DSC-RX100故障修理


結構前にぶつけてしまい、フラッシュ辺りのボディが凹んでしまい、さらにその影響かレンズがたまに閉まらなくなったりと、調子が悪くなってしまったので修理に出すことにしました。購入してから1年経っていないので、保証も利くかな?と思ったけど、ボディのほうは保証が利かずだったんですけどね・・・

ソニーのサイトからネットで故障対応依頼を行い、修理依頼書を印刷したものと、本体などを一式を箱に入れて、元払いで指定の住所に配送します。
1/17にコンビニから配送して、1/19にソニーの修理先から修理内容の確認の電話があり、交換部品の内容と費用の説明をされて、そのまま修理してくださいと依頼して、1/24に修理されたDSC-RX100が届きました。

修理代金は17,280円(税込み)でした。

修理内容は、以下の通り。こちらから指摘したパーツ以外でも、修理先である程度確認してくれて修理対象としてくれるようです。交換されたパーツは、お客に返却してくれるようです。まあ、何が交換されたか分かりやすいけど、結局、廃棄するのには変わりはないけど。。。
・外装損傷(外装品) キャビマエASSY(500)
・レンズ不良(撮像素子部) CD-847マウント基盤
・外装損傷(外装品) USB蓋ベース(500)
・外装損傷(外装品) STアルミカバーASSY(500)

返却された箱を開けると、こんな感じに配送時の元の箱とバッテリーが本体から外されて付属品として個別包装されていました。後はもろもろ保証書なんかと修理内容の証明書関係。そして、おまけのクリーニングクロスが添付。

本体の箱を開けると、ピンクの梱包材に包まれて本体が入っていました。本体は、真空パックされて埃などが入らないようになっていました。

全部が交換されたわけではないので、裏面の液晶パネルは元の状態です。それ以外の全面パネルが交換されたので、このあたりは新品同様になりました。ただ、全面の青いZEISSシールは張り替えているようで、剥がした時の捲れ癖がついていたのが残念ポイントでしょうか。

バッテリーとSDカードを装填して、電源を入れて使ってみると、買った時よりも確かに綺麗に写せる気がする。撮影素子が新品になったからか、何かしらの対策品に交換されたからなのか・・・

後は故障時にはポップアップしなかった、フラッシュもちゃんとポップアップするようになることを確認できました。

まあ、修理代金は高かったけど、これと同様のコンデジはこの価格では手に入らないのと、気にいっていて長く使えそうなんで、このタイミングで修理したのは良かったかな。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29520

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください