普段使い用のロードバイクを購入


今使っているクロスバイク GIANT R3が、かなりボロくなってきたこともあり、買い替えを決意。

買うならば以前色々と教えてくれた、ひたちの牛久にあるエナジーで買おうと決めていました。

早速、午後から出かけていきました。
20161114001

お店の人にはまずは今購入検討しているGIOSのAMPIO TIAGRAがいいんだけど・・・から始まり、その中で他にお勧めがあれば10万円前後で教えてねと。

エナジーではやっぱりSCOTT製の「SPEEDSTER 50.1」を薦められました。入門用のロードバイクなんで10.5万円と比較的にリーズナブルな価格のものです。
カラーは2017年モデルが黒に黄色の文字って感じでデザインが好みではなかったので、2016年モデルの白に黒文字のほうとしました。

なので、店内で最終的に決定したのはこれでした。
20161114003

しかし・・・

家に帰ってからSCOTTのサイトを見ると、デザイン的に好みなのが13.5万円クラスの「SPEEDSTER 21 JAPAN LIMITED」がやっぱりいいなぁと(^^;;

やっぱり、渋めの色味にあまり目立たないSCOTTの文字。そしてコンポーネントがTIAGRAということで、後々、弄る必要も無くて後悔しないだろうと。お店へ電話で連絡し、注文の取り消しとこちらが欲しい旨を伝えました。
20161114002
—–
F01エアロテクノロジーを元に、再設計したエアロフレーム採用した次世代アルミロードバイクです。

■ F01 AERO TECHNOLOGY
(F01 エアロテクノロジー)
NACA(アメリカ航空諮問委員会、現NASA)のテクノロジーを利用し、低スピードでも空気抵抗を抑えています。UCI 規格に適応しつつ空気抵抗を最小限に抑える為にチューブ後方を取り除きました。その結果、エアロ効果を高めたまま、一般的なフルエアロチューブより剛性化、軽量化に成功しました。

¥135,000(本体価格)+消費税
Speedster Aero / D.Butted 6061 AlloyShimano Tiagra 20 Speed DrivetrainSyncros Carbon/Alloy Components9.42 kg
—-

既に商品を抑えるために発注処理をしてしまったようですが、今週中には結果が判明しそうです。最悪、送料分の1000円程を出せば交換可能とのことでした。

12/3に一旦コンサルを受けて自転車を調整され、翌週に引き渡しとなるスケジュールです。

しかし、ビアンキのロードバイクはどうしようかなあ。デザインは気にいってはいるが、物としての出来はSCOTTのほうが良いみたいだし。でも、ビアンキのほうが価格は高かったので大事に遠乗り用として活躍してもらうか。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=26404

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください