淡路島~湯布院へ


2日目はほぼ移動のみで観光無し。フェリーの時間が12時頃ということもあって、なかなか時間的には厳しい行動となります。宿泊先へのチェックインを遅くすれば良いのでしょうけど、流石にノンビリと寛ぎたいので、お昼発のフェリーは死守ですね。

朝は6時には目がさめて、身支度を開始。かみさんは、付近をわんこと散策。その間に、室内の掃除機かけを行い、忘れ物が無いように片付けを行います。先日と打って変わって良い天気。
20150330001

9:30から食事を用意してくれるって言われたので、コテージを出発。しかし、うまく伝達できていなかったようで、10時開店とのこと。
その間、わんこを隣接されているドッグランにて家族と一緒に戯れました。
朝食は宿泊代とは別に580円也/人。コーヒー付きなんで、とてもリーズナブル。食後、支払いを行いフェリー乗り場へ急ぎます。

20150330003 20150330002
20150330004 20150330005
20150330006

神戸から四国へ渡るために通った淡路大橋の淡路島から四国間も同様に大きな橋がかかっています。やっぱり、夜のほうが雰囲気がいいですね
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鳴門JCTを経由して高松自動車道の板野ICを一度出て、徳島自動車道の藍住ICから乗りなおし。そこからは徳島道を大洲北只ICまで移動です。四国の高速道路は半分近くが1車線道路のため、遅い車にあたると70km/hくらいでの移動になってしまいます。比較的に車は少ないんで、追い越し車線が増える箇所になると、一気に皆さん抜かしていきます。四国の方はめっちゃ飛ばす人と、大人しく走る人の落差が激しいと思いました。途中、覆面パトカーやらが居たりして、ガクッと平均速度が落ちる場面があったりもしましたが、オービスなどは思ったよりは少なくて走りやすかった。

ある程度、フェリーの時間までが見えてきたこともあり、13:44頃に伊予灘SAで一旦わんこ休憩を実施。休憩中、遅かった車たちが抜いていっているのを、よそ目に見ながら10分程散歩させた後、八幡浜へ向かいます。
20150330008

大洲北只ICを出て、八幡浜まで車が数珠並びで混雑が始まります。信号も多いし、思った以上に八幡浜市内には車が多く、なかなかフェリー乗り場へ到着出来ませんでした。フェリー乗り場へは、14:20頃に到着。すると車の案内の人が後5分で出発するよ!ということで、まだ間に合うみたいだったこともあり、その便にて出発することに。車検証を持って急いで窓口で乗船券を往復で購入。こちらの支払いも現金払いのみ。往復3万円近く現金で処理。

この便で臼杵には16:55着なんで、時間的には丁度良い感じです。会社が2社あるようで、今回はオレンジフェリーを利用しましたが、違うほうも乗ってみたかったかも。14:30には車に乗り込み、フェリーへ乗船しました。

乗船中は、私は2等客室のラウンジで目を瞑って休憩。かみさんはデッキでわんこと一緒に海を見て過ごしていました。娘はず~っとiPhoneいじってたな。

20150330009 20150330010
20150330011 20150330012

無事に予定時間通りに臼杵港に到着。ナビの案内通りに湯布院へ向かいます。湯布院ICを出て直ぐの場所に、道の駅湯布院があったので、こちらでトイレ休憩のみとり、一般道でコテージへ向かいます。道の駅は、平日だからか、お店も何も無くて、ちょっとガッカリな感じでした。
20150330013

夕食が食べれそうなお店を走りながら、道路脇をチェックしつつ移動します。

ナビが到着しました!とアナウンスするも、それらしいコテージが見当たらずに右往左往。四季庵という豪華な旅館の駐車場に一旦車を停めて、受付で聞いてみるも分からないとのこと。夕食が取れそうだったんで、予約無しで食べたいんだけどと伝えると、予約客でいっぱいなんで、難しいとやんわりと断られてしまいました。

仕方がないんんで、コテージの人に電話をかけて向かいにきてもらうことに。すると、本当に四季庵の入り口を突っ切った先に、コテージがあり、入り口のところに停めて電話していました。特に入り口にコテージ名とかも無いので、ひとんちの別荘か何かだと思っていたのが、今回宿泊する目的のコテージでした。

500坪の庭に車を乗り入れて、コテージの前で駐車。管理人さんから、中の設備の説明を一通り聞いて、まだ、夕食とっていないんで美味しいお店かなんか無いですか?と。すると、コテージ周りにはそういうのは無いので、湯布院駅前に行くと良いと聞き、ひと段落後、車で湯布院駅前まで行きました。

ゆふいん駅前の有料駐車場に車を入れて、美味しそうなお店を散策することに。流石に駅前でも、このあたりは駐車料金が安いです。平日だと1時間50円です。
20150330014

折角なんで、ゆふいん駅前に車と一緒に記念撮影を実施。ライトを消してから写真撮れば良かった。何気に後ろに赤い電車が映っています。もう19:30くらいだと、人も疎らで閑散としていました。というか、人は居ないですね。
タクシーも疎らに人待ちしていましたが、食事後はタクシーも居なくなっていました。車じゃなければビールでも楽しめましたが、残念ながらお酒は楽しめなかった。
20150330015

駅から程なくして、目に付くメニューを発見。豊後牛のひつまぶしが肉まみれの土鍋が目に付きます。入ったのは「由布まずし心(しん)」というお店。2階に上がって行くと、かなり混雑して賑わっています。予約していないんで入れるか心配でしたが、5分程待つことで中に入れました。
20150330019

注文したのは、入り口で目に付いた
・豊後牛まぶし 2,222円也
・地鶏たたき 1,380円也

前菜がどれここれも美味しくて、これだけでもご飯食べれちゃいます。特にごぼうなんか、今まで食べたことが無かったです。
メインのまぶしも丁度良いさし加減の脂ののりで、肉本来の旨みが味わえて最高。しかも、米も土鍋に出来たおこげも最高でした。お茶漬けにしたりして、3通りくらいの食べた方も出きるのがいいですね。
たたきも、どの部位も柔らかくて香りがよく、味わいも最高。ビールが欲しくなります。しかし、残念ながらノンアルコールビールで我慢でした。
また、湯布院に行ったら寄って食べたいですね。

20150330016
前菜
20150330017
豊後牛まぶし土鍋
20150330018
地鶏たたき

お腹もいっぱいになり、食べ終えた頃には、既に店内もお客が我が家を入れて数組しか居なくなっていました。今回のこのお店は大満足の大正解でしたね。

駐車場に直ぐに戻らず、お土産売り場かなんかあればと思って、商店街通りを歩くも20:30頃はシャッター通りとかしており、どこも閉まってしまいました。残念。

車に戻り、コテージへ帰りました。行きと帰りですが途中で、自然の鹿が道路脇で群がっているのを見ました。この辺りはまだまだ自然がいっぱいなんですね~。道路に鹿が出てきそうだったんで、注意しながら真っ暗な道を走りました。

20150330020 20150404009

翌日は、本来の目的であるお墓参りと親戚のお宅へご挨拶となります。

要約すると以下の通り。
06:00 起床
09:30 Cafe ラウーベへ
09:35 ドッグラン
10:00 朝食
10:40 チェックアウト
10:49 出発
11:25 四国へ入る(淡路大橋通過)
13:43 伊予灘SA
14:12 八幡浜市内へ入る
14:20 八幡浜港到着
14:30 フェリーへ搭乗
16:55 九州臼杵港へ到着
17:56 道の駅湯布院で休憩
18:45 コテージ到着 
19:33 ゆふいん駅前到着 
19:43 夕食(由布まずし心)
20:45 ゆふいん駅商店街通り散策
20:50 ゆふいん駅出発
21:00 コテージ戻る
22:50 就寝

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください