118iの納車時ナビバージョンについて


以前、ConnectedDriveのサイトから地図データがどの時期のものかを把握しておこうと、早速、車に入ってナビを操作してバージョン情報を確認しました。

ConnectedDriveには、以下のような説明がありました。

*ご確認下さい: この車両ではデジタル地図の現在のバージョンを自動的に検出することはできません。 BMWのナビゲーションのオプションメニューからインストールされている地図バージョンをご確認下さい。

当初、古い地図データかな~と思っていましたが、意外や意外!なんと、2016.1の地図データでした。
20160304001

・Japan BMW Group 02.09.0400 Road Map JAPAN EVO 2016-1

と表示されています。実際、ここ最近出来た道路なんかを確認したわけではないので、表示上の問題であって、実際は圏央道なんかの道路は反映されていないかもしれませんが・・・

でも、ConnectedDriveのサイトでダウンロードできる地図データのバージョンは、
・利用可能なバージョン: Road Map JAPAN EVO 2015-2*
と表示されており、今回確認したものよりも1年近く古いように見受けられます。

車の納車時期によって、実際にダウンロードできる版の物とインストールされている地図バージョンとで差異があるのか?!普通に考えるとそういう差別はマイナス要素だと思うので、ありえ無さそうですけど。

最新版っぽいけど、一応、忘れないうちにBMW Update Managerはパソコンにインストールだけしました。
20160304002

デジタル道路地図をUSBスティックに保存する方法は、ConnectedDriveのサイトから地図データをダウンロードするようです。

ダウンロードの前提条件として、”Update Manager”プログラムがこのコンピューターにインストールされている必要があります。

USBスティックまたはUSBポート付きの適切な記憶媒体に十分なメモリ容量が備わっていることをご確認下さい。

デジタル道路地図のフルバージョンのファイルサイズは約20GBです。高速のデータ接続でもダウンロードには数時間かかる場合があります。

次のステップでBMW Update Managerからファイルを開いて下さい。ダウンロード完了後、まずファイルをローカルに保存し、その後記憶媒体に保存してから解凍して下さい。 続いてファイルをそこからBMWのナビゲーションシステムにインポートすることができます。

と、USBメモリも結構な容量の物を用意しておかないといけないのが難点ですね。とりあえずは32GBの物を用意すれば事は足りそうではありますけど。

デジタル地図データのダウンロードをすると、ファイル名dlmconfig.bmwmというのがダウンロードされます。これをダブルクリックしても、何も起こらないんだけど・・・どういうこと?!

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=23849

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください