霞ケ浦を下半分だけ一周サイクリング


どこか走って楽しそうなところは無いかと思い、ネットで調べてみると霞ケ浦一周は結構面白いらしいということが分かり、それならばちょっと軽い気持ちでチャレンジしてみよう!ということにしました。

ネットでは霞ケ浦を一周すると、約100kmくらいらしいので、じゃあ、まるまる一周は厳しいから大きいほうを一周ならば走破出来るかな?と簡単に考えたのが間違いでした・・・

そもそも、体を鍛えている訳でもなく、まだサイクリング初心者である自分には、少しハードルが高い今回のサイクリングとなりました。片道距離で折り返しの突端で引き返しておけば良かったと、その後の何キロか走った後に何度思ったことか・・・
20160625014

で、今回走った各種結果は以下の通り。
距離: 87.59km
走行時間: 04:22:01
平均速度: 20.06km/h (最高速度:38.89km/h)
消費カロリー: 1723kcal

実際、こんなに時間がかかるとは思ってもいなかったのと、車で帰る為の体力を残しておく必要があったことが、今後のサイクリング時に考えないといけないことだな、などと多分当たり前のことなのでしょうけど、よ~く考えさせられる今日でした。また、走り出す時間もですね。ギリギリ真っ暗になる前に車の駐車場に辿りつけたから良かったけど、ライトなども帯同しなかったんで、ほんと危なかった。後は、このサイクリングコースですが、自転車専用道路かと思っていたけど、車も走るので結構気を使います。釣り人がそこかしこに車をこのコース上に駐車しているんで、後ろからの車の気配は常に気にしながらの方が安全ですね。

スタート地点は、道の駅たまつくり。そんなに混雑していないし、自動販売機などもあるんで、何かと便利だろうということで。

20160625001 20160625002

車から自転車を降ろして、空気を入れたりして万全の状態にしてから走りだします。

14:35 道の駅たまつくりをスタート。とりあえず、霞ケ浦を時計周りで一周する方向で走りだします。

14:58着。走っても走っても霞ケ浦が見えるのと、周りの景色は船や田んぼ、茨城名物レンコン畑なんかがあるだけで、あまり変わり映えしない景色がひたすら続きます。とりあえず、休憩する場所が無いかと思いながらも、10km程は休憩無しで移動し、ここで初めて記録撮影。
20160625003

15:09着。少しだけ景色が分かったと感じたんで、記念撮影のため停車。でも、後から見るとあまり変わり映えはしていないですね。これらの最初の余裕が後々にきていたんで、ちょっと後悔した。
20160625004

15:23着。南側の突端に到着。ここまでで23kmくらいだったから、この時、ここで引き返しておけば・・・って、後ですごく後悔した。ここまでの間、サイクリングコース?上には、なんでか、犬の糞がこれでもか!というくらい散乱していたりして、あまり戻りたくないなあ~と思ったのも、ひとつの原因だったりしています。それでも、引き返しておけば良かったな。
20160625005

15:32。折り返し地点の橋を渡って、反対側の岸沿いへいきます。ここの道路はなかなか車が途切れなかったんで、渡るタイミングが難しい。もう少し先から道路沿いを走ったほうが良かったかも。
この先、途中までは良かったんだけど、途中から舗装が無くなり砂利道になったりして、とても走りづらかった。
20160625006

15:50鳥類視察小屋へ到着。途中、道に迷ったりして迷走しましたが、ナビがあったんで、どうにかサイクリングコースへ復帰しました。ここまで来る途中にコンビニがあったんで、一旦、そこで飲み物を買って、ここで休憩を入れれば良かった。ここから先、休憩できるような場所は殆ど無く、延々と走りこみ。
20160625007

16:00浮島公園に到着。写真に写っている霞ケ浦の位置を見ると、まだまだ先が長いことが分かります。この辺りで後悔しても、もう、先に進むしかない状況に陥っていました。
ようやく半分制覇!って感じの場所です。たまつくりからだと。右岸と記載がありますが、左岸よりも路面は走りやすいのですが、風向きが向かい風になるため、体力的にもこの辺りからきつくなってきています。膝がガクガクと仕出してきて、漕ぐ力が入らなくなってきています。
20160625008

16:54に霞ケ浦大山スロープというボートの発着場に到着。この辺りは、いきなりサイクリングコースが寸断されていたりして、コース復帰をかなり悩みました。
ここで初めてまともに休憩。ジュースを飲んで水分補給しました。しかし、座る場所が無く、立ちながらですけど・・・
このちょっと先にボートハウスみたいなものがある脇にテーブルと椅子が据え付けてあるんだけど、3500円とかしつこく記載があったりして、休憩できるような場所が無いようです。
20160625009

休憩後、国道120号線を経由して15号線沿いをひたすら土浦駅に向かい走ります。歩道は道が悪すぎて、まともに走れないので車道側を白線にのらないように、ひたすら走ります。(^^;;
白線が、凸凹していて白線上を走ることも出来ないので、注意が必要ですね。

足がガクガクして速度も出なくなってきたんで、道路脇にあったバス亭で休憩することに。この時点で17:40です。ヤバいです。相当気は焦っているんですが、足が言うことを利かない為、少しでも休憩して足と膝を休めます。
20160625010

土浦駅に近づくと、車も多くなり、普段車で見るロードバイカーの状況になり、危機的状況に見舞われます。大人げない人が、車を幅寄せしてきたりと、非常に身の危険を感じますね。

土浦駅前あたりは、どちらにしても歩道側を走る必要性が出てくるんで、そうなると殆ど速度が出ないのと信号待ちなんかで時間ばかりが過ぎ去っていきます。

18:08土浦駅前到着。この時間には家について夕飯の支度をする予定だった時間です。。。
また、ここからがたまつくりの道の駅までが長い!
車だとそんなに遠く感じませんでしたが、実際に自分の足で漕いで行くとなると、結構、アップダウンがあって、走っても走っても行きつきません。
20160625011

もうね。足も痛いし、ガクガク。モチベーションもダダ下がり。このままでは帰り着く前に、気が折れてしまいそうだったんで、スマホの音楽機能で音楽を田舎道で誰もいないことを良いことに、音楽を聴きながら走り切りました。

もうね、サイクリングコースがどうのよりも後半土浦駅からは、最短コースをどう走りきるか・・・ってことだけを考えて、ペダルを漕いでいました。多分、サイクリングコースを走れば、100kmはあったと思う。直線をつっきって走ったんで、今回の距離になったと思うんで、その選択は正解だった。

霞ヶ浦大橋が見えてきて、その先の道の駅にある霞ケ浦ふれあいランドの塔が見えた時の嬉しさはなんともいいようがありませんでした。無人島に奇跡の救援船が現れたのと同じ心境かも?!
この時点で19:11です。もう、あたりは真っ暗。
20160625012

車のところには、19:16着。
体力的にはフラフラで足もガクガクでしたが、たどり着いた歓びで気持ちは満たされます。
休憩もろくに取れなかったんで、自動販売機でジュースを購入し、椅子に横たわりしばし体力が戻るのを待ちます。
20160625013

その後、ロードバイクを車に片づけて、かみさんに遅くなる旨、メッセージを送信し、今日の夕飯は作れないなあ~と思いつつ、帰りにピザでも買って帰ろう!ということにしました。

行きは一般道でここまで来ましたが、流石に一般道をこれから1時間使って帰るのは厳しかったんで、土浦北ICから高速でばびゅーん!と家路につきました。地元のドミノピザには19:50には到着。30分程出来上がるまで待ち、家に20:25に帰りつきました。

自分には、霞ケ浦のコースは、上半分のコースが身の丈にあっているようだと思ったんで、次回は、上側半分を一周してみようかと思います。そちらであれば1時間コースぐらいだろう。

これでこれまでの総走行距離は、一気に183km。走行時間は9hとなりました。
肝心のダイエットである体重は、こんなに頑張ったのに400gしか減っていない。それも、今日食べたピザで帳消しかな。。。。残念!

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=24907

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください