小型物置組み立て設置


流石に今までのハーフサイズの物置では、物を仕舞う上で足りなくなってきてしまったので、新しく安い小型物置をネットで購入することにしました。

購入したのは、
・スチール製小型物置 幅89cm×奥47cm×高さ162cm 家庭用収納庫(HS-162) 12,800円也
です。

ちょっとした高さの物が仕舞えるように、新しく購入したほうは、少しだけ大き目の物を買いました。価格が価格なんで、強度的には微妙な感じだけど、雨に濡らしたくはないちょっとした物を仕舞えるようにすることと、電動工具や自転車用パーツや工具をまとめて仕舞えると、とても便利ですね。

今までは重ね仕舞いしていたんで、気軽に出そう!という気になれなかったけど、電動工具が出し入れしやすくなって、DIY時気軽に工具が使えますね。

まずは、物置を置く場所である、ガレージ脇のスペースを先日と同様に雑草取りを行いました。名前の分からない雑草ですが、引っこ抜くと生意気に種をばら撒くように飛ばしてきます。なので、根絶したいのに何時まで経っても無くなりませんね・・・

仕方がないんで、とりあえず引っこ抜き終わったら、タンパーで踏み固めました。ここまで作業するのにも、結構な体力と時間がかかりました。

箱から開梱して、全てのパーツを取り出します。自分で組み立てしないといけないんだけど、組み立てマニュアル見た感じでは、そんなに難しく無さそうです。問題は、一人でやるので支えないと組み立て出来ないと困ってしまうかな~と。
箱から取り出したパーツは、そこそこの数がありました。

マニュアルに従って組み立てていきます。早速、ベース部分に左右のパネルを取り付けする際に支えが必要になりました。仕方がないんで、車の脇で壁をうまく利用しつつ車側へ倒れ込まないように気を付けて作業を続けます。

左右のパネルと背面パネルまで組み立てが完了すると、とりあえず箱としての強度が確保できたんで、一旦、組み立てから離れて設置場所の整備を行います。

先日買っておいたピンコロ石を6個。下地用としてタンパーで踏み固めたところに置いて水平を確認します。

設置場所が整備されたら、ひとまず、ここに物置を移動させました。

後は棚板とスライドドアを取り付けするだけで完成です。元々の物置から電動工具関係や自転車関係のものを移動させて棚を整理。

ようやく新しい物置が仕上がりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=27775

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください