PXC 310 BT


色々と迷いに迷って、悩みに悩んだあげく、以下の要件に満たすものに決定してしまいました。
・オーバーヘッドタイプ
・Bluetooth対応
・apt-x対応(将来は、iPhoneなどの標準装備になって欲しいという期待をこめて)
・有線対応(後々ケーブル交換とかで音質変化が楽しめるかも?)
・ノイズキャンセリング付き
・密閉型
・充電にUSBとACアダプターの2通り可能
今のインナーイヤー(CX-400Ⅱ)も購入時は清水の舞台から飛び降りるつもりで高価なものを買ったつもりでしたが、毎日使っていると結局妥協すると高くつくということを経験し、今度は手に出来る価格帯で妥協せずに欲しいものを買うということにしました。
購入したのは、無難ですがゼンハイザーのヘッドフォンにしました。やっぱりバランスよく聴かせてくれて、音楽ソースを選ばないということで、長く使えそうだから・・・
色々と機能が付いていますが、全て使わないという選択も出来て、普通の有線ヘッドフォンとして利用できることも良いかなと。シチュエーションによって、色々と使い方を選べるってことで、自分にピッタシだと思ったのが選定理由でしょうか。
で、どの機種かというと
 ・PXC 310 BT 39,800円也
を今日、ビックカメラでポチリました。ネットでも購入されている方は殆ど満足されているようで、不満足点は価格のみという感じです。確かに約4万円・・・ めっちゃ高いです。最後までB&WのP5と悩んだのですが、P5はデザインだけでもう一歩という評価が多かったので、部屋と外とで万能で利用できるほうがいいだろうという判断をしました。または、ノイズキャンセリングがないPX 210BT。これならば買って失敗しても後悔しないギリギリの価格だったんですけど。でも、今の通勤経路は地下鉄に乗らなくてはならず、つくばエクスプレスはとても静かで快適なんですが日比谷線内がとても煩かったのもノイズキャンセルが欲しいと思った理由となります。
これで今のCX400は暫く御役御免となりそうです。コンプライに付け替えてから、ピシッとした感じの音にはなったのですが、もうひとつ満足できない感じだったんですよね。
商品が届くのが今からとても楽しみです。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください