Category: 洗車&コーティング

梅雨の合間の洗車

梅雨ということで洗車しても、すぐに汚れることから、汚くても今まで我慢していましたが、雨降った後に天気が良くなり、その間もかみさんが通勤で利用することで、炎天下の中で水滴が熱せられてしまい、その影響でポツポツとイオンデポジットが出来て、ボディ全体にポツポツが発生してしまいました。。。

流石にこのまま放置するのはとても気持ちが悪いので、天気が悪くなるのを承知で、一旦、このポツポツの状況をリセットすることにしました。

とはいえ、明日も雨が降るのが確定しているにに、本格的に洗車しても疲れるだけなので、高圧洗浄機でボディの汚れを落として、そのまま拭き取りを実施し、その後にイオンデポジットを落とすために、なんか良く分からないボディスプレーを吹きかけて乾拭きしました。

楽々ワックス関係があったと思っていたけど、どうやら使い切っていて、何も無いことに気が付かされました。今度、カーショップ行って何か見繕わないといけない状況です。

安くて、施工が楽ちんで、防汚性能が高いコーティング剤があればいいんだけどなあ。艶とか光沢とかは、梅雨の時期は二の次で、防汚性能がとびぬけて高い製品があると良いのだけど。。。

30分程の洗車で作業完了としました。それでも、かなり綺麗になったので、雨の日でもたまに洗車しないと駄目そうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=33116

久しぶりに簡単洗車

大分汚れてきたんで、久しぶりに洗車しました。

とはいで、天気が悪くなる日が多いので、気合い入れて洗車してもすぐに汚れるので、とりあえず綺麗に見えれば十分です。

もう、黄砂やPM2.5などが酷く、ボディに薄っすらと黄色くなっています。

高圧洗浄機でボディに付着したゴミを吹き飛ばして、シャンプー洗車で綺麗にしていきます。

倉庫に寝てたシュアラスターのシャンプーを使って、高圧洗浄機で大まかに汚れを落とした後、シャンプー洗車しました。仕上げにブロアーで隙間の水滴を吹き飛ばして、仕上げ拭きして作業終了。

久しぶりにピカピカになったマイカーを見ましたね。。。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=33050

暫く天気が続くようなので洗車とコーティング

ようやく春らしくいい感じの天候になりそうです。気温も23℃近くと過ごしやすい気温です。天気予報でも暫く雨は降らないということで、それを信じて綺麗に洗車することにしました。今回はコーティングも全体に実施します。

今現在もそれ程は汚れてはいないです。この間の大雨で汚れが気持ち落ちた感じで薄っすらと汚れが付着している感じです。

いつものコースを開始。まずは、高圧洗浄機でボディ全体を一度吹き付けて洗い流す。

その後、シャンプー洗車。ボディ全体を泡を使って汚れを落とす。

再度、高圧洗浄機でシャンプーを綺麗に洗い流した後、濡れたままコーティング剤(Risuron モリスWAX5000FSUVC)を布に吹き付けて拭き上げながら塗布。

全体の水滴が取れたならば、コーティング剤の塗布も終了。隙間の水滴をブロアーを使って水気を吹き飛ばします。吹き飛ばしながらコーティング剤の斑を拭き上げて無くしていきます。

ドアを全開にして、隙間の水滴を拭き上げ。内装も濡れ雑巾で拭き上げて埃を取り除き。

最後はボディ全体を乾拭き。乾拭きすることで、余分なコーティング剤の斑が無くなり、スベスベになります。

ここまでするとやっぱり1時間30分コースですね。在宅勤務で体をあまり動かさないこともあって、気分爽快。車も綺麗になって気持ちいいですね。

パンク修理キットも穴に突っ込むタイプの簡易補修キットをラゲッジ内に搭載しました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32898

雨が降るのに洗車

かみさんが雨の日に車を使ったせいで、かなり汚くなっていて、初心者マークが汚れで目立っていたこともあって、仕方が無く洗車することに。

軽く洗車するつもりだったけど、結局、シャンプー洗車して1時間程かかりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32835

週末天気悪くなるっていうのに洗車実施

どうしても汚いのが我慢出来ず・・・

軽くではあるけど、洗車することにしました。ボンネットはこんな感じなので、まあ、遠目で見れば気にならないくらい。しかし、リア周りはかなり汚かった。

高圧洗浄機を取り出し、これで綺麗に洗車しました。布巾で擦らなくても今回は高圧洗浄機だけでも汚れは落ちてくれました。

拭き上げは、軽く布巾である程度拭き取ってから、隙間の水滴を吹き飛ばすため、ブロアーで仕上げです。細かい水滴を吹き飛ばし、これらを綺麗に拭き上げてから、乾拭きしました。シリコンオイルを塗布してあるせいか、水拭きだけだとなんかオイルっぽいのが見えてしまうためです。乾拭きすることで、この滲みみたいなオイルみたいな染みが消えてなくなります。しかし、ブロアーが壊れてしまいました。スイッチが入りっぱなしになってしまいました。とりあえず、電源ON出来ているので、もう少し我慢して使うことに。

ドアを全て全開して、隙間の水滴も拭き上げて作業終了です。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32778

洗車で小奇麗に

ホイール交換した際に、車が汚れていたんで、天気が悪くなることは知っていても洗車することにしました。

久しぶりに高圧洗浄機を使ってボディ全体を綺麗にしました。そのついでに家の外壁やガレージ前のタイルを綺麗にしたりして、そんなこともあって結構時間がかかりました。

高圧洗浄機だけでは、ボディに付着した汚れが落ちないんで、モップ雑巾でボディ全体を拭き上げて汚れを落とします。

軽く拭き上げした後、ブロアーで細かい水滴を吹き飛ばしてから、仕上げの拭き上げを実施して作業終了。ただ、それだけでは全ての水滴は落とせないから、ドアやゲートを開けて拭き上げ。

ピカピカになりました。やっぱり、綺麗が気持ちいいね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32735

またまた、軽く拭き掃除とシリコンオイルでコーティング

1週間の間に頻繁に雨の日があって、中々、週末まで車を綺麗に保てませんね。。。

3月も初めから、また、天気が悪くなるっていうけど、微妙に汚いままが気になるので、軽く綺麗に拭き上げて汚れを落としました。

折角なんで明日以降、天気が悪くなっても軽く洗車すれば良いようにシリコンオイルでコーティングを実施しました。これで大分、汚くなっても簡単に汚れが落としやすくなりますね。

シリコンオイルを塗布したことで、黒い箇所は真っ黒に引き締まるんで、タイヤも含めて綺麗になりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32637

軽く拭き掃除

風雨で薄っすらと埃が乗っかっていたので、軽くボディを濡れ雑巾で拭き上げました。

埃で傷がつかない様に、しっかりと水分を含ませて全体を一回拭き上げてから、仕上げで硬く絞った布巾で拭き上げて終了。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32622

大分汚かったので洗車しちゃいました

雪降ったせいで、大分、リア周りが汚くなってしまい、リアカメラの認識がし辛かったこともあって、軽く洗車しちゃいました。

しかし、この間購入したゴム手袋。メッチャいいです。水仕事しても、まったく手が悴むこともないので、洗車も楽ちんですね。

今週も天気悪いということなので、いつものブロアー使ったりの仕上げではなく、拭き取りも軽く行うだけど、隅々実施はしませんでした。それでも、ピカピカになると気持ちいいもんです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32516

エンジンルームとボンネット裏清掃

今日は雨が降っていることもあり、久しぶりにボンネットを開けてみました。

流石に数年ぶりだからか、薄っすらと埃で白くなっていました。去年、車検でしたが車検時ってボンネット開けないんでしょうかね?車検から戻って来た時にボンネットを開けなかったんで、清掃されてきたかは半だ出来ないけど。

早速、濡れた布巾で埃を拭き取ります。それだけでも、かなり綺麗にはなったけど、黒い所を真っ黒くしたほうが見栄えが大分変るから、シリコンオイルで全体を拭き上げていきました。

今月、1年点検月でもあるんだけど、電話でいくらかかるかディラーに問い合わせしたら、点検作業だけで3万円だそうだ。それにオイル交換作業が追加されると、約5万くらいかかりそうだったんで、今年はオイル交換とオイルフィルター交換はDIYで行おうと決めました。そんなこともあり、オイルフィルターの場所を確認すると、エンジンルーム内の奥側にあり、作業性が非常に悪い場所にあることが分かりました。

エンジンカバーも元通りに嵌め込み、ボンネット裏も拭き取りして綺麗にしました。

今度はオイルフィルターを外す準備をしないと。レンチで取り出せそうだけど、周りのケーブルやパイプ類を避ける為の作業など、事前に調査が必要そうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32503