ボンネットのタッチアップした所が、所々気になったんで、薄め液で出っ張った箇所を塗装を落としました。やっぱり、付属の筆で塗料をのっけるとどうしても目立つから、爪楊枝で少しづつ傷を埋めないと駄目なんだ・・・と。

で、一旦、塗料を取り除いた。やっぱりそのほうがボンネットが綺麗に見える。

ダイナマイトカットコンパウンドだけだと、肌調整のみで塗装面が曇ってしまうんで、9500番台のコンパウンドで、磨き直しすると、やっぱり違う。
20160102005

コンパウンドを使って、洗い流してたらホイールに付着しちゃたんで、ホイールを綺麗に洗い流した。やっぱり、足回りが綺麗になると全体が引き締まるね。
20160102006

へんにコーティングとかするよりかは、ポリシングだけで終わらせたほうが、塗装が綺麗に見えるのは、なぜだろう?
とはいえ、保護するにはコーティングしたほうがいいんだろうな。。。

ボンネットのタッチアップ箇所を綺麗にポリシング

み~


普通以下のサラリーマンですが、ガレージが欲しくて、住宅ローンが残っているマンションから注文住宅購入に踏み切りました。インナーガレージだと、真夏日・真冬日ともに車へのダメージが少なく、人にも車にも快適です。 暫く子供にお金がかかるため、お金をかけずに車生活を楽しみたいため、ダウンサイジングターボだけど、エコ&ファンtoドライブで楽しめるBMW 118i M Sportsに乗り換えました。 ■車歴 フォードプローブ2200GT(初代)、トヨタ セリカ2.0 SS-Ⅱ、トヨタ イプサム(初代)、スバル レガシィB4 RSK(BE)、スバル レガシィB4 2.0GT spec.B(BL)、VW Golf V Variant 2.0TSI Sportline、BMW 325i Touring M Sports、BMW 118i M Sports


投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください