飛び石傷だらけのボンネット


中古のブラックサファイアメタリック(475)のカラーということで、結構な飛び石傷があり、洗車すると気になることに気がつきました。
そこで最近は、板金塗装屋さんにアクセスしてはボンネット補修に幾らかかるか・・・
つくばのBMWなどの外車に強い板金塗装屋に連絡して、補修にかかる費用は8万~11万ということが分かりました。新品ボンネット交換だと20万円とのこと。
2件目の板金塗装屋さんは、技術的にも良さそうだったので11万でもいいかな~と思っていたのですが、その時の会話で結局奇麗に塗装しても、すぐに高速走っていると黒色は、飛び石傷もらうから直してもすぐに傷が付くよと言われた一言。
流石に11万出してすぐに傷がつくのもなぁ~と。
で、以前から興味があってやりたかったカーラッピング。こちらも3Mが出張サービスで施工してくれるのが7.8万円。塗装の上に貼り付けて、飛び石などの傷にも比較的に強そうかな~ということで、清水の舞台から飛び降りるつもりで注文しちゃいました。
黒いボディに黒いカーボン柄なんで、あまり目立たないのもいいかも?!という判断です。あまり派手だとやんちゃな感じになってしまいそうだったんで、気持ちジェントル?に。
連絡が来て、実際の施工日取りを決めて作業実施するまで10日程かかるようなので、今、注文すれば丁度、お盆休みの前あたりまでは・・・と期待を込めて。
白だと、ボンネットラインに沿ってキドニーグリルラインへという感じが定番のようですが、私はシンプルにボンネット一枚貼り付けで依頼しようかと思っています。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください