Category: 趣味のカメラ・写真撮影

α6000の本体ソフトウエアアップデート実施

ソニーの製品登録しているお陰で、ソフトウエアのアップデートのお知らせが届きます。忘れた頃にくるので、製品登録はしておいたほうが良いみたい。

以前からピント合わせが遅いと感じていたんで、修正内容である
・AF動作の安定性向上
に期待です。

早速、ダウンロードサイトからプログラムをダウンロード。解凍して実行します。
その次にα6000をUSBケーブルで接続しておきます。

プログラムを起動すると、手順が表示されるけど、しっかりと読んで理解しないと、イマイチ分かり辛い説明ですね。この説明でおじちゃん、おばちゃんが対応できるのか?!ととても不思議でならないです。

指示通り次へ、次へと説明通り実施し、ファームウエアのアップデートを開始します。アップデートは3分程でしょうか。思ったより時間がかかりました。

バージョンアップが完了して、とりあえず、フォーカスのピント動作の速さを確認してみましたが、あまり変わらない感じでした。というよりも、使っている安いマクロレンズSEL30M35に問題があるのかもしれませんね・・・

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31244

DSC-RX100故障修理

結構前にぶつけてしまい、フラッシュ辺りのボディが凹んでしまい、さらにその影響かレンズがたまに閉まらなくなったりと、調子が悪くなってしまったので修理に出すことにしました。購入してから1年経っていないので、保証も利くかな?と思ったけど、ボディのほうは保証が利かずだったんですけどね・・・

ソニーのサイトからネットで故障対応依頼を行い、修理依頼書を印刷したものと、本体などを一式を箱に入れて、元払いで指定の住所に配送します。
1/17にコンビニから配送して、1/19にソニーの修理先から修理内容の確認の電話があり、交換部品の内容と費用の説明をされて、そのまま修理してくださいと依頼して、1/24に修理されたDSC-RX100が届きました。

修理代金は17,280円(税込み)でした。

修理内容は、以下の通り。こちらから指摘したパーツ以外でも、修理先である程度確認してくれて修理対象としてくれるようです。交換されたパーツは、お客に返却してくれるようです。まあ、何が交換されたか分かりやすいけど、結局、廃棄するのには変わりはないけど。。。
・外装損傷(外装品) キャビマエASSY(500)
・レンズ不良(撮像素子部) CD-847マウント基盤
・外装損傷(外装品) USB蓋ベース(500)
・外装損傷(外装品) STアルミカバーASSY(500)

返却された箱を開けると、こんな感じに配送時の元の箱とバッテリーが本体から外されて付属品として個別包装されていました。後はもろもろ保証書なんかと修理内容の証明書関係。そして、おまけのクリーニングクロスが添付。

本体の箱を開けると、ピンクの梱包材に包まれて本体が入っていました。本体は、真空パックされて埃などが入らないようになっていました。

全部が交換されたわけではないので、裏面の液晶パネルは元の状態です。それ以外の全面パネルが交換されたので、このあたりは新品同様になりました。ただ、全面の青いZEISSシールは張り替えているようで、剥がした時の捲れ癖がついていたのが残念ポイントでしょうか。

バッテリーとSDカードを装填して、電源を入れて使ってみると、買った時よりも確かに綺麗に写せる気がする。撮影素子が新品になったからか、何かしらの対策品に交換されたからなのか・・・

後は故障時にはポップアップしなかった、フラッシュもちゃんとポップアップするようになることを確認できました。

まあ、修理代金は高かったけど、これと同様のコンデジはこの価格では手に入らないのと、気にいっていて長く使えそうなんで、このタイミングで修理したのは良かったかな。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29520

高崎自然の森へ

車が綺麗になったんで、手頃な撮影スポットということで、高崎自然の森へドライブがてら行きました。

今の季節だと、新緑いっぱいともみじや竹林がいい感じになっているんで、その辺りで撮影してみることに。

天気はぴーかんで暑いですが、公園内にはあまり人はいません。車は結構停まってはいたけど、公園自体かなり広いこともあって、静かでいい感じでした。

一番奥側が空いていたんで、一番特等席に駐車。

公園内では、もみじが綺麗に紅葉している種類のものもあったり、竹林を散策するだけでも結構涼しく感じて、なかなか気持ちの良い散歩が出来ました。

ちょい柵が邪魔だけど、竹林の前にて記念撮影。もうちょい、いい感じに写真が撮れればいいんだけど、広角レンズがあればなぁと、こういう時は思ってしまいます。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=27969

SONY DSC-RX100を購入

お気に入りだったCanon PowerShot S95ですが、とうとう電源ONした時にレンズが引っかかってエラーが出てしまいました。

色々、叩いたりひっぱたりとしましたがレンズエラーが解消されることが無さそうだったんで、流石に購入してから大分経つこともあって寿命かと断念することに。

とりあえず無くても、ミラーレスのα6000があるからいいかな?と思ったけど、実際に外出先に持ち出すには、やっぱり、少しだけ大きいんですよね~
ポケットに入らないのは致命的で、気軽に外で写真が撮れないのは、やっぱり不便だな~と。とはいえ、お金は無いんで3万円台で長く使えそうなコンデジを物色しました。

コンデジの中で、実際に店舗で触ってみたり重さや大きさを確認してみると、CanonのPowerShot G9 X Mark IIが一番触った感じが良かった。でも、価格が手が出ない。次点で価格.comに未だ人気な機種のSONYのサイバーショット DSC-RX100です。こちらであれば3万円台ということもあり、手が出せます。しかも、5年前の機種にも関わらず普段使いでのスナップショット程度であれば、これに勝る機種は無さそうってことで買うことを決めました。一緒に合わせてmicroSDXCカードも購入しました。ギリギリ4万円以内ですね。ちょっと、思ったよりも無駄使いしてしまったけど、まあ、長く使えればいいか・・・と自分を納得させました。

・サイバーショット DSC-RX100 35,800円
・東芝 EXCERIA microSDXC 64GB 90MB/s UHS-I 4K U3対応 THN-M302R0640C2 3,050円

カード支払い可能なネットショップで購入。ポチって数日ですぐに商品は配送されるが、なかなか、配送時間帯に自宅に居れなくて手元に届かない日が続きましたが、ようやく手元に届きました。

箱を開けて中身を確認。PowerShot S95と比べると、厚みが少し増え、重さも少し重いけど、ギリギリ持ち歩くのに邪魔じゃないサイズ感。レンズ部分が少し出っ張っているんで、ポッケに仕舞う時に引っかかるのが気になるところか・・・レンズ部分の出っ張りがS95とくらべて若干出っ張っているんで、そこが引っかかるんですよね。

ネットではプログラムモードで気軽に撮るがよろし!と紹介されていたんで、今後はそれでパシパシ!と写真を撮っていこうと思います。

α6000との使い分けとしては、そちらはマクロレンズを基本にして撮影する時に利用し、広角で画角だけ気にして気軽に撮影するときは、持ち運べるRX100を基本に使い分けようかと思っています。

壊れたS95とRX100を比較。こうやって比較するとそんなに変わらないサイズ感ですね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=27803

α6000のファームウエアアップデートver3.20へ

久しぶりにmyソニーへログインしてみたら、ファームウエアが上がっていたことに気が付きました。

そんなこともあり、久しぶりにバージョンアップを行いました。

手順は以下のように実施しました。

手順実施後、再度、実行してみてバージョンを確認しました。バージョン3.20になっていますね。理由は分からないけど、ファームウエアってバージョンアップすると、何となく気持ちが良くなる。

思った以上にファームウエアのバージョンアップが行われるんで、半年に一回は確認しないとダメですね。後、PlayMemories Homeもちゃんと起動してあげないとダメですね。。。お知らせとか、ちゃんと見とかないと。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=27663

Furbo(ファーボ)設置で遠隔わんわんふれあい

かみさんが今年のクリスマスプレゼントとして欲したので、タイミング良くAmazonでタイムセールしてたこともあり、クリスマスには早いのですが、早速ポチって購入しました。

・Furbo おやつが飛び出すドッグカメラ 19,800円也

ネットでは良さそうなこと(ここ肝心!)しか記載されていなく、具体的に知りたいことが記載されていなかったんで、個人的にはどうなんだろう?って思っていました。

かみさんの要件は、以下の通り。
・外出先からスマホでわんこを見たい
・外出先からスマホでわんことコミュニケーション(声をかける・わんこの声が聞こえる・吠えている状況が分かる・おやつを遠隔であげたい)したい
・スマホから写真を撮りたい
・動画を録画したい(スマホで都度記録したい・常時記録して後で動画を確認したい)
・カメラアングルを自分で変更したい

これらの事の半分以上は購入前に分かったけど、細かい動作仕様の微妙な仕様が、はっきりとは分かりません。

まあ、そんな感じではあったけど、最初に記載した通り良さそうなことが記載されていたんで、かみさんは欲しいということで購入に踏み切ったわけです。

箱を開けると、シンプルにこんな感じに梱包されています。付属物は本当に少なくて、電源ケーブルとなるUSBケーブルとペラマニュアル1枚のみでした。

カメラ部分は固定ですが、広角ワイドなレンズと、その上下にスピーカーとマイクかな?マイクの感度はそこそこ良く拾っていました。
上蓋はインテリアとして、お洒落な見栄えになる竹の蓋となっています。白い筐体にはとても合っていて、どこに置いてもインテリアを損なわなさそうです。蓋自体、結構な厚みがあって、わんこが悪戯しても壊されなさそうな4cm程の厚み(一番厚みがあるところで)がありました。
おやつを入れる場所は結構深くて大きいです。結構な量が入ります。仕様にもあるようにおやつは1cm程以下のものしか入りませんので、詰まらせないように使う為にも注意が必要ですね。ボロボロとかけない少し硬めのおやつが良さそうです。

早速、面倒ながらもセットアップを行います。まずは電源ケーブルを取り付けます。電源ボタンなんか無いんで、ケーブルを繋げると、即時に起動開始されます。最初は紫色のランプですが、起動完了すると緑色に変わります。基本的に本体側で行うセットアップ作業はこれだけです。

ランプが緑に変わってからはスマホのアプリで作業します。スマホのFurboアプリを起動すると、bluetoothでFurboと接続されます。なので、初期設定時は本体の近くで作業する必要がありました。

事前に作成しておいたかみさんと共通のフリーメールアドレスを設定登録しました。
次にWiFi接続設定が行われます。その為、自宅のWiFiルータでアクセス制御(MACアドレス制御)している場合には、少し面倒な感じとなります。なぜかというと、梱包された箱や本体にMACアドレスの記載がどこにもないので、事前に登録することが出来ない為です。その為、一旦、アクセス制御を解除して、接続前と接続後のアクセル一覧からMACアドレス情報を調べて、アクセス制御に追加するということをしてから以下のWiFi接続設定作業を行う必要を繰り返し実施する必要があります。

ルータ側の設定を終えた後は、普通に該当のWiFiのアクセスポイントを選択し、パスワードを入力するとFurboのネットワーク設定が始まります。この設定には3分程かかります。スマホの画面のサークルがプログレスバーになっているんで、一周するまで気長に待ちます。

Furboの設定中は本体側のランプが紫色に変わります。設定が完了したとスマホに表示されると本体側のランプが黄色に変わります。基本的にはWiFiに接続さえ出来れば、設定で嵌るところは無さそうです。


設定中 → 設定完了

設定が完了し、画面の開始ボタンをクリックすると、すぐに画面に画像が表示されます。また、最初の一発目は練習も兼ねるのか、おやつの操作が始まるので、そのタイミングで実施する場合は、事前におやつを入れておきましょう。

おやつを出さないのであれば、仕方がないのでおやつを出す操作をスマホから実施すると、音と共に画面におやつが飛び出る映像が出て、通常の画面になります。

我が家で設置した例はこんな感じです。普段、わんこが寝ている羽毛布団の所が映るように設置しました。ここに設置すると見え方はこんな感じってことです。

映像はとても綺麗です。くっきりはっきりとした映像です。デフォルトではWiFi時のみ高画質モード(720p)でとなっているようで、設定で常時と必要なしに切り替え可能です。

動画なんで、わんこが動いていてもブレたりしないです。宅内のWiFiであればパケット代とかも気にならないから、わんこの居る場所が離れていたら、スマホのアプリを起動して眺めていても楽しいかもしれませんね。

ナイトビジョンが標準で自動になっているんで、暗くなってどのくらいの映像で見えるかは夜確認したいと思います。

スマホからの音声は、WiFiであっても少し遅延します。なので、インターネット経由では、かなりの遅延が発生するのでは?と思われますが、実用上、遅延問題は問題ではないなという個人的には思っています。

おやつコールですが、デフォルト音の他に自分で録音(6秒以内)した音声で再生出来るようです。なので、これは飼い主の音声でいつものおやつを挙げるコマンドを使ったほうが良さそうでした。

タイムゾーンがデフォルトが「チタ」となっているんで、「東京、日本」へ変更が必要でした。

WiFi接続ですが、電子レンジ使うとスマホの上部に「接続が不安定です」みたいなメッセージが表示されます。2.4Gで接続しているからなんで、5Gで設定したほうがいいかもしれない。我が家はもう面倒くさいんで諦める。再接続の方法は画面タッチで簡単。

かみさんが当初思っていたのと違う部分としては、動画撮影でしょうか。。。
私も最初は本体内部にメモリが入っていて、何時間か常時録画されているように動いていて、後でスマホで接続して再生出来るのかと思っていましたが、そんなことは出来ませんでした。動画録画も写真撮影と同様にスマホ側で録画する機能があるだけでした。Androidスマホは外部メモリを入れられる場合が多いので、メモリ不足もある程度解消できますが、iPhoneはそうはいかないので内部メモリが多いタイプでないと動画録画は厳しいかもしれませんね。

まあ、それでもとりあえずは気に入ってくれたみたいです。よかった、よかった!

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=26698

α用Eマウント マクロレンズSEL30M35

以前から近接撮影する時にマクロレンズが欲しいなあ~とは思いつつも、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

SONY製以外の他メーカーのマクロレンズなんかも検討しては見たものの、やっぱり、純正品がいいかなと。

ヨドバシカメラのポイントがある程度貯まってきたんで、これを気にヨドバシカメラで購入しました。

購入したのは、
・SEL30M35 E 30mm F3.5 Macro 21,378円也
ファストハイブリッドAFに対応
20160805001

購入時の標準レンズと比較すると、大きさは倍くらい違うか。重さは持った感じは、マクロレンズも標準レンズも同じくらいかな。写真で見るとマクロレンズの黒い箇所はカバーなんだけど、一応、取り外しも出来る。
20160805002

実際、使ってみると近接撮影で近くに寄れるのは使い勝手が良い。マクロレンズはやっぱり使い勝手がいいかな。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=25382

α6000ファームウエアバージョンアップver3.10

PlayMemoriesのお知らせに、α6000のファームウエアバージョンアップのお知らせがあったんで、早速、バージョンアップしました。バージョンは3.10。

早速、サイトからバージョンアップのアプリをダウンロードしてきて実行しました。

[アップデート開始日]
2016年3月17日
[アップデート内容]
ソニーの新レンズ性能を引き出す本体アップデート(2016年より新発売のレンズ)
※今後発売されるレンズシステムの性能を引き出すために、この機会のアップデートを推奨します。
※新たなアップデートを公開した場合は最新バージョンに更新されます。
※本アップデートは、上記の対象機種で過去に実施したアップデート内容も含んでおります。
※アップデートが完了するとカメラ本体が自動で再起動します。再起動には数分かかる場合がありますが、カメラの電源を入れたまま液晶画面が表示されるまでお待ちください。

1.
20160409008

2.
20160409007

3.
20160409006

4.
なぜか、途中でエラー発生。カメラのほうも画面まっくらで停止してしまいました。仕方がないんで、記載通りに一旦パソコンから外して、再接続して再実行しました。
20160409005

5.
そしたら、うまく更新処理が実施されて、カメラのほうもファームウエアが正常にバージョンアップされました。
20160409004

6.
20160409003

7.
20160409002

8.
カメラ側にて、バージョン情報を確認して、ver.2.00からver3.10になっていることを確認しました。
20160409001

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=24118

カメラ固定装置

コンデジの有効利用のため、車に固定して動画撮影出来る仕組みを検討しました。

クリップ式のカメラ台は、かなり前に購入してたのですが、このクリップ台を挟む場所が無いこと。そして、挟む場所を見つけても、振動で結構ビビル感じの動画になって、見苦しいこともあり、これらの問題を解決すべく、色々と工夫してみることに。

振動対策としては、衝撃吸収シートを利用することに。

・ACTIKA(アクティカ) 衝撃吸収シート 290×300×3(mm) 1180円也

ちょっと高いけど、他の用途にも使えそうだったんで購入。
20151023001

こちらのシートを挟む箇所の形に切り取って、両面テープで貼り付けしました。3mm厚なんで、ちょっと薄いかも?と思い、2枚重ねで貼り付けして、合計6mm厚にしました。これでどれだけ振動吸収してくれるかは未知数でしたが、素の状態に較べて挟む箇所をやさしく包むような感じになるんで、傷防止にも効果があるかも?!と、自身を納得させました。
20151023002

で、実際挟んでみてみることに。

以前はコンソールパネルの左側に設置してみたのですが、車を動かした時に視界を妨げることが判明。当たり前すぎて笑ってしまうけど、その時は、一番動画撮影する場所としてのベスト位置しか気にしてなかったんで気がつきませんでした。

それを右側にすることでも、撮影上問題ないことが分かったので、設置場所は右側にすることにしました。しかも、右手で動画撮影開始させやすい操作性も右側のほうがよかったんで結果オーライって感じ。

20151023003
視界の邪魔
20151023004
視界的に問題ない

パネルの裏側もソフトに挟み込んでいて、これならば振動にも耐えられそうかな?と。そして、外からの見た目は、右側の写真のようになっていて、なんとなくカッコいい。。。

20151023005 20151023006

このクリップであれば、車種が変わっても使いまわすことが可能かなと勝手に思っています。

後は、コンデジのメモリが4GBだったんで、この容量だと30分くらいしか動画撮影できずに素材的に不足することが分かっていたんで、思い切って64GBのmicroSDを購入してセットしました。

64GBあれば、フルHDで10時間も録画出来るんで、容量的に不足を感じることは無いでしょう。

メモリカードは、小は大を兼ねるってことで、サイズは小さいほうが色々な用途に利用可能なので、microSDをチョイスした次第です。これに他のメモリカードに添付してたSD変換アダプターにセットして、CANONのS95に挿入して利用します。

20151023007 20151023008

この東芝のmicroSD 64GB [SD-C064GR7AR040ATOSHIBA]は、CLASS10/Ultra High SpeedフェーズI(UHS-I)に対応しており、しかも価格が激安の1980円也。

実際、Crystal Disk Markでベンチマークを実施してみた結果は以下の通り。ベンチマーク結果からすると、最大転送速度の40MB/sって数値が、なんなんだろう?って位に不思議な数値をたたき出してくれました。しかも、最後の4KBの書き込みテストは、いつまで経っても終了しなかったし・・・
20151023009

UHSクラス1の最低保障速度10MB/sはシーケンシャルreadでは上回っているけど、シーケンシャルwriteは10MB/sを下回っていて、微妙な感じでした。容量的に価格的には良かったけど、パフォーマンス的には微妙でした。

実際に利用してみて特に問題も無かったんで、良しとしよう!
普通にこのクラスのちゃんとしたやつだと1万円近い金額で売られているしね!

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=22695

大洗へ美味しいまぐろ丼の食ツアーへ

先日、お肉三昧だったんで、今日は美味しい魚でも食べたいな・・・と。

思い立って、気軽に行ける大洗へお出かけすることに。

家を10:30に出発。こんな時間に出発しても、丁度、お昼頃に現地に到着出来るのがいい。行きはちょっと贅沢に高速道路で現地へ行き、帰りはノンビリと一般道で帰ってくる計画で実行。

それと、今回はデジカメを助手席のサンバイザーに取り付けして動画を撮るのも試行。映す範囲は、この場所がベストであることは分かったけど、デジカメの操作と確認がしづらいのが難点だった。
やっぱり、ドライバー側の目に付く場所にうまく設置出来ないと駄目だな~というのが結論かな。それでも、助手席のシートに固定よりは運転手が映らないのは良かったけど。。。

最後に今回の総括動画を掲載しています。これは、Movie Makerの使い方の勉強と慣れるためにも、ここ最近のマイブームです。

20151012001 20151012002

常磐自動車は渋滞も無く、ノンビリと走っても1時間30分で予定通り現地へ到着できました。ただ、駐車場は車で一杯。しかも、結構、ならんで待っています。
20151012003

到着したお店は、大洗の悠久。この辺りは左折する信号機のところにも、有名なお店が2件程あったりするんで、機会があれば試してみたいですね。

11:50に並び始め、店内に入るまで約1時間程度。そして座ってから注文が届くまで、まるまる1時間程度かかりました。平日にまったりと来るのが良さそうです。

注文したのは、事前にネットで調査しておいた、
・マグロ丼 1,540円也(税込み)

20151012004 20151012005

マグロの赤身がてんこ盛り、上にはぶつ切りにされた中落ち。中トロが2~3枚。中トロっていうよりは大トロと言っても良い部位が2枚と、かなりのボリュームがあり、食べ応えがありました。ご飯のボリュームも丁度良い加減で、最後まで美味しく食べれました。
また、来たいですね。待たなくても良い日にでも(^^;

15分程度でペロッと食べ終えてしまったんで、13:17にはお店を出発。

帰りは51号線を利用して、霞ヶ浦を横切って、つくばへ抜けて守谷へ戻る経路です。
20151012008

15:00には、行きなれたつくばへ到着したこともあり、マックカフェでお茶してから帰ることに。一息つけました。

20151012006 20151012007

総括動画はこちら。6~7分程度にうまく収めるのって結構難しい。1曲分で纏めるには短すぎてなんだか分からなくなってしまうんで、個人的には2曲が冗長過ぎずに長さ的に丁度良いかな?と勝手に思っています。

Movie Makerで、上下逆さまに録画された動画を、ミラー機能を使って、上下反転と左右反転をすることで、正常な見え方に簡単に出来ました。今回の動画編集で勉強になったのは、そこだった。この動画編集には2時間近くかかった。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=22628