三崎港でマグロ尽くし


かみさんを態々迎えだけ行くのは勿体ないので、私の今日の本命は三崎港でまぐろを食すのが目的でした。

前回、かなり前になりますが、あまり考えもせずに適当なお店に入ってしまい後悔したので、今回は少しだけ散策してどのお店が良さそうか?と物色しました。

どのお店も確かにマグロを売りにしているのは分かりますが、価格に多少の差があれど、ここでしか食べれないという感じのメニューではなく、どうしようか・・・とウロウロと。裏道の脇道へそれてみて、それでも無ければ適当に気になったところに入ろうか?ということになりました。

そんな中、少し他とメニューが違ったところを見つけ、そこに入ることにしました。

入ったお店は「魚音」。
20161106013

気になったメニューは、まぐろの色々な部位(頬肉ユッケ、ねぎとろ、炙り、赤身漬け、胃袋、心臓、卵)が楽しめる丼もの。まぐろ三昧丼 2,200円也。かみさんは、頬肉ユッケ丼 1,300円也。なかなかのボリュームと食べごたえでした。

20161106012 20161106011

頬肉ユッケは、こりこりとした歯触りながら、舌にあたることこも無くサクッとかみ切れる。しかも、まぐろが甘く感じる。

ねぎとろは、ねっとりとした歯触りと舌に乗ったとたんに蕩ける味わい。

あぶりは、メバチマグロのあっさりとした味わいが、炙ったことでいい感じの歯ごたえとうっすらと表面にじみ出たあぶらが最高です。

赤身漬けは、ごろっとしたまぐろの身が、程よく漬けられていて、歯ごたえとまぐろの味わいが醤油の味と合わさって舌を楽しませてくれました。

胃袋は、紐のようになっていて、初めてためましたが、こりこりとした歯ごたえと独特の風味がいいですね。最初、生臭いかな?と思っていましたが、そんなこともなく、食欲をそそる香りです。

心臓は真っ黒なトリュフみたいな見た目。齧ってみると結構な弾力の元、嚙み切れます。こちらも独特の風味がありますが、味わいは甘く感じます。

卵はプチプチしていて、箸休めに丁度良い感じでした。煮込み自体も薄味だけど、もともとの卵の味が濃い為、少しづつ齧ってご飯と一緒にかきこむと最高でした。

ガリと奈良漬が食間と食後の舌のリフレッシュに丁度いい感じでした。

この丼ぶりはここでしか食べれないだろうから、来て良かったと思った次第です。しかも、とても美味しくボリュームもあって、お腹いっぱいとなりました。

帰りの高速が眠くなりそうで怖いです・・・

17:50頃、三崎港を出発し家路につきました。高速入ってすぐに事故渋滞に嵌る。。。衣笠ICから横須賀を抜けるまで渋滞でした。
20161106014

事故渋滞を抜けた後は、そこそこの車が居るため、そこそこの速度で流れておりました。とはいえ、まあそんな飛ばすわけでもなく順調に都内を抜けて箱崎経由で帰ってきて自宅には19:54には到着しました。

三崎港を出発してから約2時間で帰りつけました。行きはお昼ご飯をとったり休憩したりしたんで3時間程かかっています。往復で279.6kmの移動距離となりました。

20161106015
自宅から
20161106016
自宅まで

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=26335

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください