イロハモミジとシマトネリコの剪定


我が家のイロハモミジも形が発散しだしてきたこともあるのと、高さが出てきたこともあって、このたび、バッサリと剪定してしまうことにしました。
また、シマトネリコも春に植木屋さんに剪定してもらってましたが、かなり枝が暴れて高さも出てきましたので、こちらも春の状態へ戻すことに。

なぜか?!我が家の紅葉に毛虫がついて、沢山ついていた葉がやられてしまって寂しい見た目になっています。
20161030001

枝を2股になるように、あっちこっちへ飛び出している枝を剪定して短くしました。そしたら、こんな感じになりました。
シマトネリコは、プロがやるように綺麗に葉を残しつつ枝を落とすことは出来ませんでしたが、まあ、枝ぶり自体は春の状態まで戻せた感じにはなりました。やり方としては、一気に枝を落とし過ぎた感じですね。もう少し慎重に枝を切っていけば、もう少し葉を残しつつ綺麗に出来たかもしれない。
そして、イロハモミジのほうも切り過ぎた感がありますが、成長著しいので来年にはまた枝ぶりは復活することでしょう!今後、どのように枝を伸ばしていくか・・・なかなか難しい限りではありますけど。。。

20161030002 20161103010

でも、バッサリと切ったので、玄関前は明るく感じるようになりました。少し寂しい感じにはなってしまいましたが・・・

後は金木犀を来月、プロに剪定してもらうので、全体的にモッサリした感じの見た目がかなりスッキリとすることでしょう!

剪定作業自体、とてもスッキリするしいいんだけど、その後処理の切った枝を片づけるのが大変なんですよね。今回も、紐でくくって取り纏めるのに非常に時間(1時間くらい)がかかりました。まあ、丁度燃える日が2日後だったんで、玄関前に転がしておけば、当日、かみさんがゴミ捨て場に持っていってくれたからいいんだけど。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=26264

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください