茨城~九州津久見ドライブ旅行計画


九州まで車でわんこを連れて旅行を計画することになりました。旅行といっても分骨しているお寺へのお墓参りと親戚の家に挨拶周りがメインとなります。

折角、行くからには道中、寄り道をしたいということになり、かみさんと娘から要望を聞いて計画を立てました。

まずは、全旅程の経路を調べると、以下のようなルートがお勧めルートとして成り立ちます。走りっぱなしで移動すれば、大凡14時間で目的地に到着できるようです。朝4:00に出発すれば24:00には到着できる計算です。しかし、そんなわけにも行かないため、ルートはこのルートで行くことにして、途中、旅程の真ん中にあたる大阪/神戸エリアで一泊することを計画。
20150404000

また、家族から要望を聞くと、名古屋と大阪でいくつかやりたいことがあるってことなんで、行きと帰りにそれぞれ名古屋と大阪をブラリと出きるように調整することにしました。

まずは、移動距離を見ると片道約1000kmとなります。途中、いくつかわんこ休憩を入れるとして、途中のSAに2回程度の休憩と、四国の愛媛八幡からフェリーを利用して九州臼杵港への移動時に休憩としました。
実際、往復時のODOメーターBefore/afterを見ると以下の通りとなります。

before: 76,241km
after: 78,600km

総距離2,359kmとなりました。

20150404001 20150404002

移動中の休憩計画です。
茨城~大阪間の真ん中あたりの静岡内のSAで1回休憩して宿泊先へ。宿泊先から九州湯布院間の愛媛内のSAで1回休憩としました。
この移動計画とした場合、宿泊先までの移動時間だけで大凡7時間程度を想定しました。グーグルマップの予想ルート時間の半分想定での移動としています。
実際、名古屋、大阪、神戸そして四国では、平均時速100km/hも出せない時が多く、車自体少なくても対面走行1車線となると、ガクッと平均速度が落ちてしまいましたね。想定した通りの移動時間となりました。

燃費と給油計画です。
我が家のE91くんは、高速道路を走った時に燃費が大凡10km/㍑走ればいい感じ。タンク満タンで550km程走れるくらい。その為、丁度、名古屋/大阪/神戸あたりで給油する計算となります。ただ、結構、空いている道路は飛ばさないと平均時速が100km/hを維持できないので、なかなか計算通りにはいきませんでしたが・・・
そんなこともあり、ガソリンを入れたのは計5回程満タンにしています。都合一回だけ5000円分追加で入れました。そのガソリンスタンドだけ、プリペイド式でおつりが出ないための対応となります。都会だとハイオク144円くらいなんですが、それ以外の場所だと156円台もあって、なかなかお財布に厳しかったです。

給油は、

給油日 走行距離 給油量 料金
03/28 283.9km 33.41L 4,710円
03/29 610.0km 58.59L 9,838円
03/30 ——- 33.79L 5,000円
03/31 348.0km 48.77L 6,925円
04/01 563.0km 53.08L 8,387円

総給油: 227.64L
総価格: 34,860円
総燃費: 10.36km/㍑ (2359km ÷ 227.64L)

宿泊計画です。
宿泊先は、わんこが宿泊できる場所ってのが前提条件になります。かみさんからのオーダーで、かつ、コテージが良いと。。。
この中々難しい条件を満たすように宿泊先に予約を入れるのも大変でした。

今回、色々と宿泊して素晴らしい場所もあり、なかなか快適な寝床が得られたのも翌日のドライブに影響が少なかったように感じました。行きの1日目と2日目の一番疲れる時に良い宿泊先に恵まれたのが体的には良かった。

4泊した中でわんこ連れでの宿泊が前提で一番良かったところは、湯布院のLAMORI clubが抜きん出て一番良かった。食事も湯布院駅前まで車で行けば、美味しい物が食べれます。

1泊目(淡路島 La Uhbe)
コテージは、1棟1棟が離れ(結構な距離、見えないくらい離れている)になっていて、他の人とかち合わないようになっています。かなりの広い敷地一体を貸切状態で利用出来ます。部屋数は1階は洋室(シングルベット2つ)と和室があり、2階は2部屋。ベッドの数も結構な数がありました。我が家は1階のみで生活しました。カーテンが無かったのだけが、気になったところですが、誰もいないんで問題ないでしょう?!
お風呂も大きく、のんびりと出来ます。使ったタオルなんかも備え付けの洗濯機に入れておけばいいのも便利。ドライヤーはありますが歯ブラシが無いんで、途中のファミマで購入すると良いですね。
帰りは掃除機をかけて綺麗にしてからチェックアウトが必要です。

朝は同系列のカフェにて朝食を取ることも出来て中々落着いたお洒落な雰囲気で落着けました。ドッグランもあり、今回は朝早かったこともあって、貸切で利用出来ました。結構な広さがあって家族でわんこと一緒に駆け回りました。

20150404004
外観
20150404003
室内
20150404005
カフェ店内
20150404006
併設ドッグラン

2日目(九州湯布院 LAMORI club)
1棟のみの1日1組限定のコテージ。コテージは、広いドックランをかねた500坪の庭の中にポツンと佇んでいます。3つのベッドルーム(1階シングル×2の1部屋、2階シングル×2とダブル×1の2部屋)があり、2階へはわんこが上がれないようにゲートが設置されているので、人間だけが2階で寝ることが出来ます。
広い庭には、立派なすだれ桜が植えてありましたが、残念ながら私たちが泊まった日は、咲いていませんでした。5月くらいだと満開だそうです。
また、庭には足洗い場などの水洗も容易されているので、私は汚くなった車の洗車を朝一に実施したりしました(^^;

もう少しノンビリともう一泊くらいしたかった。今まで泊まったことがある宿泊施設の中でも1番でした。中の設備も綺麗で新築みたいでしたし、わんこと暮らす上での工夫が結構されていて、かなり過ごしやすかったです。部屋、アメニティ、施設・設備どれをとっても高級ホテル以上だと思います。ここはとてもお勧めです。機会があれば、また泊まりたいです。ちょっと、場所が分かりづらいってところだけが残念ではありますが、四季庵の入り口側の細道を突っ切った先にあるコテージとなります。途中や入り口(細かいことを言うと入り口ゲート面には記載があるが、ゲートがオープンしていると分からないんですね。)には、LAMORI clubの看板や目印が一切無いんで(^^;

20150404007
コテージ外観
20150404008
広大なドッグラン
20150404009
ゆったりと寛げる室内
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
気持ちいいベッド

3日目(大阪 ワールドヴィレッジ)
以前、利用したことがあったんでリピートです。しかし、前2日のあまりの良いコテージと比較してしまうと、価格からするとちょっと残念な感じでした。建具はちゃんと閉まらない。アメニティが殆ど無く、施設内温泉や動物公園などを利用しないとメリットが出ないです。大阪近郊には、ここにしかコテージタイプの宿泊場がないんで、大阪方面に行く時に便利ではあるんですがね。ここだけは、朝夕食付きが選択でき、今回は時間の都合もあって朝食付きのみとしました。朝御飯はシンプルながら美味しいんですよね。卵が生みたてで新鮮な卵が味わえるのが良いかな。

20150404011
コテージ外観
20150404013
室内(2階ロフト)
20150404014
ドアが閉まらない
20150404015
美味しい朝御飯

4日目(伊豆わんわんパラダイス)
最後だけちょっと贅沢しました。コテージではなくペット可の有名なホテルに泊まって自宅までの余力を養いました。部屋自体はコテージと較べると狭いし、お風呂とトイレが一体式と所謂ホテルなんで仕方がないんですが、とにかく夕食が豪華でとても美味しかった。あわびの踊り食いや金目の煮付け、ステーキの石焼、新鮮なお刺身。素晴らしい給仕ととても良かったです。わんこ用のメニューも結構充実していて、我が家は全部を注文しました。セットにしたほうがお得になるのも良心的です。2人宿泊が前提なのか、3人目は和室で布団になってしまうので、2人以上で利用する場合には、予め部屋のチョイスも良く考えたようが良さそうです。
ドアや壁の厚みがあるお陰か、他の犬が吼えていても気にならないです。わんこは、他で吼えるとなぜか答えて、吼えてしまうようなんで、そういう時に気にならないのは助かります。聞こえるけどガツンと響かない音程度に聞こえるって感じです。ホテル内には色々と楽しめそうな施設があったんですが、一泊では堪能出来ないですね。予約が必要だし、ひとつづつが時間を要するので。朝御飯はバイキング形式だったんですが、パンチにかけるメニューではありますが、私が食べたフレンチトーストが美味しかったな~

20150404016
ホテル外観(入り口)
20150404017
和洋室の室内
20150404018
バルコニーからの景色
20150404019
美味しい夕食

フェリーでの移動。
今回、四国愛媛県内にある八幡浜港フェリー(オレンジフェリー)を利用しました。往復で利用すると、ちょっとだけ割引になるのと、フェリーに乗っている間、運転手の私が寝れるのがメリットでした。

料金は大人3名+乗用車(5m未満)1台で、2等客室となります。
行き: 15,970円
帰り: 14,380円
割引は1130円となり、フェリー内での食事代くらいにはなります。支払いが現金のみってのが厳しいのですが、今回の旅行全てにおいて言えることですが、宿泊にしろなんにしろ現金での支払いしか出来ないことが多かった。

2時間20分程度ですが、渋滞も無く船内で寛げるのは結構体の負担を軽くしました。フェリー内のシラス丼が、安いくせにとても美味しくて、しかも結構な量がありました。トラックドライバーなどの人は沢山食べるからかな?フェリーに乗ったら食べることをお勧めします。

20150404021 20150404020

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください