ガレージに監視カメラ設置


以前、設置してた監視カメラは故障してしまい、既に撤去していましたが、「やっぱり必要だね!」と言うことになり、新しく購入しました。

購入にあたっては、色々と見ましたが、とりあえず、屋外用でHD対応の200万画素ってことで以下を買いました。
・SV3C 1080P 200万画素 WI-FI 防犯カメラ 7,999円
・Samsung microSDHCカード 32GB EVO Plus Class10 UHS-I対応 1,580円

本体は、しっかりとした鉄製のフレームです。レンズ部分にもLED?みたいなものが6個付いています。防水なので、電源ケーブルの所も有線LANの所も雨にぬれても大丈夫なように処理されています。

設定するのに、少し癖があるということだったんですが、とりあえず、パソコンからwebで接続してIPアドレスを設定。デフォルトが192.168.1.x/24のセグメントの商品が多いので、自宅のセグメントも同じようにしておけば良かったかな?と思いつつも、そういう時は自分のパソコンのIPを一時的に適当に商品側のセグメントのIPアドレスへ変更して対応すればよいか・・という風に納得して作業しました。

設定時に注意が必要なのが、Google ChromeとかではなくIEでないと設定出来ない項目があったりするので注意が必要でした。(動体検知アラートとか)

設定は、以下のメニューを適当に設定しました。
[Mediaメニュー]
・Video
・OSD set
・Image
[Network]
・Network
・Wireless
[Alarm]
・Alarm
・Motion detection ※IEでないとメニューが表示されない
[Advanced]
・User
・FTP
[System]
・Time

また、SDカード32GBを合わせて購入したんで、これを本体に挿入作業を実施。一旦、ネジを外して分解しないといけないのが少し大変でした。

で、設定作業を終えてガレージに設置しました。後ろ側から玄関方向へ全面を監視します。SDカードへは、録画出来る容量まで録画して、容量が無くなったら最初から上書きというふうになっているので、1日分位の映像は保存できるのでは?と思っています。一応、モーション録画も併せて設定したので、自宅内のFTPサーバへもキャプチャ範囲で反応した映像はパソコン側へ保存されるようにしました。

また、最近はFTPサーバー自体家では利用しなかったので、アプリ自体インストールしていなかったけど、今回の為にvsftpをインストール。これに加えて保存場所をNASからCIFSでマウントさせて、そこの領域に保管するように設定したりと、そっちのほうが面倒臭かった。。。

保存される動画データは、.264という形式のデータなのですが、MPC-HCという動画再生ソフトであれば再生可能だったのが助かっています。

記録された静止画像は以下のような感じです。かなり鮮明で綺麗に撮れています。昼間はカラーでしっかりと。夜は白黒ですがしっかりと鮮明に撮影されます。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29790

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください