ポリシング作業とコーティング施工


天気が良くなった今日、最近、ご無沙汰だったボディケアをすることにしました。風も無くポリッシャー日和で、かつ、コーティング日和。

午後一から作業を開始しました。

まずは、水洗いで洗車を実施。先日の雨もあり、結構汚れが酷かった・・・
20151103001

早速、シングルアクションポリッシャーを使って、ポリシングをしました。まずはコンパウンドを利用せずに、中目のスポンジで水磨きを実施。
20151103002

次にスポンジはそのままの中目と3Mダイナマイトカットのコンパウンドを使って、大雑把にポリシングしました。細かい傷をこれで消しこみしました。コンパウンドは、ボディ側に刷り込んでおくほうが、ポリシングしたときに飛び散りにくい。ポリッシャーの回転数は2~3で低回転で作業をしています。そのほうが回転による、ボディへの熱が発生しにくいんで素人には丁度良い速さみたいです。

その後、細目に9500番台のコンパウンドで仕上げの磨き上げ。かなり傷が綺麗に無くなったと思う。

20151103003 20151103004

一通り磨きこんだ後、水を流してボディの状態を確認しました。水の流れ方を確認すると、さら~っと流れるボディを見て、一人満喫。やっぱり、普通にコーティングだけをするのとは状態が違う。ここは、チェアーでぶつけて凹ませた箇所。少しだけ傷が残っていたけど、今回のポリシングで小さな凹み時に出来た瑕も見えなくなりました。

20151103005 20151103013

シングルポリッシャーで作業すると、オーロラマークが付いてしまうのは仕方がないこと。これが素人施工の限界かな。でも、このオーロラマークは、ダブルアクションポリッシャーと9500番台の仕上げ用コンパウンドを利用することで、消しこみました。オーロラマークの消しこみは、水を流してはボディの状態を複数の角度で確認しつつ、何回かコンパウンドで磨く作業を繰り返しています。

オーロラマークを消しこんだ後、スポンジを変更してコーティング剤でコーティングを実施しました。
20151103006

コーティングをした後、水をかけてみてボディの状態を確認し、さらにツルツルになったことを確認。ボディ全体の1/4だけしか施工出来なかったけど、2時間かかった。そして、水をかなりかける必要があるんで、水道代がかかりそうなのが難点か・・・

20151103007 20151103008

今回の作業で中目のスポンジが分離してしまい、壊れてしまった。中目は一番利用するんで、また、monotaroで購入しないと。

20151103012 20151103011

洗車とコーティングを実施した後、車内清掃とラゲージも掃除機で掃除して空気の入れ替えを実施。ドアを全開にして我が家では、右写真のように325iだとギリギリだ。左右のドアの全開とリアハッチを開けて、残った水も綺麗に拭き取りを行い作業終了。

20151103009 20151103010

全ての作業を終えるのに、2時間ちょっとかかった。これでボディ全体作業したら1日仕事だな~
流石に休みの日を全て使い果たすだけの根性は無かった。

一通りのポリシングからコーティングまで実施した動画は以下の通り。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=22751

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください