LED投光器を移動


ガレージ前のLED投光器を今まで入り口前を照らすようにしていたけど、外側を照らしても意味がないことが分かりました。

で、車弄りや洗車時にガレージ内が明るいほうが、自分の使い方にあっていることが分かったので、室内を照らすように移動させることにしました。

まずは取り外しですが、かなり放置していたせいでボルトが固着して、中々外れなかった・・・
固定具からボルトを全て取り外して、ベース部分だけにして、取り付けしやすく作業しやすいようにしました。

ボンネットと運転席を照らすように角度と位置を決めて、まずはベース部分を固定しました。ベース部分はセンターの穴の部分にだけネジ留しました。これにより、位置を前後に動かせるようにしています。ベースにLED投光器をボルトで留めて、向きを調整しています。

後は電源ケーブルの引き回しをやり直して、実際に点けてみました。

車のボディの照らす状況を見ると、明るいせいか良く分からないというのが結論か・・・
まあ、もう少し暗くなったり雨の日や曇りの日であれば、ボンネットの傷の状況を確認できるか分かるか。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29160

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください