パナ エシェル+TOTO TCF722へ交換


新築時から使っていた便座が壊れたため、以下の製品に交換しました。

・TOTO TCF722C SC1 温水洗浄便座 KMシリーズ 瞬間式 パステルアイボリー 45,360 円
 ポイント 10%付与 4,536円分 → 40,824円也
function
TCF722

機能的に、TOTO製の便座は標準機能が満載で、オプション機能も今回のはかなりの高機能になっています。かみさんが自動開閉が欲しいって言い出したんで、当初は702で良いかと思っていた機種を722へ変更した次第です。約1万円予算アップですが、交換作業工賃などをDIYで実施することで、実質の予算アップ分は目を潰れるかな?と。

ホームセンターへ問い合わせしたり、ネットで調べたりした結果、我が家のタンクレストイレ エシェルにTOTO製のものならば取りつけ可能だと判明したので、翌日にはヨドバシカメラでポチって購入しました。

結局、ホームセンターに依頼してた、取りつけ可能かどうかのメーカーからの回答は、「分らない。」ってことでした。その為、ホームセンター側は、パナソニック製のビューティートワレを再提案してきました。

我が家は、パナソニック製はあまり良いイメージが無かったため、今回はどうしてもTOTOに変えたかったこともあって、色々と相談にのってくれましたが、御免なさいをすることにしました。

20150117013 20150117014

ただ、添付品だけでは取りつけ不可だったため、週末にエシェルに取りつけするための短いホースを購入し、本日、DIYにて作業となりました。
ホースは、近所のホームセンターにて、TOTO製の純正品がたまたま置いてあったので、そいつを購入することが出来ました。

・TOTO フレキホース(300mm) TCA61-3R 1,409円

20150117001 20150117002

フレキホースも30cmではなく20cmが欲しかったけど、お店に置いていなかったので、早く使えるようにしたいため、10cmくらいはなんとかなるだろうという思いで上記製品を購入しています。

家路について、早速、交換作業開始。事前に前日、交換作業を行っていたこともあって、比較的に作業は容易に進みました。作業時間は40分程度でした。

まずは、元栓を時計周りにネジを回して閉じます。その後、便座側のホースを取り外し、ホース内の水を受けるために、予め雑巾とバケツで受け止めました。

分水するためのアダプターをパナソニック用からTOTO用へ交換します。モンキスパナで弛めて外すだけです。取りつけも同様です。

20150117003
パナソニック用
20150117004
TOTO用

タンクレストイレ エシェル側とのホースを接続させます。今しがた取りつけした分岐から、購入してきた30cmのホースを上下の向きに気をつけて接続。上側に網がついたフィルター面になるように、上部から固定しました。
下側にも中に分岐継ぎ手内に、パッキンを入れ忘れないようにするのが重要です。パッキンを入れて填め込んで固定するのに難儀しました。

ちょっと、ホースが長いため、ホースに捩れが発生してしまいますが許容範囲みたいです。ただ、これ以上だと無理そうです。
ここまで作業が出来れば、後は便座を入れ替えるだけ。簡単作業のみが残る感じです。

20150117005 20150117006

パナソニック エシェルの固定ボルト位置は、TOTOの位置とボルトピッチ、長さが同じだったため、ビューティートワレ用の固定を外して、TCF722用の固定をネジで取り付けするだけ。

便座の位置は、大型用で合わせます。ここで合わせると便座シート前面がツライチ状態に綺麗に収まります。エシェルとの組み合わせも、そんなに変な感じにならずに自然な感じの組み合わせに見えます。色合いも微妙にアイボリー違いなんですが、まあ、この色違いも許容範囲でしょう!

20150117007 20150117009

便座を固定具に填め込み、洗浄機側のホースを分岐継ぎ手側に接続します。この時もパッキンを入れ忘れしないようにします。
20150117008

最後にリモコンの設置。リモコンの位置は、前と同じ位置に決めました。ただ、メーカー違いなため、洗浄用と大小流し用と2つ必要になってしまうってところがスマートじゃない感じです。本当は、この前のリモコンを使うのではなく、小型の大小のみのボタンの小型リモコンが別売りされているのですが、メーカー在庫切れで手に入らなさそうなんで、暫くはこのダブルデカリモコン体制の運用となります。なぜ、流すほうを固定しなかったかというと、壁にネジ穴をあけたくなかったこと。そして、固定してしまうと操作時に迷いそうだったんで、固定されているほうで洗浄操作をし、フリーなほうで流すってほうが、認識しやすそうだと判断したためです。

以前は、連携していて用を足した後、立ち上がれば数秒後に自動的に流れましたが、その機能は死んでしまうため、自分で流す必要があります。次の人のためにも流し忘れないようにしないといけません。。。

20150117010 20150117011

じゃ~ん!作業終了。取りつけ完了です。元栓を開けて、試験的に流してみたり、リモコン操作をしたりしてみます。とりあえず、ホースへのテンションが気になっていましたが、水漏れとか無さそうなんで作業終了しました。

今度のは自動開閉が結構敏感でドアを開けるとすぐに反応して蓋が開いちゃいます。
20150117012

細かい設置値は、とりあえず全て工場出荷状態のデフォルトです。必要があれば、随時変更すればよかろう。多分、私の好みではなく、女性陣にお任せしたほうが良いだろう。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=20834

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください