パッドセンサーケーブル交換


旅行中、ず~っとパッド警告灯が点灯していてウザかったけど、ようやく落着いて家で確認作業が出来ました。

BMW E91は、左前輪と右後輪の2箇所だったかな?にパッド消耗のセンサーケーブルが施設されています。

どちらがハズレかは運試しでしたが、まずは左前輪から確認することにしました。こうジャッキアップも頻度が多いと、インパクトレンチが欲しくなるなあ。
20150405001

ホイールを外すとすぐに目につきました・・・
センサーケーブルが、パッドから外れてプラプラとしているではありませんか!これでは警告灯が消えるわけがないですね。パッド側のほうは、ぽっかりと穴が開いています。ここにセンサーの突端が嵌っている必要があります。

良く見ると先端の取り付け部分にあるはずの留め金具が無くなっていました。もともと、購入時にパッドを直ぐに交換したのですが、このときから金具はバカになっていたんで、消耗品扱いだからこうなってしまうのも仕方がないですね。たまたま、交換時期が来たということでしょう。

20150405002 20150405003

ネットで購入するのとDラーで購入するのと価格も変わらないので、こういうパーツはDラーにて調達が一番。早速、Dラーに行き買ってきました。
以前は購入時に、こういう様式カバーは無かったのに、DIY派への当て付けか?!

20150405004 20150405005

Dラーでの購入は以下の通り。購入時に関心したのは、もともとBMWではお客様管理をキーで管理しているようで、誰がどの車種に乗っているかは、コンピュータに設置した機械にキーを挿すとすぐにわかるになっているんですね。いちいち、確認のために車種や年式を言わなくてもいいのがありがたいです。毎回、車検証を取り出して見せるのは煩わしいですからね。

・ブレーキパッドセンサー 4,492円也
20150405006

とりあえず、新品時の状態を記録しておきます。金具の取り付けも、かなりしっかりとなっており改良されているっぽいです。

20150405007 20150405008

まずは、センサーケーブルと取り回しを外します。ブレーキフルードキャップとの共有箇所だけ、わかりづらいがそれ以外の場所は嵌っているだけなんで、引っこ抜くだけ。電装関係は、このBOX内にコネクターが格納されており、下の2箇所のツメを押して外すと、上に跳ね上がるようになっています。
20150405009

中には白いコネクターが隠れているので、こちらも引っこ抜き、ツメを押しながら引き抜くと外れます。折角なんで、結構汚れているんで綺麗に掃除しておきます。

20150405010 20150405011

取り外したケーブルを確認します。削れるセンサー部分は、まだまだ問題ないけど、金具がないと取り付け出来ないで交換するしかないんです。Dラーにもこの金具だけ調達可能か聞いたけど無いそうです。。。
20150405012

新しいセンサーケーブルを元通り取り付けします。最後に、パッドのほうに先端をグイっと押し付けて填め込み作業終了。
念のため、ホイールをつける前にエンジンをかけて、警告灯が消えていることを確認します。
20150405013

作業時間30分以内くらいなんで、こういう簡単な作業はDラー任せでなくてもDIYで実施できますね。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください