Category: 掃除や手入れ

娘のママチャリ、パンク修理

朝方になって、タイヤがパンクしていると言ってきた娘の自転車を修理しました。

確かに確認すると、虫ゴムが破けていて、そこから空気が徐々に抜けていました。予備の虫は無い為、近所のジョイフル本田へ出かけて、「スペシャルバルブ」という、ゴムの劣化が少ないタイプを2セット購入してきました。

虫ゴムだとすぐに劣化してしまい、結構な頻度で取り換えなくてはならないのが面倒なので、この新しいタイプの物であれば暫くはもつでしょう!

で、それ以外にもチューブに穴が無いか確認。

すると2か所程、穴が開いているじゃないですか。。。こちらは、パッチを取り付けて修繕しました。久しぶりに作業するものだから、ゴムノリの使い方を間違ってしまったため、パッチを貼っても同化してくれなくて、すぐに剥がれ落ちてしまう失敗をしました。ゴムノリは伸ばしてから2分程放置して乾いてからパッチを貼らないとしっかりと同化しないんですよね。

バケツに水を張って、その中にチューブを入れてクルクルと廻しながら確認して空気漏れがないこと見てから、元の通りにチューブを戻して作業終了。前輪側も古い虫を取り外して、新しいスペシャルバルブへ交換しておきました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31988

部屋のカーテンを交換

娘の部屋のカーテンが、わんこのせいでビリビリに酷いことになっていたんだけど、あまり部屋を使うこともなかったので、交換することを5年程放置していました。

まずは、破れたレースのカーテンを取り外し。

そして、カーテンレール自体も新しいものへ交換することにしました。

カーテンもカーテンレールもニトリで調達。お値段以上ニトリということで、特に見栄えとか拘ったわけではなく、安く済めば問題ないという感じの選択です。
最近は、レースのカーテンに色々と機能が付加されているんですね。外から見えにくくすることと、夏場は南から日差しが厳しいので、UVカット機能がついているものをチョイス。ミラー機能だけは表からと裏側からでかみさんと確認しながら、なんとか見えにくいことを確認して、柄はあれこれと言いあいながら決めました。

新しいカーテンレールを取り付け。壁付けでも壁が強化されていなさそうなんで、あまり重いカーテンレールだと落ちてしまいそうだけど、この一番安いタイプは軽くていいですね。説明書きの通り、端から5cmから10cm以内に端端がくるように取り付け。

新しいカーテンを取り付け。特に面白味も高級感も何もないけど。まあ、新品に変わって部屋の印象は小奇麗に変わりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30964

シューズラックを端材で作成

玄関が娘の靴で埋め尽くされて邪魔で仕方が無かったので、わんこグッズを引っ掛ける棚下に靴台を設置することにしました。とりあえず、私の靴もそこに置けるように4足分の物を作成することに。

4足分なんで棚板は3か所で、一番下側は土台兼靴置場で、少し背の高い靴が置けるように設計しました。材料は、あくまでも端材を使っての工作なんで、靴をしっかりと置けるような幅をもつ板が無いため、そこが不安材料でした。

必要なサイズに板を切り出して材料を準備。理想は棚板用は奥行きが20cm程あると、しっかりと置けて(食み出るけど)良さそう。
側面用: 55cm x 2
棚板用: 28cm x 3
土台用: 31cm x 28cm x 1

これをネジで留めていき、こんな感じの物が出来上がり。

土台も取り付けて、実際に靴を置いていきます。作底の幅が足りない為、少し置くときに気を付けないといけませんが、綺麗に整理して置けました。これで4足分の靴置場が出来たんで、大分、玄関はスッキリとなりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30931

壊れたワークベンチを修理

土台が腐ってしまい、用を足さなくなってしまいました。しかし、土台を付けなおせば、まだまだ使える為、修理しました。

まずは、腐った土台をネジを外して取り除き。

そして、2×4材を50cmに切ったものを用意。100cmの端材が丁度あったんで、50cmの土台としました。気持ち的には、もう少し長くても良いかな?と思っていたけど、まあ、無駄が出ないようにしたほうがいいか。。。と

本体に土台をネジで留めて完成!端材なので、穴が開いていたりと面は汚いけど、とりあえず、これでも用は足りるでしょう!

一応、クルクルとレバーを回して動作確認し問題なかった。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30929

常総環境センターへ粗大ごみを捨てに

もう着れなくなった服や、壊れてしまった電気ストーブ、そして捨てる方法が分からなかったパソコンケース。これらを年末のこのタイミングで全て廃棄することに。

まずは、朝一、市役所へ。

持ち込みの内容を申請して、許可証を貰いました。懸念だったパソコンケースも粗大ごみとして廃棄可能ということで、自作PCでいらなくなったパソコンケースもこれで持ち込んで捨てれますね。

市役所から、そのまま常総環境センターへ移動。入り口の所で申請書を見せてから、そのまま車重を量ります。帰りの車重との差分で支払い金額がきまります。

2階のほうへ車を移動させて、自分で指定の場所へゴミを置いていきます。ゴミを置いてから、また、入り口のほうへ戻ってきます。

今回は、30kgでした。単価が143円/10kgなので、463円(税込み)でした。帰りの車重は1500kgでした。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30833

エアコン用フィルター交換実施

我が家のエアコンについていたフィルターだけど、10年経っても放置していました。

今回、エアコンの掃除をした時に、流石にもう交換したほうがいいだろうと思い、早速、Amazonでポチりました。

・10年交換不要 除菌フィルター CZ-SAF5A 1,780円
・脱臭フィルター CZ-SAD9A 1,717円

新品は違いますね!当たり前ですが。

これと取り換えしました。何が変わったか?!まったく分かりません!
そもそも、これ取り付けていなくても何も変わらないのでは?と思ってしまいますが、次の10年後は流石に20年超えになるエアコンがもつかどうかが微妙ですけど。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30737

我が家のドッグランを改修

我が家のドッグランもDIYで作ってから結構な日にちが経ちました。暫くしてから、入り口を開けた時に地面に引っかかるようになるし、利用頻度の割にはガレージ側の出入り時に高さが足りないからと梁を足した箇所が邪魔で仕方が無かったりと。

この辺りを夏季休暇中に直してしまいましょう!ということで、涼しい朝方に作業を開始しました。

今日は珍しく雨がぱらつく中、気温も低めで体を動かすにしにしても問題無さそうな状態だったのは助かりました。

早速、メイン側のドアを取り外して、取り付け位置を直します。前はギリギリを狙いすぎて地面からの高さが低すぎました。そんなこともあり、地面からは10cm程あげることにしました。これくらいであれば、我が家のわんこは脱出不可能だから。

取り付けし直して、ドアの開閉もスムースに改善されました。脇側の羽目板も高さが変わったので、取り付け位置を修正。

前回の取り付け位置からすると、こんな感じに変わったことになります。

これで、暫くは大丈夫でしょう!

次にガレージ側を直します。まずは邪魔な胸辺りの梁を何とかします。その前に扉を取り付けする柱をもう少し高さのあるものへ交換します。現状よりも30cm程長い物へ交換しました。これにより、胸辺りの梁を扉の柱位置で切断して、出入りしやすくしています。

梁は柱と固定して強度を保ちつつ、扉は強度を保つために2×4材で補強していましたが、その補強2本は取り除いて、扉自体を軽量化。わんこが飛びついたくらいでは壊れない強度はあるので、必要十分の強度に改善しました。再度、扉を取り付けする時は、地面からの高さを少し上げて、扉の位置を修正して取り付けしました。その代り地面側に隙間が大きく空くため、板を一枚足して隙間を少なくしています。

鳥さんを扉側に両面テープで固定して、作業終了です。

後は、所々で塗装が剥げてきたので、塗り直しました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30277

10年経ったエアコンの動作がおかしく

家を建てた時に取り付けた、我が家のメインエアコン(CS-63RGX2-N)。これが故障すると、この寒い冬の中、非常に部屋の中が寒くてキツイ。

それまでなんとも無かったエアコンがある日突然動作がおかしくなります。

リモコンの「お知らせ」ボタンを押すと、エラー内容を知らせてくれるので、調べてみると、H56と出ている。
パナソニックのサイトでエラーコードから修理代の見積もりなどが分かるので、確認すると、

<エラー内容>
ルーバー動作異常
18,000円 ~ 15,000円(税抜)

とあった。まあ、このくらいならば新しいエアコンとか言って買い替える前に修理してもいいかな?という価格なんで、ネットから修理依頼しました。故障したのが1/3。最短の修理日は1/5だったんで、その日で。

まずは、エアコンのルーバーを修理しました。ルーバーの修理には、殆ど全てをバラシて対象部品の交換とルーバーを動作させるためのワイヤーを元通りに束ねて接続する作業が必要でした。ルーバーだけならば素人でも交換出来そうですが、ワイヤーの調整は無理そうです。分解時には、お掃除ロボットの箇所にたまった埃がボールのような大きさで詰まっていたようです。これらも取り除かれて作業終了。作業は2時間程かかりました。

ルーバーの修理を直すと、お知らせボタンを押すと次のエラー内容が表示されます。そうすると、お掃除ロボットが故障していると出て来たそうです。お掃除ロボットの修理にはさらに3万円くらいかかるとのこと。動作上、お掃除ロボットが動かなくても問題ないことから、動作しないように無効化してもらって、ロボットが動かない様にしてもらって作業終了としてもらいました。

どうやら、ルーバーが正しく動作しないと、吹き出し口の出口に取り付けられたセンサーが正しく動かなくなるようで、暖房が効かなくなったりするようです。

作業代は、以下の通りでした。まあ、ネットで当初見積もりした範囲内の金額でした。なので、ある程度はネット見積もりは判断材料にはなりそうです。
・部品代 7,000円
・技術料 6,500円
・出張料 3,000円
消費税: 1,320円
合計: 17,820円

お掃除ロボットが動作しないので、もう少し頻繁に掃除してくださいと言われました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29385

リビングの蛍光灯切れ

新居に住んでから、多分、初だと思う。リビングの蛍光灯が突然切れてしまいました。夜だったこともあり、いきなり真っ暗になってしまいました。

寿命は12,000時間のはずですが、10年近くなぜか?持ちました。

で、暗い中、蛍光灯を取る作業は危ないので、翌日の今日、取り外しました。1本だけかと思っていたら、2本付いていました。取り外す時は、手前の傘みたいなものを上にスライドさせて下側の蛍光灯をくるっと回すと外すことが出来ました。上側の蛍光灯は傘を下側にスライドさせてから同じようにくるっと回して外しました。

取り外した蛍光灯は、
・National FHF 32EX-L-H Hf蛍光灯パルック電球色 32ワット
です。

肝心の蛍光灯ですが、LEDに変更したいなぁとネットで検索すると、結構な価格。ちょっと高い。。。
同じ種類の蛍光灯は400円程度だけど、送料を別途取られるのと、届くまでに結構な日数が必要とのこと。流石に1週間も待ってられないので、近所の電気店で探してみることにしました。

谷和原SA近くのケーズデンキに行くと、1,543円/本(税込み。安心パスポートで5%オフ)で売られていたんで、買って帰りました。種類は同じあたたかい光の電球色のものとしています。かみさんが前と同じが良いということだったんで、昼白色は却下されたためです。
ネットの価格からすると3倍以上の値段です。送料取られても、やっぱりネットのほうが安いですね。ある程度、予測して予備をネットで4本程まとめて買っておくのが良さそうです。

早速、取り付けしました。取り付けにあたっては、傘に埃が結構ついていて汚れていたんで、綺麗にしてから取り付けします。

傘を綺麗にしたのと、蛍光灯が新品になったせいか、とても明るくなりました。昼間でも煌々と明るく照らしてくれています。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29180

わんこゲートの柱を改善

寒くなり、湿度が少なくなってきたら、わんこゲートの柱が緩くなってきてしまいました。

柱の固定にあたっては、緩まないようにと1mm厚の滑り止めを2枚取り付けていたけど、それだと夏と冬でうまく都合の良いように調整出来ないので、突っ張りを利用することにしました。

早速、取り外して2×4 ADJUSTERを取り付け出来るように9.5mm切断しました。切断後、アジャスターを取る付けします。

元の通りに柱を突っ張らせて取り付けすると、アジャスターで圧の調整が出来るのが、とても都合が良い感じ。最初からこうしておけば良かった。

とはいえ、設計時にやっぱり犬を飼うことを前提にゾーン別けすれば良かったなぁ。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=28969