ミノウラDS-80


ロードバイクを保管する上でスタンドは必須だと思ってた。色々と調べてみると、そんなに選択出来る程、商品があるわけではないようだ。

そんな中、価格だけであれば1000円程度のものもあるのは分かったけど、どうせならばしっかりとした感じで、何かと小技が効くような商品を買っておいたほうが長く使っていく上で良いだろうと判断し、ちょっとお高いけど、以下の商品を購入しました。

・ミノウラ DS-80 ワークスタンド 後輪ハブ軸取り付けタイプ 3,235円也

20160515007 2016051534

・後輪ハブ軸を左右から挟み込んで後輪を持ち上げ自立させるタイプのスタンドで、フレームの頭頂部を曲げてあるためリアディレーラへのアクセスが容易になっています。またこの形状によりディレーラがどの位置であれスタンドフレームと干渉してしまうことはありません。
・本体は鉄パイプでできており、その弾力性を利用してがっちりと後輪ハブ軸を挟み込みます。
・脚は折りたたみ式で、不要時には薄くたたんで収納しておくことができます。
クイックレバー側(左側)のカップリングは自由に回転させることができ、クイックレリーズのレバーがどこにあっても簡単に切り欠き部分に収めてしっかりと保持できるようになっています。
・サイズ:<展開時> H 395 × W 290 × D 320 mm <収納時> L 480 × W 290 × H 75 mm 材質:鉄 重量:0.8kg

実際、使ってみたところ、スタンドに挟み込むのに結構な力とコツがいることがわかりました。中々、毎回の事だけど外すのと取り付けに手間取ってしまいます。

左右が決まっているので、間違って取り付けすることは無いけど、ほんと、カッタイです。クイックレバーの箇所にキッカケがあって、そこにはめ込むようにします。なので、最初に長いほうにはめ込んで、その後、レリーズ側を嵌め込みます。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=25190

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください