで耐えるものです。4つで分散されるので、100kgくらいまでは大丈夫。前側にロック付きを取り付けし、後ろ側にロック無しを取り付けしています。木ネジは平頭タイプのもので固定しました。

これで完成です。結局、組み立てまで終わらせるのに5時間程かかっています。炎天下の下、作業していたんで、結構、休み休み作業しての時間ではあるのですが、思った以上に時間がかかりました(^^;

実際に書斎デスクの下に設置。当初は横向きで設計していましたが、思いの外、幅が取られてチェアーの場所が手狭になってしまったので、縦向きに設置することにしました。実際、この位置でも操作上は問題ないためです。
棚は結局、アンプの上にCDプレイヤーを直置きした上にダボを使わないで棚を置いて、その上にネットワークオーディオを設置しました。

スピーカーをデスクの左右にかなりセンター寄りに振り向かせて置きました。実際、音楽を再生させて聴いた時に音が顔の真ん中あたりに来るように調整して作業終了です。これで好きな時に音楽を楽しみながら、パソコンが出来るようになりました。かなり快適な場所になりました。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください