山野哲也ハンドリングクラブ初心者(2回目の体験)


ツインリンクもてぎ南側入り口今日は、有給休暇をもらって山野哲也ハンドリングクラブに参加(これで2回目)しました。場所は、ツインリンクもてぎです。

行きの経路は、
6:40 自宅出発
谷田部IC
(常磐自動車道に乗る)
水戸IC経由
国道52
国道51
南ゲート
8:20 ツインリンクもてぎ南コース前駐車場

思ったより早く到着しました。しか~し、友人は既に到着済みでした。寒いのと眠いのをとるため、どうしてもホットコーヒーが飲みたくなり、記念館まで歩いて行くも、この時間帯は閉館しておりました・・・

山野哲也ハンドリング集合本日の参加者は、全員で9名でした。

全ての車種は覚えていませんが、
・ルノーメガーヌ?
・ホンダ S2000
・ホンダ シビックtype-R
・ホンダ インテグラtype-R
・ホンダ アコード
・ポルシェ GT-3
・スバル レガシィB4 GT spec.B (私)
・三菱 ランサーエボリューション9(友人)
・トヨタ チェイサー
・トヨタ ビッツRS?
・日産 シルビア
・マツダ アテンザ
・ロータス エリーゼ

だったと思います。やっぱり?ホンダ車が多いですね。□あれ?!参加者と参加車両が合いませんね・・・

平日だったんで、まあ、そんなには来ないだろうと思っていましたが、思った以上に集まりました。
山野哲也ブリーフィングまた、本日は山野氏はスーパーGTのためにTIサーキットらしく、ジムカーナの選手(日部利晃氏)の方がアドバイザとして来られました。

MCは毎回女性が通常らしいのですが、今日は男でした。。。MCの方も男でごめんね!と何度も言ってました。

スケジュールは、以下の通りです。
山野哲也コース図午前は、
・ブレーキング練習とアドバイス(左回り)
・コーナーリング練習とアドバイス(右回り)

午後は、
・右回り(30分)
・左回り(30分)

を9台で1グループとして、大凡10周×2ぐらい走行することができました。

とにかく久しぶりでしたので、アクセル全開!後のガツン!とブレーキがなかなかできずに、四苦八苦してました。

姿勢制御がうまくできず、コーナー時にドリドリとし過ぎて、線からもはみ出るはみ出る。

これだと、通常コースの場合、コースアウトを意味するので、もし、本コースだった場合は車を壊しているということですね。
アドバイスでは、第一コーナーをリアを流しながらかっこよく着たけど、ブレーキングポイントが、いまいちだね!と。
レガシィは前後バランスが良いので、コーナーリング時は意図的にリアをスライドさせながらコーナーを回るとかっこいいし、決まったときは非常に気持ちが良いとのコメントを頂きました。

なんで、あまり技術的なコメントではなく、あ~、今のコーナーの抜け方はかっこよかったね!もう少しリアをスライドさせたほうがかっこよかったね!とか、かっこ良いかどうかが指標となっておりました。
最初は、アドバイスのために、運転してもらおうかと思ったのですが、思ったより順番待ちが発生してたために、とにかく自分で走り込みすることにしました。(ちょっと、残念)

でも、そのためか走行順番待ちが減ったため、沢山走ることができました。
とにかく今日は寒かった・・・ 上着を着ていかなかったので、午後の走りこみが始まるまで非常に寒い思いをしました。
食事時もストーブ?の温風がテント全体までに行き渡らないのか、テントの中に冷たい風が入り込んできてました。
山野哲也ランチ引換券山野哲也ランチ
食事は、本当はビュッフェスタイルお弁当ではなく、カフェを期待していたのですが、残念ながらお弁当になりました。

山野哲也 ランエボとB4走行会の終了は15:00でした。とにかく寒かったので記念館の1階でコーヒーでも飲んだ後に帰ってきました。

そうそう、今日は寒かったため、ATFクーラーもその効果があったのかは、ちょっとわからなかったです。。。。

帰りは、
15:30 ツインリンクもてぎ発
国道123号
国道294号
17:20 自宅着
で帰ってきました。今日は運転中、めがねをずっとかけていたので、目が非常に疲れました。

燃費は、行く前に満タンにしていって、走行会が終わった直近で、燃費計で5km/lでした。で、自宅へ帰って来たときに見ると、6.3km/lまで復帰しました。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください