SketchUpでCADっぽくガレージ設計を作成


以前はエクセルでガレージ案の設計をしましたが、今回はSketchUpというソフトを利用して、CADっぽく3Dデザインをしてみました。

とりあえず、操作を慣れるということで、勉強がてら設計作業を実施。慣れないので、こんなもんでも3時間近くかかりました。

便利なプラグイン角材ツールのお陰で、比較的簡単に目的の2×4材の角材を必要な長さ分作成出来たのが大きかった。

以前、単管パイプで作ろうと思っていたけど、やっぱり木材で組み立てたほうが見栄えがいいんで、1×6、2×4、4×4などとシンプソン金具を使って10万円くらいで建てられればと考えます。

一応、こんな感じのデザインでと考えました。今の所は屋根や壁はつけずに強度を見つつ、時間をかけて楽しみながら出来ればと思っています。

SketchUpで作ると、3Dでグリグリと動かすことが出来て、色んな方向から見れるのがいいですね。本格的なCADではないんで、あれですが素人が雰囲気を確認するのと、部材の数などを確認するのにとても良いソフトだと思いました。

まだ、均等に割り付けしたり出来ない為、部材毎の測定をするとてんでバラバラなのはご愛敬って感じです。取り付け箇所を数値で入力して均等に割り付けたいけど、どうしたらいいかは、まだ不勉強で分かりません・・・(;_;

サイズが入れられないか・・・と、色々と触っていると「寸法」という機能を、見つけた。2点間を測ってくれて長さを表記してくれました。これは便利ですね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=27986

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください