Category: ガレージ関係

ガレージシェード取り付けと庭側シェード取り付け

月初に修繕してたシェードを本日午前中の雨が降っていないタイミングで取り付け作業を実施しました。

取り付けにあたっては、ワイヤーを使って取り付けしました。使ったワイヤーは、
・ニッサチェイン 鉄コーティングカットワイヤー 3-4.3x1040mm 参考使用荷重50kg Y-64 黒 274円也

ロープ内容:径3~4.3×1040mm
参考使用荷重:50kg
末端処理:両アイ加工
商品サイズ:W30・H1040・D9mm
色:黒
タイプ:ビニコートタイプ
材質:鉄

を利用しました。材質は鉄ですがビニコートでコーティングされているので、錆に強くて長持ちしそうなのと安価なのでこれを使いました。

四隅を固定してみて、パッと外側から確認すると、黒いワイヤーもそんなに目立たない感じで良い感じです。

ただ、実際にゲートを開けた時に、丁度真ん中部分の弛みが車に干渉することが判明したので、真ん中もワイヤーで固定することにしました。ただ、丁度良い長さのワイヤーが無かったので、計測して60cmのワイヤーを別途購入することにしました。ワイヤーが届いてからもう一回取り外してポンチで穴をあけて新しくハトメを付けなくては!

ついでに庭側のほうにもシェードを取り付けました。バランス良くテンションかけて、ピシっと張るのが難しいです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=33073

ガレージミラーの位置変更

以前からガレージミラーの位置が高すぎるため、強風時に煽られてミラーがぶれて見にくいんですよね。

そんなこともあって、塀の高さから出ない位置で、車からミラーを覗いた時に車が確認出来る箇所へ移動することに。
ミラーの土台金具がそもそも強度が無いんで、補強の為、L字金具を取り付けました。それでもまだミラーに触れると揺れるので、2×4の端材を挟み込んで動かなくしました。

土台金具は、塀にネジ留めする必要があるんだけど、ハンマドリルで下穴をあけてからでないとネジ留め出来ないんだけど、横着してインパクトドライバにドリル付けて穴あけしようとしたけど、まったく歯が立たなかったです。流石ハンマドリルは違う。びくともしなかった穴が簡単にあきました。ただ、深さをしっかりと必要なだけあけないとネジが全部入っていかないのが注意が必要ですね。

反対側のミラーも上過ぎて、左側のミラーと干渉して車の判断がし辛かったので、こっちも位置を下げました。これで大分左右の往来が見やすくなりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=33068

ガレージ目隠し用シェード補修

昨年の台風時にハトメが千切れてしまったため、取り除いて保管していたんですが、ようやくミシンを使える機会が出来たので、かみさんに準備してもらいました。結構、この色味が気にいっていたんで、1年持たなかったのは残念で仕方がないです。捨てるのも勿体ないので、補修して使い続けることにしました。(次回、買い替えた時は新品時に今回と同じ手を入れて使おうと思います。)

千切れたほうは、端がビラビラと解けてしまっています。反対側の固定金具のほうも、殆ど壊れかけていたんで、どちらもハトメを付けなおします。
ハトメは15mmのサイズとしました。よくよく商品情報を確認しなかったので、ゴールドが欲しかったんで、別途、ハトメだけ購入しましたが、工具一式のほうを開けてみたら、シルバーとゴールドのハトメが付属されていました。

以前に工具付きハトメ一式を購入しておいたんで、そちらも引っ張り出してきました。

ミシンはこちら。ジャノメミシン。私は使い方がさっぱり分からずに、かみさんに糸のセットから実施してもらいました。もうね、針に糸を通そうとしても目が霞んでしまい、とても出来そうにも無かったです。

まずは、ハトメを留める箇所を15cm程折りたたんで縫っていきました。実際、縫い込んでいくと、糸がそんなに丈夫では無かったなあ。とはいえ、釣り糸みたいな糸では難しそうだったんで、もう少し太目の糸を買えば良かったかな。次回、補修する時はそういうことも気を付けて糸を用意しようっと。

かなり長い距離を縫うこともあって、なかなか直線で縫うのは難しかったです。しかし、遠目でしか見ないから気にしないことにしました。

反対側も同様に2重にしてからハトメを取り付け。補強のために4mm程度の滑り止め板みたいなものを挟み込んで取り付けしました。これによって、かなりしっかりとハトメが取り付けれました。

取り付けのためのワイヤーがまだ手元に届いていないため、取り付けはまだ出来ないけど、梅雨前には取り付けれそうです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=33041

ガレージ脇の作業部屋を解体

今回、新しく設計しなおしたガレージパーゴラ&納屋をDIYする上で、一旦、今の作業部屋を解体することにしました。

建ててから2年位経つかな?流石に度重なる台風などの風雨により、かなり因れてしまっているようで、今年の台風に耐えられるか心配だったのも理由です。

まずは、外側の横梁で打ち付けた板を取り除き。コーススレッドは錆びて折れてしまっていました。なんとか、後から打った釘で支えられていましたが、こちらもステンレス釘であっても、錆びてボロボロでした。

屋根なんかも適当に張ったから、つなぎ目から雨漏りしていたし、傘釘もボロボロになっていました。
柱も2本が白アリで中がスカスカになっている物もありました。綺麗さっぱりと撤去して、使える木材は保管することにして、白アリの木材は小さく切って燃えるゴミで捨てることにします。

撤去された後は、元の状態になった訳だけど、かなりスッキリとしますね。何も無いとそこそこ広く感じるけど、柱を建てると思った程広くは無いので、今後、どのように活用するかと、どんな感じにしていこうかと悩みどころです。

で、後片付けした後はしまう場所に困るミラーなどは改めて設置しなおすことにしました。反対側からの自転車などが見えないと危険ということで、かみさんが車出す時に少しでも把握出来ればという感じですね。

ホームセンターで木材調達しようかと悩んでいましたが、貸出トラックとかまだ借りれなかったりするので、近所にある木材屋さんに依頼しようと考えています。ある意味、恵まれた環境なんですよね。手持ちで運べるから。

後は余った材料で何作ろう?

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=33025

人感センサー付きLED爆光ライトを取り付け

以前、購入していたセンサーライト(EARTH MAN 高儀 AC100V式 ジョイントセンサーライト)だけど、すぐに壊れてしまって点かなくなってしまいました。小さくて結構明るかったんで良かったんだけど、耐久性がまったく無くて、お金を無駄にしてしまいました。。。

これを取り外して、新しく購入することに。今回は、
・SenMeiGuang センサーライト 人感50W LEDフラッドライト6000k高輝度4600LM防雨防塵IP65 プラグ付き1.8m配線コード付きAC100 3,250円
を購入しました。

配送されてきて、実際に物をみると「デカ!!」。かなり重いです。早速、取り付けるための土台を2×4材で取り付けしました。

土台はガレージの脇から延長させて雨樋の樋の箇所に引っ掛けて取り付け。余ってた2×4材を使ったため、少しだけ長さが足りず、30cm程付けたして取り付けしました。

実際、夜になってから人感センサーのダイヤルを調整して、5秒間だけ点灯するように調整。感応度は結構敏感な気もするが、どこまで落として良いかこれから少しづつ調整が必要そうです。4600LMということで、かなり明るくなるので、点灯範囲はガレージ内から玄関周りまでを照射するように向きも調整しました。

ガレージに車を駐車する時に、うまい具合に反応してくれないと意味がないためです。

実際、防犯カメラ上で見たライトの照射具合はこんな感じです。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=32808

ガレージミラーを設置と移動

かみさんが、ミラーが分かり辛いということで、違うミラーを取り付けすることにしました。

ミラーを取り付けるにあたって、ツルが邪魔だったので、まずはこれらを取り除きました。まあ、これが大変なこと。。。電動ノコギリで壁に引っ付いているのを切り刻んでいき、取り除いていきました。

取り除いたツルを燃えるゴミ袋に入れていくと、全部で6袋分にもなりました。スリットが見えるようになり、左側からの動向も分かりやすくなりました。

最終的には、細かい葉っぱなども箒で履いて綺麗に掃除して終了。

今度は、塀にミラーを取り付けするのに、以前の挟み込むようにするのではなく、直接、ネジで固定することにしました。その為、コンクリ用のネジと下穴を開ける為のドリルを購入してきて、固定箇所に下穴を開けました。

今回はエーモンのミラーを購入しました。
・エーモン 安全計画 ガレージミラー(丸型) 曲面率2000R 約φ350 3,593円

附属品の固定具をネジで固定します。固定具にこの大き目のミラーを取り付けします。2000Rは少しサイズが大きかったので、1000Rのほうが良かったかもしれない。とは言え、車に乗ってミラーを見てみると前のミラーよりも見やすくなったので目的は達成できました。

で、元々付けてたほうを右側の塀に取り付けして、反対側からの動向も見えるように設置。これで左右の確認をすることが出来るようになりました。まあ、スリットが空いたんで、左側からの動向は分かりやすくはなりましたが。

安全に対してはケチっても仕方がないので、このくらいの費用は仕方がないとはいえ、なんだかんだで5000円程かかりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31643

ガレージゲートにシェード取り付け

以前までガレージの前にシェードを取り付けしていましたが、強風のせいでハトメの部分が壊れてしまったので取り外していました。

ただ、やっぱりここにシェードが無いと風雨が強い日は、必ず車が汚れてしまうのと、表通りから視線が作業中に気になることもあって、再度、シェードを取り付けすることにしました。

新しくシェードを取り付けるのに、前回とは違うメーカーの製品をチョイスすることにしました。

色々と調べても、比較的にリーズナブルなシェードって無いんですよね。そんなこともあって、調べた中で一番良かったのが、以下の製品。

・ウォーターブロック W200×H300cm【ワインレッド】 / 撥水シェード 撥水オーニング 3,980円也
■サイズ:約 幅200×長さ300cm
■重量:約 0.96kg
■材質:生地/ポリエステル、ハトメ/アルミ
■紫外線UVカット率:約 90~95%
■付属品:取り付け紐4本

色をワインレッドにしました。我が家のイメージカラーでもあるので、ベージュやブラウンよりも良さそうだと思った次第です。
実際、届いた製品を確認すると、中々、深い色味でとても良い色合いです。これで、防水加工されているということから、汚れにも強そうで長く使えそうです。ハトメの部分も前の製品に比べて頑丈そうなので、紐で取り付けた時の箇所も壊れにくそうでした。この箇所ばかりは、長い間使っていかないと耐久性は分からないけど。

早速、取り付け作業を開始。購入時にサイズは測っていましたが、こういうのは製品精度が微妙なこともあって、実際にあててみないと分からないんですよね。

で、取りつけしました。前から見るとこんな感じ。イメージ通り落ち着いた感じの色合いが、とてもあっているように思えます。お洒落な感じだ(@@

ガレージ内から眺めると、こんな感じ。これだけ視界が遮られて入れば、中で作業している時も外からの視線を気にしなくても良くなりました。また、思った以上に面積があるので、雨風による車への直撃も無くなりそうです。

本当は垂直に上げ下げ出来るようにしたかったけど、それはまた今度かな。滑車を使った仕組みを検討しているけど、ひとまずはこれでも問題無くなったので、暫く様子見です。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31625

ガレージ脇の上部をDIYで改造

折角、つくばへ出たので14時までの時間まで、山新ジョイフルへ行って暇つぶしすることに。

店内をブラブラとして、ガレージ脇の箇所を2×4材で閉じる為に、固定具を探してみることにしました。以前は、黒く塗装された2×4具を買って取り付けしましたが、これが4つ買うと結構な金額になってしまうので、もう少し安い物が無いかと見て回っていたら、塗装していない同じ形状の物を見つけました。それだと、1個168円でした。なので4つ購入して672円で済ますことが出来ました。

家に帰ってから、これらを使ってガレージ脇の後ろ側箇所の上部に施工しました。上部と中間部に2×4材を取り付け。当初は、この間に板を縦に張っていこうと思っていたけど、現状、在庫で持っている板が少ないためと、やっぱり、板で塞いでしまうとガレージ内が暗くなってしまいそうだったんで、透明なパネルを張って光も入るようにしました。

仕上がりはこんな感じになりました。やっぱり、板張りにしないで正解だったかな。サイズが合わずに上部に少しだけ隙間が空いてしまったけど、風雨があってもそんなに吹き込んでこないだろうと思いつつも、実際の状況を確認しつつ、吹き込みが激しかった場合は、隙間に板を張って改善しようかと。

強風が吹いた時に吹き飛ばないようにと、パネルの左右に板を設置しています。これで、台風や春一番などの強風が吹いても取れてしまうことは無いでしょう。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31074

ガレージミラーを交換

ガレージミラーが曇って見えづらくなってしまったのと、以前から植物がミラー部分に侵食してガラスの部分が欠けてしまっていたので、流石に交換タイミングとなったので、安くて比較的に評判の良いミラーを購入して取り換えました。

今回購入したのは、
・光 ガレージミラーGM-224角型200×240㎜  1,885円也
です。

前はエーモンのやつでしたが、もう少しサイズが小さくても良いということと、ミラーの周りに雨避けが無いのが不便を感じていたんで、このミラーにした次第です。意外と雨がミラーに垂れてくると見づらくなるので、小さいながらもミラーに沿って枠が付けられているのがポイント高いです。

今のやつを取り外して、新しいコイツを取り付けします。取り付けにあたっては、標準のボールジョイントを取り付けした後、壁付けようの金具にボルトをかませてある箇所にボルトで取り付けしました。

周りの植物が塀を覆っていて作業しづらかったので、ミラーの箇所だけ剪定してスッキリとしました。車を前に出した時の位置位からミラーを確認して、右側からの車が見えやすいかを確認して作業終了。

ミラーには一応、ワックスを付けて紫外線対策兼、水滴防止をしました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30149

ガレージに監視カメラ設置

以前、設置してた監視カメラは故障してしまい、既に撤去していましたが、「やっぱり必要だね!」と言うことになり、新しく購入しました。

購入にあたっては、色々と見ましたが、とりあえず、屋外用でHD対応の200万画素ってことで以下を買いました。
・SV3C 1080P 200万画素 WI-FI 防犯カメラ 7,999円
・Samsung microSDHCカード 32GB EVO Plus Class10 UHS-I対応 1,580円

本体は、しっかりとした鉄製のフレームです。レンズ部分にもLED?みたいなものが6個付いています。防水なので、電源ケーブルの所も有線LANの所も雨にぬれても大丈夫なように処理されています。

設定するのに、少し癖があるということだったんですが、とりあえず、パソコンからwebで接続してIPアドレスを設定。デフォルトが192.168.1.x/24のセグメントの商品が多いので、自宅のセグメントも同じようにしておけば良かったかな?と思いつつも、そういう時は自分のパソコンのIPを一時的に適当に商品側のセグメントのIPアドレスへ変更して対応すればよいか・・という風に納得して作業しました。

設定時に注意が必要なのが、Google ChromeとかではなくIEでないと設定出来ない項目があったりするので注意が必要でした。(動体検知アラートとか)

設定は、以下のメニューを適当に設定しました。
[Mediaメニュー]
・Video
・OSD set
・Image
[Network]
・Network
・Wireless
[Alarm]
・Alarm
・Motion detection ※IEでないとメニューが表示されない
[Advanced]
・User
・FTP
[System]
・Time

また、SDカード32GBを合わせて購入したんで、これを本体に挿入作業を実施。一旦、ネジを外して分解しないといけないのが少し大変でした。

で、設定作業を終えてガレージに設置しました。後ろ側から玄関方向へ全面を監視します。SDカードへは、録画出来る容量まで録画して、容量が無くなったら最初から上書きというふうになっているので、1日分位の映像は保存できるのでは?と思っています。一応、モーション録画も併せて設定したので、自宅内のFTPサーバへもキャプチャ範囲で反応した映像はパソコン側へ保存されるようにしました。

また、最近はFTPサーバー自体家では利用しなかったので、アプリ自体インストールしていなかったけど、今回の為にvsftpをインストール。これに加えて保存場所をNASからCIFSでマウントさせて、そこの領域に保管するように設定したりと、そっちのほうが面倒臭かった。。。

保存される動画データは、.264という形式のデータなのですが、MPC-HCという動画再生ソフトであれば再生可能だったのが助かっています。

記録された静止画像は以下のような感じです。かなり鮮明で綺麗に撮れています。昼間はカラーでしっかりと。夜は白黒ですがしっかりと鮮明に撮影されます。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29790