ガレージ脇小屋に屋根を付ける


やっぱり、屋根が無いと雨が降った時に作業出来ないので、屋根を付けることに。

屋根の部材は波板が一般的だけど、波板は見栄えが良くないので、色々とネットで探してみると空中ポリカーボネイトを使うと見た目が良さそうかな、と。

ホームセンターで特売品だったので、3枚買ってきました。120cmで切りそろえて3枚ならべれば、丁度屋根を覆うので。1枚1980円也(1820x910x4mm)。片面のみ屋外に向けても良い安価タイプ。

ポリカ中空板を留めるのに、ネジや釘だけだと強風の時に外れてしまうだろうから、傘釘とスポンジを間に挟んで取り付けすることにしました。

ポリカ中空板を実際に屋根に乗せてみると横一枚で取り付けたほうが見栄えが良さそうだったので、少し壁側に足りないけど、端側の見切りが綺麗なほうが見栄えがいいので、当初の想定ではなく横向きに取り付けしました。

熱で膨張するので、あまりピッタリに付けないほうが良いとのことなので、1mm程離して2枚取り付け。隙間はアクリル片面テープを使って、隙間をテープで目張りして完成。

で、シェードを下側から取り廻して、半分程天井が隠れるようにします。ガレージ側にこれで雨が吹き込まないようになるのと、見た目の収まりも良い感じになりました。

物置を南側の空いているほうへ対面に移動。これで、左右どこからの視線も気にならなくなりました。空いているほうが使い勝手が良いのだけど、暫くはこの状態で使ってみて不具合がないか確認しようと思います。これに伴い、小さいほうの物置からも物を整理しなおして、大きい物置に電動工具関係も含めて全て移動。小さいほうは洗車用具関係と自転車工具関係のみを仕舞いました。

余った1枚は、道路側のシェードで隠していたところを塞ぎました。これで風が吹いても室内は、そんなに寒くなくなりました。

室内に新たにテーブルを設えることに。事前に足の部分と天板については、塗装もして乾燥していたので、組み立てしました。上に人が乗るわけではないので、強度的にはそんなに強くないけど、ちょっとした作業や物を置くのに便利なテーブルとして活躍しそうです。

後は地面をどうするか・・・という感じですね。土のままだと雑草やら土埃やらがあって気になるところ。ブロックを敷いた上に、パネコートと防湿シートを挟んでコンパネを敷いたら、脇のガレージと地面のレベルが合って良いかも?と、追加の構想が出てきました。これは今後の課題としておきましょう!

追加の材料費。
・ポリカ中空板 x 3 6,415円
・TERAOKA 気密防水用粘着テープ NO.418 透明 50mmX20M 626円
・ポリ傘釘 131円
・スポンジ50個入り 218円

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29119

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください