タイヤ(前後)交換実施


先日のパンクにより、Amazon.comにてタイヤを2本購入。
今回は、パンク性能が高くて比較的に評価の高い無難な以下の製品をチョイス。カラーコーディネートのため、青ライン入りにしました。本当は白ラインが欲しかったのですが、なぜか同じ製品でも白ラインのほうが人気商品のようで価格が微妙に高く2本で5000円を超えてしまうため断念しました。
しかし、こう寒いと土間が欲しいですね~
吹きさらしの中での自転車弄りは、車弄り同様に厳しい~
家の中に自転車持ち込んで作業とかは、う~ん。自転車台とかを買って、出来るようにするかな~。将来は(^^;
コストバランスに優れた耐パンク強化アーバンモデル!!
●タイヤ内面をフラット加工する「ハイパーテックスケーシング」の採用により、リム打ちやサイドカットに対する耐パンク性能を向上させるとともに、チューブの摩擦によるパンクも防止。
●サイド部に反射テープを施した、夜間走行安全対策バージョン「リフレクト」もあり。
【ハイパーテックス ケーシング】
耐サイドカットと耐リム打ちパンク性能をアップすると共に、内面フラット加工でチューブ擦れパンクも軽減。
・Panaracer Tourkinist ブルー 8W728-TKN-L4 - 2点 ¥ 4,636
2本でこの価格なんで、比較的に安価な製品です。
これで、1年くらいはパンクしなくなればいいのですが・・・
早速、お昼頃から作業を開始。まずは既存のタイヤを取り外します。
パンクしたチューブの補修から作業を開始し、糊の乾き待ちとパッチ貼り付けまでを行った後は、新しいタイヤにチューブをはめ込んで、ホイールへの組み込みを実施。
今度のタイヤはリムが硬くて、これが中々難儀作業でした。MAXXIS DETONATOR FOLDABLは、比較的にリムが軟らかいので、取り付けも取り外しもし易かったタイヤでした。そのため、ホイールからの取り外し作業は難なく直ぐに作業完了させることが出来ました。内径もMAXXISのほうが3mm程大きかったような気がします。パナレーサーのほうはホイールのリム内に寸ぷん違わぬ径となっているようで、そのせいでかなり組み込む時がキツイです。かなり強引にタイヤリムーバーを使って入れ込まないと入らないです。この時にチューブが挟みこまないように気をつける必要があったりと、かなり気を使うタイヤでした。
タイヤの種類によって、これ程の作業性の違いが出てくるなんて、思ってもいませんでした。パンクしなくなれば、この作業自体しなくて済むので、あまり気にしなくてもいいのですけど、このタイヤでも頻繁にパンクされると、交換作業自体がなかなかキツイなあ~と。見た目はあまり変わらないんですけどね~。
で、パンク修理が終わったので、前後ともに組み込み作業を実施し、作業終了させました。このタイヤだと組み込み時間1時間はかかります。かなりの重労働でした。

ホイールを前後とも、取り外したこともあり、ボディの汚れを落としてコーティング処理を実施。ちょっとだけ、ピカピカになりました。
また、ギアやその他回転系に油をさしたりして、分解整備とはいきませんが、気休め程度のリフレッシュ。

タイヤに空気を入れて、試運転。今回のタイヤは110psiとちょっとだけ少なめ。前のタイヤだと140psiだったので、タイヤの種類やメーカーによって、これだけの違いがあることにビックリです。
近所をクルリと回って異常がないことを確認し作業を終了したのですが、タイヤのリムを見ていたら、どうやら生意気にもこのタイヤは、回転する方向に指示があり、運悪く前後ともに逆パターンで組み込んでしまいました。。。
フロントは反対に入れ替えれば回転方向に向けれますが、リアはスプロケットの関係上、そうもいきません。もう、組み替える元気も無くなったため、パンクしない限りはこのままとします。
P.S タイヤ遍歴
no.1 2010-04-18 GIANT R3標準タイヤ
no.2 2012-04-15 serfas SECA 700x28C 4,400円
no.3 2013-04-14 MAXXIS DETONATOR FOLDABLE 700x28C 3MX-DEF700-BL 7,296円
no.4 2014-01-19 Panaracer Tourkinist ブルー 8W728-TKN-L4 4,636円

関連する投稿

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=1644

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください