Category: 物品調査

ナショナル水栓C48SKS1Aがポタポタと水漏れしだしてきました

新築してから10年経とうとしています。そろそろ我が家も色々な所で不具合が発生しだしてきました。その中でも、ここ最近はキッチンの水栓をしっかりと閉めても、水がポタポタと垂れるようなことが頻発しだしました。特に娘が使った後なんかは顕著で、しっかりと閉めないせいか、家に帰ってみると水が垂れていて、水道代が勿体ない事例が。。。(><

我が家の周りはパナホームなんで、他の家でも同じように10年経つので同様の事象が出始めていてもおかしく無いのですが。他はナショナル製のキッチンは入れなかったのかな~?町内会の時なんか、他の班長さんと話した時に、そういう話が出なかったのと、ご近所さんとのパナホーム批判みたいな、井戸端会議もかみさんはしていなかったようだったし。。。

仕方が無く、事象からマニュアルの記載を調べてみると、カートリッジが原因っぽいことが分かりました。かみさんにお願いして、マニュアルに記載のあるパナソニックのサポートセンターに連絡してカートリッジの品番を調べてみようとしたのですが分からず。ネットでも調べてみましたが、OEM製品らしく該当製品の元の型番を追うことが出来ませんでした。

そんなこともあって、休みの日に近所の水道屋さんに直接乗り込んで、カタログ持参で相談してみても、カートリッジの品番を教えてもらえないと作業出来ないというではないですけ。こっちは素人なんですけど・・・それも含めてなんとかするのがあなた達でしょ!と思いつつも、新しい水栓に交換するとしても定価販売プラス工賃8,640円と言われて、ここにお願いするのは止めることに(ꐦ°д°)

次に近所のジョイフルに相談しに移動して、そこで型番を言うとそこから該当のカートリッジの品番を調べて、現在も購入できるか調べてくれるということになりました。普通はこういう対応が当たり前だと思うんですけどね。で、結局、ジョイフルにお願いして分かったら連絡くれるように依頼しました。それが8/5の日曜日。

で、火曜までに連絡くれることになっていましたが、その間にこちらでも色々と型番をネットで調べてみたりして。すると、KVKのホームページから過去の品番を調べるページを見つけて、それだと思うOEM製品の元品番を割り出すことに成功しました。それが以下の画像です。

・品番 FB277GK8

これを見ると各パーツの品番が判明したんで、カートリッジの品番KPS027H-E ¥4,817をジョイフルへ行って手っ取り早く相談することにしました。

ジョイフルでもパナソニックへ問い合わせして、該当品番をFAXで送付してもらっていて、とりあえず、カートリッジ(旧MYM社製のカートリッジ)の購入が今でも可能なことが分かりました。

カートリッジは何年か毎に品番を変遷して現在は代替品3世代目が該当品番としてありました。価格は4,500円程でした。まあ、この価格ならばカートリッジだけ交換するかとお願いしようとすると、メーカーから送料が別途かかるというではないですか!しかも、2,700円だそうだ。4,500円+2,700円=7,200円だと~!!!
※楽天とかでは今でも購入可能を確認しています。DIYでチャレンジできる人は、ネットで買って交換も可能です。

流石にこれに工賃8,640円(この業界標準で工賃はどこも8,000円が標準ぽいです)が加算されると、安い本体交換の1/2程の費用がかかることが判明。マニュアルには10年が寿命で交換推奨と記載があり、カートリッジ交換後に他が故障しだすとお金ばかりかかって仕方が無いので、もう、このタイミングでさらに10年延ばすためにも本体ごと交換することにしました。

本体交換にあたって、KVK製品やTOTO製品などを物色しましたが、シャワータイプの物は安くても5万~6万円程かかります。KVK製品で2割~4割。TOTO製品は1割引きと、我が家の家計でも今現状厳しいので却下。そんな中、KVK製品のOEMで同じ製品を見つけました。

・KM5021TTKE 33,500円(税別)

機能は以下の通り。
・エコタイプ
 レバーの中央では水しか使わず、お湯の無駄使いをカット。また、お湯の使い始めからクリック感で分かる。
・節湯B
 最適流量から5L/分以下
・節湯C1
 水優先の操作において湯が吐水されない節湯水栓

これを工賃と合わせて、税抜き価格で
 本体30,150円 + 工賃8,000円 = 38,150円
で税込み41,202円也となりました。

当初12,000円くらいと想定していたので、かなり予算オーバーになってしまいましたけど、まあ、今後の長いことを鑑みれば仕方が無い出費と割り切りです。

普通にKVKの型番KM5021Tシリーズの56,500円(KM5021TEC)のやつと同じだと思われる。もしかしたら、カタログでは分かりしえない違いがあるのかもしれないけど、まあ、我が家は価格ありきなので、この安いモデルで注文しました。

工事日は、8/25(土)に行われるので、今のきちゃない水栓が新品に生まれ変わることになります。シンクもかみさん、ここ最近は真面目に綺麗にしていないせいで、とても汚いのですけど。。。まあ、キッチン周りはかみさんのテリトリーということで、煩いことは言わず。これを期に綺麗にしてくれればいいのだけどね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30293

DIY(日曜大工)で玄関にオープンラックを作成

かなり前から玄関にあったらいいなぁと思っていて、今まで延期してたことをようやく行うことにしました。

玄関にわんこ用の用具各種(洋服、リード、ライト、タオルなど)を置く場所が必要で、以前から検討していました。

しかし、出来合いのオープンラックなんかは、検討している場所に置けるピッタシのサイズがある訳もなく、あったとしても高くて手が出ないかな・・・と。

であれば、最近流行のDIYで自作するのが一番ということになり、2×4材を使ってDIYで自作することにしました。
早速、近所のジョイフルで部材を調達。しかし、マイカーでは部材を家まで運ぶことが出来ない為、軽トラをジョイフルで無料でレンタルしました。2時間まで無料で借りれるが、それ以上だと2000円/hかかるようです。まあ、車で5分もかからない場所なんで2時間越えることは無いけど、それでも購入した部材の数によっては、積み下ろしで時間を要するので、場合によっては結構ギリギリまで時間がかかるかもしれませんね。

軽トラから部材をガレージ内に一旦置きます。軽トラを返却してから作業を開始です。軽トラ返却時は、先方の人がぶつけた箇所が無いかなどチェックしてから返却完了となるんで、5分程かかりました。

購入したのは、以下の部材です。一番高くついたのは、天井に突っ張るためのパッドでした。また、フックは20個入りなんで初期投資は大きくなってしまいましたが、今後、他にも使えるので5個ほど使うのであれば396円の費用だけかかったとも思えますかね。
・2×4材(38mm×89mm×3048mm) 798円x2=1,596円
・1×6材(19mm×140mm×1830mm) 628円x1
・2×4材 (ツーバイフォー材)専用 ディアウォール 上下パッドセット ダークブラウン 809円x2=1,618円
・L字アングル金具 58円x8=464円
・木用ねじ(クロ)50個入り 302円
・アンティーク調 壁フック 2つ穴 20個セット ブロンズ 1,980円
計:6,588円也

まずは、玄関のところに設置するために、2×4材を適切なサイズへ電動のこぎりで切り落としました。作業する前に簡単な設計図もどきと書いてから作業を開始です。上下パッドを挟む分、実測値から2cm程短くする必要があることを、後から気が付いたりしましたが・・・

とりあえず、2×4材を壁に取り付けして棚板の幅を決めます。玄関クローゼットギリギリの幅を見出し、棚板の幅を決めました。幅は380mmということで残りの棚板の部材である1×6材を切っていきます。
今回切断するにあたっては、6回程切断作業をしましたが、手動でなくて良かった。電動ノコギリだから短時間で行えた作業でもありました。

棚板を設置するが、低い位置でないとかみさんが使い勝手悪いので、一番下に買いだめした水を置ける高さだけ確保して棚板を設置しました。
上部はハンガーをかけれる場所にしようかと、丸い木の棒を設置しようと思っていたけど、それだと奥行きが必要なんで、上部には2×4材の太い梁を懸けて、その板にネジ付きフックを自由に設置してハンガーを引っ掛けられるようにすることにしました。

で、出来上がったのはこんな感じ。

飾り棚がこの位置だと、ハンガーはネジ付きフックに引っ掛けたリードが下の飾りに干渉してしまうから・・・と。

上部の棚板の位置は、一番高い梁の位置と交換したほうがかみさんがいいと言うので、位置交換作業は来週に行おう。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=26741

ケルヒャーか?ブラックアンドデッカーか?

高圧洗浄機が欲しくて仕方がないのですが、当初、ケルヒャーしか頭に無かった中で、カー雑誌などでもココ最近比較的に目にするようになった「ブラック&デッカー」も気になってきました。
天邪鬼な私は、ケルヒャーはどこでも見かけるので、今の気持ちとしてはブラック&デッカーを買おう!という気持ちが強いです。特にデザインがカッコいい!オレンジ色の憎い奴。。。
購入検討機種は以下の通り。
■ブラック&デッカー
・ PW1700SPX ワゴンプラス (ネットで最安19,215円也)

 消費電力(W) 1,400
 常用吐出圧力(Mpa) 9
 常用吐出水量(L/h) 360
 高圧ホース長(m) 5.5
 →付属品: 高圧ホース(5.5m)、ガン、バリアブルノズル、ターボノズル、洗浄噴射ノズル、洗浄ブラシ、本体用ジョイント、ワンタッチジョイント、水道ホース(3m)、水道ホースバンド
■ケルヒャー
・ 高圧洗浄機 K2 52M (ネットで最安21,799円)

 消費電力(W) 1,250
 常用吐出圧力(Mpa) 7
 常用吐出水量(L/h) 310
 高圧ホース長(m) 6.5
 →付属品: トリガーガン、6.5m高圧ホース、1ジェットノズル、サイクロンジェットノズル、洗浄剤ホース、3m水道ホース一式
こうやって比較してみると、パワーはPW1700SPXが上ですが、パワー通り消費電力を喰うようです。たかが150Wと思うのか・・・思うのかな?たまにしか利用しないので、電気代は気にするのはよそう。
ホースの長さが1m短い。どちらにしても、家の外壁やバルコニーのタイルを洗浄するには短すぎで、オプションのホースをプラスする必要あり。
しかし・・・
ネットで検索しても、本当に買ったとか利用して便利!とかの情報が少ない。ケルヒャーは実績からすれば、妥当。ただし、性能の割りに少し高価だ。ジャパネットモデルであれば、格安だが検討しているモデルからすると下位モデルとなる。
ブラック&デッカーは、コードが本体に簡単に巻き巻きできて、パーツも簡単に収容可能なのが、凄く惹かれる。普段、車しか利用しないのであれば、延長ホースは利用しないので、この単体だけで問題ないし。電源コード5m+ホース5mあれば、とりあえず家の隅々も届きそうかな?
もう少し考えてみよう!

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=902

BRITA vs AQUA VITALIS

娘が薬を飲んだり、ちょっとしたときに飲み水が欲しいというときのために、結局、我が家ではスイスの濾過装置AQUA VITALISというのをジョイフル本田にて購入して使っていました。これは濾過装置がブリタとも互換性があり、かつ、性能もブリタよりも良いようだったため、これを引越し後に購入しました。

ただ、実際に飲める水を溜め込む容量が少なく、娘ががぶがぶと水を飲んでしまうと頻繁に濾過しないといけないので、もう一つ購入することにしました。
たまたま、エアコンを見に行ったケーズ電気で現品特化で1,990円が1,000円ピッタリで販売されていたのを見つけ、本日、購入しました。
両方あわせて2リッターぐらいの容量でしょうか・・・
これから夏場に向けて、飲料水を沢山消費することになると思いますが、こいつを通すと確かにカルキ臭い水が美味しく飲める水になるため、非常にありがたい存在となりつつあります。
今度、ブリタとアクアとで飲み較べしてみて、性能評価してみたいと思います。アクアの濾過装置のほうがブリタに較べると安いのでランニングコストはアクア優位なのですが、ブリタのほうは40年の歴史があるようなので、濾過装置の違いを楽し見ながら飲めればいいかなと思っております。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=432

ACTUS vs Bo Concept

今日は午後からららぽーと柏の葉キャンパス店に行ってきました。
お目当てはダイニングテーブルです。
今、使っているダイニングテーブルは、小さくて2名用としてはいいのですが、これから子供も大きくなるし、今も既に手狭ということで買い換えることになりました。(お金もないのに・・・)
大きさは、W220cm X D140cm X H73cmが目安です。
とりあえず、行き先は「ACTUS」と「Bo Concept」です。Bo Conceptに関しては既に目ぼしい商品は決まっていたので、先にACTUSへ行きました。

ACTUSでは、親切な店員さんが予算を伝えた後に、予算に合わせた商品を紹介してきれて、あ~だこ~だと色々選定しました。
で、最終的にコレだ!と残ったのが、「CARDINAL dining table」となりました。サイズもピッタリ丁度良いサイズ(w180/220xd140xh73cm)で文句なく、質感も天板を触った感じが温かみがある感じで、全体的にも安っぽくないところが気にいりました。(ただ、かみさんとしては安っぽく見えると最後まで言ってましたが・・・)

普段は横幅が180cmで利用できるので小さく使え、イザというときはちょっとだけ伸ばして220cmとちょっとワイドになるので、使い勝手が良さそうです。足も変な中途半端な位置に足がこないで、伸長させた端に足がくるので、フルに広々活用できそうな感じでした。
価格は、13.23万円でそれにあったチェアーが2.19万円/台とチェアーをとりあえず3台購入して合計201,301円でした。まあ、思った予算以内ということで、次のBo Conceptへ移動しました。

Bo Conceptでは既に私個人的には買いたい製品は決まっていて、伸張式ダイニングテーブルが目当てでした。このテーブルは脚がセンターになっているので、どの場所に座っても快適です。このセンターの脚の重さは店員さん曰く75kg程あるそうです。また、この脚ですが約8万円程するとのこと・・・
組み合わせ的にはどのような天板でも、大凡、組み合わせが可能なようですが、結局、普通の天板+この1本脚を組み合わせると、テーブルだけで16万円台となり、私が当初欲しかったダイニングテーブルの価格差が5万円程度と、それなら最初に欲しかった物を買ったほうがいいじゃんという風に検討するのも難しい感じですね。

ただ、よくよく見てみると思った以上に大きかった・・・10人掛けは入るけど流石に過剰設備ということで、かみさんに却下くらいました。当初、購入しようと思っていたやつですが、伸長時にはw263cmにもなるので、かなり場所を取ります。また、最小時もw183cmと他の最大と同じぐらいの大きさということで、広げて使う場がないだろうということになりました。私も仕方が無く納得することにして、じゃあ、何にしようか?ということになりました。
そしたら、お店の店員さんが値段が安くて見栄えの良いダイニングテーブルを紹介してくれ、かみさんはいたく気にいった様子。それに加えてチェアーも黒い皮調のものが気にいったようで、
下の写真のウォルナット仕様
のものにしました。

大きさもw183cm x d91cm x h75cmと、少し小さめなのが気になりましたが、価格が安くチェアーを4つそろえても予算内ということもあり即決しました。Bo Conceptでは、送料と組み立て費用が価格の10%に組み込まれて請求ということで、少し微妙な感じではありますが、それを上乗せしても16万円台で済ますことができました。
ACTUSとBo Concept。どちらかというと、ACTUSのほうが物がいいですね。Bo Conceptは安いけど見栄えがするような商品展開で、パッと見が高そうに見えるのがメリットかと・・・
ただ、本当に良いものが欲しい場合は、やっぱり20万円以上お金を出さないと本物は買えないようです。
ACTUSのテーブルとチェアーは以外と私個人的には気にいったのですが、揃えると25万円コース以上ということもあって、今の私達には少し背伸びをした感じもあり、無難に今回は背伸びしないで決めました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=417

ピクチャーレール

今日、ジョイフル本田でピクチャーレールを見てみました。
当初、1万円ぐらいと思っていましたが、1.8mぐらいのもので3000円程で購入できるようです。これに額を吊るすためのワイヤーが1300円ぐらいで売っていました。
うちには、飾りたい絵や写真が沢山あるため、壁に穴を開けて飾るのではなく、さりげなく飾って気兼ねなく絵を交換できるようにもしたいとの思いがあり、ピクチャーレールを取り付けて絵を飾ろうと思っていたりしております。
一番の大物は、今、玄関に飾っているやつです。(那須高原かどこかに行ったときに見つけた影絵です。)

これを新しい新居の玄関入ってすぐの壁か階段の踊り場に飾ろうかな?と思っています。
ただ、これ以外に小さな写真などが5点ほどあるので、やっぱり、それらを飾るためのピクチャーレールを購入したら1.5万円ぐらいは費用を見ておいたほうが良いかもしれませんね。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=351

気になる木

無料で配布されている「住宅情報タウンズ」という雑誌がありますが、こちらに気になる木が掲載されていたので、備忘録もかねて記録しておこうと思います。
今、積水ハウスが提唱している、「5本の樹計画」は非常に賛同できる内容です。こういうことの積み重ねは非常に大事ですよね。
・トウカエデ
樹勢が強いため、街路樹としてよく植えられる。高さは20mになる。樹皮は灰褐色で、縦に剥がれる。カエデの仲間なので、紅葉がきれい。比較的遅い紅葉となる。

・イロハモミジ
葉は5~9つに掌状に分かれ、やや荒い鋸歯がある。タカオカエデ、イロハカエデとも呼ばれ、庭園等にも広く植栽されている。4月から5月にかけ、葉の展開直後に紅色の雄花と両性花が混在した花序を形成する。和名の由来は、葉の裂片を数えるとき「イロハニホヘト」と数えたことに由来するという。しかし5裂であることも多く、特にシュートでは5裂のことが多い。秋の紅葉は美しく、各所で秋の彩りとなっている。

・カエデドラモンディ
手のひらをぱっと広げたような、カナダの国旗でもお馴染みの樹木。欧米では最もポピュラーなカエデの品種でゆったりとしたシルエットが人気です。ライムグリーン~灰緑の葉に、クリームホワイトの覆輪斑が入ります。春の終わりから初夏にかけて、斑の色がより鮮やかになり、お庭を明るく照らしてくれます。背が高くなるので、お庭のシンボルツリーにオススメ。また、適度な高さで芯留めすれば、コンテナでも栽培できます。冬の落葉期が植付け適期です。

・月桂樹
ゲッケイジュ(月桂樹)は常緑性の中高木で、暖かくて湿潤な気候を好む樹木です。葉は先がとがった楕円形をしており香りがあります。この葉を乾燥させたものをシチューやカレーの香りづけに入れるのは日本の家庭ではおなじみのことではないでしょうか。また古代ギリシャではゲッケイジュの葉で作った冠を英雄などに冠したところから現在でもスポーツにおいて、勝利者を讃え月桂樹の冠が頭上を飾ります。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=339

アクロスモールで偶然にも!(エアコンを見に)

土地を見に行った後、守谷のアクロスモールへエアコンの価格調査に行ってきました。
HMからの提案と実際の量販店での価格差を確認しに、ノジマ電気へ行ってきました。大きさ的にも20帖もあれば十分でしょうと、今日の地縄張りを見た感じのイメージです。
とりえず、フラッと見てみると、
・CS-63RGX2-N 294,800円也(工事費込み)→248,000円也
にしてくれるとのこと。
これならば、約十万円も節約可能です。一応、HMにこの価格をぶつけてみて、同じクラスのエアコンだといくらになるかで、購入先を決めようということになりました。
購入するにしても、来年の3月頃になる旨を伝えると、その頃ならもう少し安くなっているとのことで、色々説明して下さった販売員さんの名刺をもらって帰ってきました。
その帰り道、偶然にもみんカラ友達の「BLE5884」さんとバッタリと。□
今日は風が強いこともあり、ドアパンチされなさそうな場所へ停めたのですが、私の嗅覚?が良かったのか、BLE5884さんの横に停めていたようなのです。
BLE5884さん、私達が戻ってきたときに、挨拶頂きましてありがとうございました。
まさか、偶然にもこちらに帰省されていて、なおかつ、レガシィでなかったのに、真横に並べてたということで、世の中の狭さを知らされました。□
本当はもう少しお話しをしたかったのですが、次の用事があったため、慌ただしく別れてしまいまして申し訳ありませんでした。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=331

エアコンってやっぱり高いなあ

今、検討しているエアコンが、
 ・松下電器産業 CS-717XB2-N
というエアコンを検討しております。
メーカー希望小売価格:\635,000
と、ちょっと常軌を逸している価格が設定されているのですが、HMを経由して購入すると、工事費込み?で337,800円とのことです。
分かってはいましたが、見積もり書として金額を見るとビビッてしまいます・・・
これの一つ下のモデル?CS-716XB2(2006年モデル?)だと、楽天で
メーカー希望価格 666,750円 (税込)
が、
特価 209,000円 (税込) 送料込
というところも見つけました。
どう考えても23帖タイプに拘らないで、こちらを選択したほうが良いと思った・・・

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=327

The Season

柏の葉のららぽーとに「The Season」も入っていました。
たまたま、かみさんがペットを見たいと言い出し、私は人ごみにまぎれて動物を見る気になれず、その横の事務所っぽいところに、蛇口やらランプやらが見えたため、中に入ってあれこれ見てました。
一応、カタログも貰ったのですが、お友達のTronさんが紹介していたMarine Lampも扱っているようですね。カタログ見てたら欲しい物が沢山でてきてしまいました。
まずは、
・表札
です。一応、価格とか見ると大体4万円前後という感じでした。納期は1ヶ月。
なので、来年の2月ごろにもう一度出向いてみようと思いました。
次に、
・明かり関係
です。
その中で欲しいものとして、
・nordlux Frankfurt Fr-2 11,550円也
・nordlux Luxembourg Lu-1 16,800円也
・Marine Lamp II Bracket BR700152 23,940円也
・ガーデン立水栓【日本水道協会認定】Garden Tap黒 37,800円也
・Garden Pan 36,750円也
・Yard Reel 17,010円也
と、こんなに欲しいなあと思うようなものが出てきました。
目に毒ですね・・・
でも、デザインが良いものは、やっぱり、良いですね~

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=315