冷却系チューニング


2005/10/01に山野哲也ハンドリングクラブに参加したことにより、現在の自分の車の弱点がわかりました。

ATということで、1周 約1分以内の距離を14周ほどの走行で、ATがオーバーヒート気味となり、スポーツモードにしたときに、ギアチェンジできなくなるというアクシデントがありました。今後、走行会に参加するにしても、これをなんとかしないと参加してもすぐに車に問題が出て楽しむことができないようです。そこで、まずはATFの冷却チューニングを行うことにしました。

まず、以下のことを実施しようと思います。

(作業完了済みのものには、マークに。)
1.ATFクーラーの装着
[■//www.plotonline.com/products/atfcooler/index.html”>PLOT ATF COOLER (42,500円:工賃 12,000+6,600円)
→選択理由
他にもあるが、バイクメーカーということと、取り付け時のフィッティング、冷却製も優れていそうな為。

2.ATFオイルの交換
■純正品(6リッター 5,880円 (980×6):工賃 なし)
→選択理由
純正以外をいれた場合、保証的に問題がありそうなため。また、特に強化品でなくてもATFクーラで問題解決できれば、そこまでする必要がないかもしれないので、時期を見て問題がありそうなら、そのとき考える。

3.ラジエターキャップの交換
■STIラジエターキャップ (3,570円)
→選択理由
どこもメーカのものであってもたいした差異はないと思われる。そのためエンジンルーム内の見た目重視で、チェリーレッドのSTI製品を選択する。
1月29日(日曜日)のお客様感謝デーを利用して、守谷スバル店で注文しました。
2月04日に取り付けが完了しました。

4.ラジエターホース(インレット、アウトレット)の交換
■強化ラジエーターロアホース (候補:ガレージKM1、CUSCO、BLITZ)
→問題点
まだ、BP,BL用に対応した製品を見かけない。

0.エンジンオイル交換
■ELF EXCELLIUM 10W-50 (お客様感謝デイ時:10,290円?)
→選択理由
普段は純正品だが、直近の交換は上記にしようと思う。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください