Category: 工具とカーグッズ

DIY工具を買い揃える

特別給付金が出たので、自宅でDIY時にあると便利な工具を買い揃えることにしました。

買い揃えるにあたって、必要だと思った工具は電動丸のこ、トリマー、ベルトサンダー、ノミ、タッカー、コードレスインパクトドライバー、スコヤ、ハンマー、ゴムハンマー、バール、トロ船、ポストホールディガーあたり。

これらをどのメーカーのどのような機種や製品にすべきか、かなり悩みました。電化工具については多分壊れない限りは死ぬまで使うでしょうし。DIY初心者の自分にあった製品でかつ使い勝手の良い物でないといけないし・・・と。

一番の大物達は、「丸のこ」「トリマー」「ベルトサンダー」「コードレスインパクトドライバー」ですね。これらが揃うととりあえず木工作業時に困らない感じになります。後は比較的に付属品というか無いと困るけど、買い替えが必要になるかもしれない工具って位置づけですね。

AmazonやmonotaroやYouTubeなどネットで色々と評価コメントなどを参考にしつつ、ベンダー機種選定しました。気持的にはハイコーキで揃えたかったけど、なんだかんだでバラバラになってしまいました。まあ、コードレス工具は今のところインパクトドライバーのみなので、バッテリーの流用などを気にしなくても良いのと、庭の作業場所で電源の引き回しも特段困らないこともあって、全てコードレス化する必要も無かったことと、価格的に手が出ないという理由が大きかったです。

で、購入した製品は以下の通り。
・HiKOKIコードレスインパクトドライバ FWH14DGL(2LEGK) 14,806円
・makita電子丸ノコ 165mm HS6303+ダストノズル 27,361円
・SK11木工用チップソー くろ フッ素レーザー 165mm 165X72P 2,397円
・makitaトリマー M373 10,420円 ※品切れでまだ届いていない
・Tacklifeベルトサンダー PSFS1A 7,499円

大きな工具については総額62,483円(消費税込み)となりました。中々の金額ですね。給付金が出なければ絶対ここまで買い揃えることは無かったでしょう。

一番の大物であり、木工DIYの中心となる丸のこ選びはかなり悩みました。コストをかけなかったらHiKOKIのFC6MA3かmakitaのM565かな?と思っていました。どれも1万円前後で購入可能な入門機ですね。どちらも価格的に魅力的だったのですが、持った感じのバランスの良さはFC6MA3が良かったので、ほぼこちらを買うか~と思っていたんだけど、Amazonなどネット上ではどこも品切れ状態だったりして買う気が削がれてしまい選択から外しました。どちらもアタリとハズレがあるようで外れた時にショックが大きそうなのも止めた理由です。後はどうせならば切断時に何回も切る作業をしたくないなと思い190mmタイプも検討したんですが、実際、持つと結構重いんですよね。しかも、実際に切断出来る深さも大きさの割にそれでも無いようだったんで、165mmタイプの比較的にメジャーサイズで、深切りタイプを選べば良いんじゃない?と考えを改めてから機種選定しなおしました。

すると、コードタイプで深切り機種ってそんなに種類も多く無く、価格的にも手が出る物ということで、当初のHiKOKIからmakitaのほうの機種に目がいくことが多く。HS6303をチョイスした次第です。これで66mmまで切断可能なこともあり、2×4材というかDIYで扱う木材であれば、基本的に一発で切断出来ると思われます。

実際、電源入れて刃を回してみましたが、とても静かです。しかも反動が全く無いのと、思ったよりも重心が良く持った感じのバランスも良かったです。安価なM565はイマイチだったんで、これは思いもよらず良い買い物だったと思いました。

チップソーは標準品はあまり切れない?とあるので、SK11のくろを追加で購入しました。


パーゴラを建てる上でほぞや溝などを作るのに、トリマーがあると便利とあったので買うことに決めたのですが、こちらは無難にmakitaの入門用にしました。他社製品でも結局同じくらいの価格であれば、makitaが無難だろうという次第です。丸のこをmakitaにしたのもあるので、基本的な工具はHiKOKIとmakitaで揃えるのが良いかな?と。


そんなことをいいつつも、ベルトサンダーはHiKOKIもmakitaも高くて手が出ないため、安価なTacklifeからPSFS1Aを選択しました。これは裏側にして固定することもできるし、意外と使い勝手が良さそうなこと。標準でベルトサンダーの予備が沢山入っていて買い足す物が無さそうだったのが選択の理由です。ネットでも使い勝手良い感じだったんで、まあ、無難かな~と。


コードレスインパクトドライバーは、振動ドルルと同じHiKOKI製のFWH14DGLを購入。こちらも、標準でバッテリー2個と充電器付きで、小さくて軽いというので選択した次第です。パワーも必要十分だし、パーゴラ作成時の高所時に活躍してくれることでしょう。

細かい所では、ほぞ穴を作る際にノミが必要なので、必要サイズ一式が入ったノミセット「EZARC6本組 のみセット木箱入れ6/10/12/16/20/25mm 5,880円」を購入。必要サイズが揃っているので、買い足すことも無いのと木箱に入っていて見た目が良かったのもこれを選択した理由です。

そして、最初に電動ドリルで穴を開けた後、綺麗に四角く抜くための角のみ 12.7mm(1/2インチ)の物「SK11 ドリル刃 角のみ 径1/2インチ(12.7mm) ほぞ穴あけ 四角の穴あけ用 1,293円」を買ったりしています。2×4材にほぞを開ける場合、38mmの1/3は約12.7mmということから、良く使うだろうサイズから買い揃えることにしました。

これで一通り工具が揃ったのだけど、今回の工具購入で10万近く使い切ってしまった為、肝心の木材が買えなくなってしまいました。。。
近所の材木屋さんから調達する予定だけど、3mや4mの杉の90角材を必要数購入するとなると、それだけで7万円近くかかりそうなので、まだ、作るのが先になりそうです。基礎の束石なども合わせて揃えると15万位用意しないと材料が足りない!となりそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=33054

コードレスインパクトドライバを購入

今後、本格的なDIYでの作業を行う上で、今までの電源コード付きドライバでは取り回しがしにくいこともあったこともあって、コードレスタイプのインパクトドライバを購入することにしました。

ネットで色々と物色した結果、HiKOKIのFWH14DGLという製品にしました。1.3Ah Li-ion電池が2つ標準で付いていることもあって、予備バッテリーを追加購入しなくても良さそうだったこと。質量1.3kgと比較的に軽量なこと。1.3~5.0Ahまで選べる電池を取り付け可能なので、将来的にも不安が無さそうかなと。ケースも付属しているので、仕舞う時も便利です。

・HiKOKIコードレスインパクトドライバ FWH14DGL(2LEGK) 14,806円也

DIY工具シリーズですが、まあ、必要十分な性能だと思うし、マキタとかのは当たりはずれが大きいようなので、HiKOKIシリーズで今後も工具を揃えていこうかな?と。

ケースには、本体+バッテリーと充電器と予備バッテリーが1つ入っていました。ケースもコンパクトだし、迷うことなく簡単に仕舞えるようになっているのも便利そうです。

実際、ガレージ脇の小屋を解体する時に利用しましたが、パワーはあるし回転も速いので、自分には持て余し気味な感じです。使い慣れるように頑張らないと。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32981

ガレージミラーを設置と移動

かみさんが、ミラーが分かり辛いということで、違うミラーを取り付けすることにしました。

ミラーを取り付けるにあたって、ツルが邪魔だったので、まずはこれらを取り除きました。まあ、これが大変なこと。。。電動ノコギリで壁に引っ付いているのを切り刻んでいき、取り除いていきました。

取り除いたツルを燃えるゴミ袋に入れていくと、全部で6袋分にもなりました。スリットが見えるようになり、左側からの動向も分かりやすくなりました。

最終的には、細かい葉っぱなども箒で履いて綺麗に掃除して終了。

今度は、塀にミラーを取り付けするのに、以前の挟み込むようにするのではなく、直接、ネジで固定することにしました。その為、コンクリ用のネジと下穴を開ける為のドリルを購入してきて、固定箇所に下穴を開けました。

今回はエーモンのミラーを購入しました。
・エーモン 安全計画 ガレージミラー(丸型) 曲面率2000R 約φ350 3,593円

附属品の固定具をネジで固定します。固定具にこの大き目のミラーを取り付けします。2000Rは少しサイズが大きかったので、1000Rのほうが良かったかもしれない。とは言え、車に乗ってミラーを見てみると前のミラーよりも見やすくなったので目的は達成できました。

で、元々付けてたほうを右側の塀に取り付けして、反対側からの動向も見えるように設置。これで左右の確認をすることが出来るようになりました。まあ、スリットが空いたんで、左側からの動向は分かりやすくはなりましたが。

安全に対してはケチっても仕方がないので、このくらいの費用は仕方がないとはいえ、なんだかんだで5000円程かかりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31643

純正タッチアップペンで補修

ボンネットの飛び石傷を修復するために、純正タッチアップペンを購入しました。

・BMW タッチアップペイント 335 エストリルブルー メタリック 2,608円也

右側周辺のポチポチ傷の白くなった塗装ハゲを確認します。

タッチアップで補修する前に、プラサフで塗面を吹き付け、汚れなどを取り除きます。

爪楊枝で少量を掬い取り、傷の凹みに塗料を乗せていきます。乾いたら、再度、塗料が凹むので、その都度、爪楊枝で塗料を乗せていきますが、今回はまず一回目ということで、一晩放置です。

続きは明日実施。それでも、1m離れれば分からなくなりました。傷の凹みが塗料で無くなって盛り上がってくるまで塗料を乗せたら、研磨してコンパウンドで磨いて仕上げします。

クリアも付属しているので、最後、クリアも爪楊枝で乗せたら綺麗に仕上がるかな?

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31161

スタッドレスからノーマルタイヤへ履き替え

ようやく来週あたりから暖かくなるとのことなので、スタッドレスからノーマルタイヤへ履き替えすることに。たった、1週間ちょっとでしたが、スタッドレスタイヤは雪道で大変活躍してくれました。

早速、履き替えにあたり、工具一式を準備。

また、作業前にノーマルホイールも綺麗に洗ってからということで、裏側もブラシで綺麗にしつつ、タイヤワックスでタイヤを真っ黒に。足元を綺麗にしました。

履き替え前の準備が代わってから、ジャッキアップして入れ替えます。しかし、インパクトレンチが1本目終わって2本目に入るところで、火花が出て煙が・・・
そして、動かなくなってしまいました。
※どうやら、先にジャッキが壊れた影響で、インパクトレンチのトルクではパワーが足りずに焼き切れたっぽいです。もともと、PJ1はジャッキの動きが渋いようで、かなりの力を要していたんで、壊れなかったもの運が良かっただけのようでした。。。

仕方が無いのでレンチを使って手動で上げ下げ。楽ちんだったジャッキアップ作業が体力勝負になり、かなり体に応えました。。。
しかし、ジャッキ自体も動きが渋くなってきて、回すのにかなり力を入れないと回らなくなってしまいました。こちらも、もう駄目そうです。

最後を交換し終わる頃には汗だくになってしまいました。とはいえ、綺麗にしたホイールに交換し、足元が綺麗になるといいもんですね。疲れも吹っ飛びます。

しかし、ジャッキとインパクトレンチは買い替えないと!流石に、頻繁に作業しないので、まだ、買わなくてもいいかな?と思いつつも、安いタイミングで買い揃えようと思います。


・KTC パンタグラフジャッキ PJ-1 3,409円
(2013/8購入)

・新興製作所 ACインパクトレンチ SIW-127 5,446円
(2015/6購入)

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31156

台風後の洗車とポリシングで小傷消し

台風24号の影響で、かなり汚くなってしまいました。本来ならば週末来る台風25号が来るために、強風と雨がある予定だったけど、実際には関東への影響は無くなった為、3連休の初日は1日かけて車を全体的に社内も含めて一気に綺麗にすることにしました。

今回は高圧洗浄機を使って、一旦、ボディ全体に付着した汚れを吹き飛ばし。その後、JOYを使ってシャンプー洗車を実施してから、再度、高圧洗浄機で汚れを落としました。

水滴がついたまま、ワックスを吹きつけてボディ全体をワックス掛け。

ワックス後、ボディ全体を軽く拭き上げてから、ブロアーで水滴を吹き飛ばし。ブロアーを使うと隙間から水滴が出てくるから、水滴が無くなるまで拭き上げを行います。

ドアを全部開けて全ての水滴を取り除き後、掃除機で車内の汚れを取り除き。やっぱり、雨の日に乗っている為か、車内も結構埃や泥が沢山残っていました。

リアバンパー右側を見ると、細かい擦り傷があって、角度を変えると結構目立つ傷だったんで、ポリッシャーでポリシングを行うことにしました。折角なんでボンネットもポリシングして細かい小傷は無くすことに。

で、早速、以前購入しておいたスポンジを付けてポリシングしたら、スポンジと取り付け箇所が分離してしまい、その時にガツっ!と傷をつけてしまいました。。。
簡単にコンパウンド(3M ダイナマイトカット)で擦ってみましたが、やっぱり、結構やってしまったようで傷が消えませんでした。。。(><

そんなこともあって、バフが無いからアストロプロダクトまで自転車でひとっ走りして買ってきました。で、3種類以下の物があれば大抵のことが出来ますね。


粗めバフ

中目スポンジ

極細仕上げ

粗めのバフを取り付けて、コンパウンドを少しだけつけて、ポリシング。久しぶりのシングルアクションポリッシャーなんで、少し慣れるまで暴れないようにポリシングするのに難儀しましたが、やっている内に慣れてきました。

やっぱり、シングルポリシングだと少し深めの傷も綺麗に無くなりました。

このまま、ボンネット側も粗めバフでポリシングを繰り返しました。粗めの後は中目に切り替えて、ダイナマイトカットでポリシング。このまま、水をかけて水磨きを繰り返しました。

最後の仕上げのごく細めに切り替えて、コンパウンドも仕上げ用の9800番でオーロラマークを含めて仕上げ磨きを実施。一旦、これで水洗いして拭き上げしました。
やっぱり、ポリシングしたボンネットはやっぱり違います。

で、この状態で水をボンネットにかけてみて水弾きの状態を確認すると、水はべたーっと吸い付くように張り付いたまま、綺麗に下側へ流れて消えていきます。
このままだと何もコーティングされていない状態なので、ワックスを再度吹きかけて拭き取り。その後、水をかけてみて水の流れを確認すると、水玉が出来てコロコロと流れるような状態へ変わりました。水滴の付着度合いはワックスをしないほうが良かった感じでしたけど。。。紫外線防止剤が入っているんで、塗装を傷めない為にということで納得して作業終了としました。

後は、全体的に最終仕上げの拭き上げを実施。今日は洗車でまる1日終わってしまいました。

作業の動画は以下の通り。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30539

ダボ穴ガイドとカンナ

オーディオラックを作るうえでダボガイド無しだと綺麗に板同士を接続出来ないため、やっぱり、ダボガイドは購入することにしました。また、板を綺麗に削るにはカンナが必要なので、カンナは近所のホームセンターで買うことに。

色々と探してみた結果、以下の製品を購入することにしました。

・MILESCRAFT 1362 ドリルブロック 1,580円
・千吉 二枚刃 小鉋(40mm x 150mm) 1,480円

ドリルブロックは、4mm,5mm,6mm,8mm,10mm,12mmとダボで利用するだろう穴のサイズを全て網羅しています。実際、6mmと8mmを利用してみましたが、利用することで面に対して垂直に穴が開けられました。やっぱり、ガイドがあると安心感が違いますね。

鉋は、板の幅を削るのに、ヤスリでチマチマとは出来ない1mmとかの微妙な削りだしが出来るのが助かります。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29921

タイヤ交換用ガイドバーM14xP1.25

BMW 118i(F20)のタイヤ交換作業時に、以前、BMW 325iツーリング(E91)のタイヤガイドバーを使ったんだけど、回して挿しても途中で止まってしまって、なんでなんだろう?と、よくよく調べてみると、ネジのピッチが異なっていたためでした。

結局、既に持っているガイドバー(M12xP1.5とM14xP1.5)の他にマウンテイルから輸入車用のガイドバーを購入することに。これでマウンテイル製のガイドバーは全種類制覇です。

・マウンテイル 輸入車用タイヤ交換用ガイドバー M14xP1.25 2,550円也

これで、BMWであれば全ての車種に対応可能になりました。

で、3種類もあるとどれがどれだか分からなくなるので、テプラでサイズのシールを作成して貼り付けしました。ホイールガイドへ穴を入れた時に擦れて剥がれなければいいのだけど・・・

これでタイヤ交換作業も捗りますね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29671

microSDカードお届けプランオービス&コンテンツデータダウンロード GWR70sd

オービス情報を年末なんで更新しようかと思っていたら、地図データと合わせてセールをしていたんで購入することにしました。オービスデータのみ更新は35日間限定プランで972円なんで、まあ、ギリギリ買っても良いか?!と思える絶妙な価格ではあった。

・microSDカードお届けプランオービス&コンテンツデータダウンロード GWR70sd 2,057円也

地図データが2016/12版(通常地図は2016年4月25日までに判明した2016年10月1日実施までの重要情報を反映しています。新規開通高速道路は2016年4月25日までに判明した2016年10月1日実施までの情報を反映しています。高速施設は2016年4月25日までに判明した2016年10月1日実施までの情報を反映しています。)に更新されました。この1年前の地図データは微妙な状態ではあるけど、第2東名とかは反映されたものだと思うのは大きい変化か。圏央道が反映されていればいいのだけど、2017/2/26が反映されないと古河から先のつくばまでは開通される前なので、そこが微妙なところですね。
GPSデータ(オービスデータ)は、2017/12までの最新が反映されたので、地図が無くてもデータで登録されていれば、通過前にある程度把握できるかもしれないけど。ここ最近はそんなに飛ばすこともなく、一番左側車線をのんびりと走ることが多くなったから、必要になることも少ないのは良いことか。

早速、届いたSDカードをレーダー探知機にセット。添付されてた説明書通りに実行しました。

特にデータ更新とかは無く、古いSDカードから新しい今回のSDカードへ差し替えれば作業終了でした。システム情報のコンテンツバージョンが、「10061712-」であることを確認し作業終了。

元のSDカードは、もう使えないそうです。まあ、これで暫くはまたレーダー探知機の寿命が延びました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29260

薪ストーブ導入と試験運用してみた

ガレージ小屋に薪ストーブがあったらかっこいいなあ~ということで、安価な小さい薪ストーブを購入しました。

購入したのは、
・ミニ薪ストーブ キャンプセット”チョッパー”(ステンレス煙突T笠) 20,500円
です。

薪ストーブの新保製作所のネット販売でポチったんだけど、11/22にポチって商品が届いたのが12/20と約1か月程かかりました。何やら今、薪ストーブが流行っているそうで、生産が間に合わないようです。この製品を選択したのは、殆どデザインのみで、薪ストーブについては素人で何も分からないこともあるんで、デザインと価格で決定した次第です。

届いた物を確認。本体の他に煙突が別途新聞紙にくるまれていて、本体の中にもいくつかパーツが入っていました。梱包を解いてパーツを全て出してみました。本体の大きさもネットの画面だけではイマイチ分からなかったけど、実際の大きさをみるに、丁度良いサイズかな。

足が延長できるようになっていて、追加の足を取り付けます。ボルトで簡単に取り付け出来るんで、持ち運びするときも、再組み立てが用意になっています。

早速、本体に煙突を組み立てていきます。組み立てが終わり、炉内の中を確認。中はそこそこ広いので長めの木も入れられそうです。

まずは、試運転。何か燃やせるものはないか・・と。梱包されてた新聞紙と家に転がっていたラティスの残骸を燃やしてためすことにしました。正面の1か所のみしか炎の状態が見えないけど、なんとなくユラユラしている火は眺めることが出来る感じです。

最初はチロチロと火が出ていたけど、その内に木に燃え移った後が大変だった。煙がこれでもか!とモクモクと火事のように充満し、ガレージ小屋に居ることが出来ない程の煙地獄に。。。

これだと近所迷惑だし、小屋の中でヒッソリと暖炉を囲んでお茶とか、夢のまた夢な状態となりました。後で調べると、良く乾燥した木でないと駄目なのと、短時間で炉内の温度を一気にあげるように火の管理をしないといけないということで、ちゃんとした薪を買ってきて試す必要がありそうです。

それでも煙もくもくだと、家では使えないということになり、2万円とはいえ結構痛い出費になりそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29235