マッキントッシュオーディオ


■ オーディオとエアコンについて その1
「マッキントッシュオーディオについて その1」で、音量が操作しづらいと書きました。

このときは、1ノッチづつ設定できないと書きましたが、その後、ちゃんと操作してみたところ、「カチッ」と1ノッチづつ音量操作できました。でも、やっぱり、運転中は操作しづらいのは間違いないです。(私はですが…)

話しは変わって、マッキントッシュのオーディオとは関係ないのですが、オーディオの位置とエアコンの位置ってなんで、エアコンが上でオーディオが下なんでしょうかね?思うんですけど、マニュアルエアコンの場合は、そのほうがいいかもしれないけど、オートエアコンの場合は、一度操作すればあとは、ほとんど何もしないのは自分だけだろうか?確かに、フロントガラスが雲ってきた場合は、デフロターをオンにしますが。。。

このあたりは、走る場所によって、エアコンを頻繁に設定変更を行う必要があったりするときには、今の場所のほうがいいのだろうか? でも、エアコンって、あの大きさに拘る必要がないものだと思うぞ! オーディオの場合は、どうしてもCDやカセットテープの物理的な大きさを必要とするので、あの1DINサイズが必要最低限利用されてしまうのは、なんとなく、なっとくはできるのですがね。オーディオの場合は、ラジオのチューニング、CDの入れ替え、テープやMDの入れ替え等を、操作する機会が、エアコンよりも多いような気がするので、オーディオの位置を目線と同じ高さにしたほうが安全に操作ができると思うんだけどねえ。だから、エアコンなんてセンターコンソーに「でん」と鎮座させないで、温度の情報などをスピードメーターの中や、時計などの液晶に、ちょこっと表示すればいいだけだし、温度設定もハンドルかなんかについてたほうが操作しやすいと思うんだけどねえ。

あと、センターコンソールの上部にある、エアコンの送風口の位置をオーディオの位置より下におくことで、オーディオも操作しやすいし、あとつけのナビゲーションのテレビもいい位置に置けるんだけどなあ。

(まあ、社内の空間の丁度真中に送風口があったほうが、冷たい空気や暖かい空気を循環させるのに都合がよさそうだということぐらいはわかりますが。。。)
エアコンの送風口が、センターのオーディオやエアコンの丁度真上にあるから、インダッシュテレビとかカーナビとかだと、送風口と干渉してしまうので、そういうすっきりと収納できる高価がカーナビテレビとかを購入するに踏み切れないですよね。

どこかのメーカーで、そういうふうに、今までの概念をふりはらった、もっといいアイデアのコンソールを考案・実用してくれるといいんだけどね。

■ マッキントッシュオーディオについて その2オリジナルCDを作る人が最近多いと思いますが、一応、マッキントッシュでもCD-Rで作成した音楽CDを聞くことができます。自分の好みの曲順や、今まで購入したアルバムから、好きな曲だけでCDが作成できるので、みなんさんも試して見るといいでしょう。

■ マッキントッシュオーディオについて その1
車に乗って 1ヵ月がたち、とりあえず、マッキントッシュオーディオの使い勝手についてレビューしてみようと思う。見た目には、落ち着いたデザインで、子どもっぽくなくデザインは良いと思われる。しかし、あのデザインは国産にはないデザインだと思うので、国産では、ナカミチのデザインが気に入るような人でないと、逆に落ち着きすぎて物足りないかも?

マッキントッシュオーディオにすると(あとで調べてみたら、マッキントッシュでなくてもサイドミラー横のツイーターはつくみたいです。例えば、KENWOODのやつとか)、サイドミラー近辺にツイターのスピーカがつくが、付いていないのと聞き比べていないので、どの程度いいのかわかりません。

(マッキントッシュにすると、スピーカーの数が11個つき、そのほかの場合は、8個のようです。標準だと、6個だけとかなり寂しくなるようです。音質の良さは、スピーカーの数とは関係ないので、数事態は問題ではないのですが、個々のスピーカーの質が落ちていると、音質が多少悪いかもしれませんね。)

オーディオの使い勝手は、まず、使っていて気になったのは、デザイン上重要だと思われる、ダイヤル式のボリュームとラジオのチューニングだ。使うまでは、大きなボリュームが高級感を演出していて、なるほどいいデザインだ。と納得していたものが、運転中にボリューム操作をしようとすると、微妙な操作ができない。

音が小さいかな?と思ってちょっと大きくしようとすると、「ぐあーっ」てな感じで大きくなるので、運転しながら微妙な操作は危ないので、やめたほうがいいでしょう。

うちの場合は、助手席のかみさんに音量調節をお願いしてやってもらっています。

なんとなく、ステレオ自体は安物なのか、ボリュームの節度感が安っぽいために、微妙な操作ができないのかな?

ある程度のホームオーディオのプリアンプなんかでは、ボリュームが適度に重く、 1クリックごとにカチッカチッって感じか、重いため、微妙に操作ができるのですが、このボリュームの作りは要改良でしょう。

あと音の好みや音量が、自分の好みでは、あまりよくなく、ガンガン鳴らすようにボリュームを設定しないと、ある程度の音質が望めない。これは、まあ、カーステなんで、こんなもんか?って感じかな?

自分の好みの音としては、家のステレオ構成が、
スピーカー:Sonus Faber MINIMA
プリメインアンプ:LUXMAN L-507s
CDプレーヤー:PIONEER PD-T06

となっています。この構成で小音量でクラッシック主にを聞いています。
車の中だと、騒音で微妙な音が聞けないのは当り前か?あとは、かみさんの趣味で、車の中では、福山雅治のCDを1回セットしたら、自分は寝ていようが、ずっと、それを聞かされます。

寝ているときに、ラジオに変えると、むくっとおきだして、駄目だー!と怒るしまいです。よって、耳にタコができるぐらいに聞いているのは、運転手の私でしょう。とりあえず、オーディオに関しては、第一回レビューとしては、以上です。書き殴っただけなので、めちゃくちゃですが。。。

お金に余裕ができたら、ステレオのメインユニットだけ、取り替えたいなあ。

関連する投稿

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=111

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください