運転席側ハンドル上に傷が・・・


筑波山へドライブした時に、何気にハンドル上部のドアに線傷が入っていることに気がつく。

意外と深めに傷が入っているようで、良く目立つ・・・
いつやられたやら、まったく思い当たらない。本当に黒い塗装はデリケートで困ってしまいますね。
20141026007

そんなこともあり、家に帰ってから、コンパウンドで磨くことにしました。

最初、軽くコンパウンド使って擦って落とそうとしましたが、やっぱり、綺麗に傷は消せず。

横着せずに、
1.シングルアクションポリッシャー
2.ダブルアクションポリッシャー
の工程で、ポリシング作業を実施。

ポリシングしたので、ドア面は鏡面仕上げになりました。ピッカピカで、ちょっと見ただけでは傷は消えているように見えます。念のため、LEDライトで投影してみて、傷の状況を確認し問題なさそうだったんで、コンパウンドの粉を綺麗にするため洗車を実施。
20141026008

ポリシングすると、ボディの平衡化がされるせいか、水弾きの仕方が違いますね。特にワックスするでもないのに、ボディに水滴が残りづらくなります。撥水というよりも親水効果の時みたいに、水がひいていきます。

洗車後、近くと遠めで撮影し、綺麗になったことを確認し作業終了です。次回、洗車時にまるまるWAXでコーティングはするとして、今日はこのままで作業完了としました。

20141026009 20141026010

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください