E91サービスインターバルインジケータ リセット


購入してから1年と1ヶ月・・・

1年経つとサービスに出せと警告(サービスインターバルインジケータ)が出てきます。しばらく放置することが可能ですが、警告が出てから1ヶ月過ぎたあたりから、ウインカー出すとずっと点滅しなくなり、2回点滅したら元に戻ってしまいます。

※サービス インターバル インジケータとは
車両の状態を常にモニタリングし、メインテナンス時期をお知らせするサービス・インターバル・インジケータ。サービ ス・インターバル・インジケータにOIL SERVICE(オイル・サービス)または、INSPECTION(インスペクション)が表示された場合、そして1年ごとの定期点検の際には、必ずBMW正規ディーラー・サービス 「ご予約専用」ダイヤルへご連絡ください。
※モデルにより、サービス・インターバル・インジケータでなくインジケータコンディション・ベースド・サービスが搭載されています。
————-

普通に運転していて支障が出るので、なんとかする必要があります。

で、ディラーに出すと結構なお金がかかるようなので、DIYでリセットします。

まずは、メンテナンスモードに移行させます。

1.
キーを差込。

2.
計器類の表示が落着いたところで、ブレーキを踏まずにスタートプッシュ。
20140811001

3.
ODOリセットボタンを長押しします。!マークが表示されて2秒程くらいでボタンを離します。

4.
サービス警告画面が表示されるように、左側のウインカーレバーに付いているセレクターを操作してサービス変更画面にします。
今回は、7/2014となっていることが確認出来ます。
20140811002

5.
ウインカーの先端にあるBCボタンを押します。1回押すたびに、月、年の変更になるので、次のサービス月をセットします。今回は、7/2015にセットします。

20140811003 20140811004

6.
リセットされると、以下のように設定後の年月が表示されます。
20140811005

ついでに他の期間も確認し、リセットすべきものが無ければ、エンジンプッシュボタンを押して、エンジンを切り作業終了です。念のため、普通にエンジンをかけてみて、今まで出てたサービス警告が出ないことを確認します。

以上

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=19161

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください