2019年11月22日 archive

岩下の新生姜ミュージアムへ

とちぎ蔵の街に、岩下の新生姜ミュージアムがあります。
メインの通りから少し外れた場所にあるのだけど、駐車場が非常に分かり辛いです。特に今の季節、暗くなっていると余計そう感じました。

何度か行きすぎたり、曲がるところを間違ったりしつつ、ようやく駐車場へ車を入れることが出来ました。。。

もっと、大きな建物かと思っていましたが、割かしこじんまりとしています。

中に入るのは無料で、名前を書いて入園します。

岩下のお土産売り場がすぐあり、右手にはレストラン。そして左手にいくと商品がところ狭しとアピールされています。

プロジェクションマッピングがあるってことで、しばし鑑賞。あの、岩下の新生姜の音楽が繰り返しリピートされ、頭に浸透して洗脳されていく感じです(^^;

まあ、無料なんでそこそこ楽しめましたが、わざわざ目的地として行く場所では無かったようで、今回みたいなついでに寄るので丁度良かった。

帰りは美味しそうなふりかけをお土産に買って帰りました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32308

とちぎ蔵の街を散策

宇都宮から南下して、栃木駅近くのとちぎ蔵の街を散策しました。平日でも、駅周辺道路は結構な車が走っていて、蔵の街をブラブラと散策するには微妙な感じではありましたけど。。。

駐車場は町営の駐車場が開いていたんで、そちらに車を駐車しました。30分/100円でした。

雨が無ければもう少し堪能できたんでしょうけど、案内板にあるように周辺を一周わんこと一緒に散策しました。

確かに蔵や古い建物がありますが、川越の小江戸や香取市の川沿いの街並みなどと同じように、まばらにですがなんとなく情緒ある感じの街並みにはなっているようです。

河には船が出るようになっていて、天気が良ければわんこと一緒に乗ることも出来たようでしたが、雨が酷いせいか中止になっていました。

スタバも京都とかと同じように、周辺の雰囲気に合わせて和チックな外観でお洒落な外装と内装の設えになっていましたね。

スタバで珈琲を飲んで寒い体を温めて休憩後、岩下の新生姜ミュージアムへ向かいます。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32305

Hanamizuki cafeでランチタイム

大谷資料館を出て、すぐにお昼時間になったため、どこで食べようか?ということになりました。

向かう先は栃木市。その途中の経路上で美味しそうなお店は無いかとキョロキョロとしていたら、見た目がお洒落な建物の外観のカフェが目に入り、早速、中へ。

Hanamizuki cafe」というお店でした。

何棟かある住宅は住宅展示場になっているようで、その建築メーカーで建てた建物をアピールする意味合いもあるようです。メニューと一緒に住宅の写真なんかも置いてありました。

メニューを見ると、パンケーキの専門店だったようですが、ただ甘いだけのパンケーキ以外もあって、そちらを注文しました。

・高原のパンケーキ 980円

厚切りベーコン、ウインナー、半熟目玉焼きとサラダのパンケーキです。メープルシロップをベーコンにもかけて、甘じょっぱくして食します。バターをパンケーキの間に入れて余熱で溶かしつつ、ベーコンとパンケーキを一緒に口に入れて堪能します。

付け合わせのサラダもたっぷりとあるので、なかなかヘルシーな感じでしたが、食べ終わってみると、かなりお腹への満足度がありました。こういうパンケーキ屋さんで食べると、意外と量的に物足りなさが出たりするものですが、ここのはそう言うことも無く、ボリュームと味も大満足の1皿となっていました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32302

大谷資料館の巨大地下空間

今日はわんことお出かけ。その為に有給休暇を取得しましたが、折角の休みなのに雨が。。。

まだ、大谷資料館に着いたばかりの時は雨は降っていなかったけど、10分程、周りをわんこ連れて散策していたら、雨が本降りになりました。
大谷資料館にはわんこは入れられないので、車の中で狭苦しい思いをしていたわんこを伸び伸びとさせるために、付近を散歩した次第です。散歩後、また、車でお留守番してもらいました。

平日だけど、結構、ひっきりなしに観光バスが来たりしてお客さんで賑わっているのと、普通にマイカーで来ている人もそれなりに多く、駐車場も半分以上が埋まっている感じでした。これだと土日祝日はかなり盛況でごった返していることでしょうね。

資料館に入園料800円/大人を払い、中に入るとすぐ階段下り場から石切り後の地下空間を見下ろせます。光とかで演出してあったり、過去に利用されたアーティスト達の写真なんかが飾られていて、地下空間の壮言な空気を感じながらグルっと時計周りで散策していきます。

グルっと回って観るのに、大凡、30分程かかる感じでした。かみさんも最初計画した時はイマイチ乗り気ではなかったけど、中に入って色々と観ている間に楽しんでくれたようでした。

巨大地下空間を出て、入り口辺りにあるお土産売り場で、アイスを食べて休憩です。アイスバー 350円とジェラート 550円(ダブル)があって、アイスバーはプラム味をチョイス。ジェラートは、ラムレーズンとヘーゼルナッツのダブルを注文して食べました。

本格的なジェラートと果汁沢山のアイスバーどちらも美味しく、お勧め出来ます。

紅葉も始まっており、これで晴れていれば最高だったのにと、大谷の帰り道すがら思いつつ栃木方面へ向かいました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32298