Category: 日曜大工

ガレージ脇の上部をDIYで改造

折角、つくばへ出たので14時までの時間まで、山新ジョイフルへ行って暇つぶしすることに。

店内をブラブラとして、ガレージ脇の箇所を2×4材で閉じる為に、固定具を探してみることにしました。以前は、黒く塗装された2×4具を買って取り付けしましたが、これが4つ買うと結構な金額になってしまうので、もう少し安い物が無いかと見て回っていたら、塗装していない同じ形状の物を見つけました。それだと、1個168円でした。なので4つ購入して672円で済ますことが出来ました。

家に帰ってから、これらを使ってガレージ脇の後ろ側箇所の上部に施工しました。上部と中間部に2×4材を取り付け。当初は、この間に板を縦に張っていこうと思っていたけど、現状、在庫で持っている板が少ないためと、やっぱり、板で塞いでしまうとガレージ内が暗くなってしまいそうだったんで、透明なパネルを張って光も入るようにしました。

仕上がりはこんな感じになりました。やっぱり、板張りにしないで正解だったかな。サイズが合わずに上部に少しだけ隙間が空いてしまったけど、風雨があってもそんなに吹き込んでこないだろうと思いつつも、実際の状況を確認しつつ、吹き込みが激しかった場合は、隙間に板を張って改善しようかと。

強風が吹いた時に吹き飛ばないようにと、パネルの左右に板を設置しています。これで、台風や春一番などの強風が吹いても取れてしまうことは無いでしょう。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=31074

シューズラックを端材で作成

玄関が娘の靴で埋め尽くされて邪魔で仕方が無かったので、わんこグッズを引っ掛ける棚下に靴台を設置することにしました。とりあえず、私の靴もそこに置けるように4足分の物を作成することに。

4足分なんで棚板は3か所で、一番下側は土台兼靴置場で、少し背の高い靴が置けるように設計しました。材料は、あくまでも端材を使っての工作なんで、靴をしっかりと置けるような幅をもつ板が無いため、そこが不安材料でした。

必要なサイズに板を切り出して材料を準備。理想は棚板用は奥行きが20cm程あると、しっかりと置けて(食み出るけど)良さそう。
側面用: 55cm x 2
棚板用: 28cm x 3
土台用: 31cm x 28cm x 1

これをネジで留めていき、こんな感じの物が出来上がり。

土台も取り付けて、実際に靴を置いていきます。作底の幅が足りない為、少し置くときに気を付けないといけませんが、綺麗に整理して置けました。これで4足分の靴置場が出来たんで、大分、玄関はスッキリとなりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30931

壊れたワークベンチを修理

土台が腐ってしまい、用を足さなくなってしまいました。しかし、土台を付けなおせば、まだまだ使える為、修理しました。

まずは、腐った土台をネジを外して取り除き。

そして、2×4材を50cmに切ったものを用意。100cmの端材が丁度あったんで、50cmの土台としました。気持ち的には、もう少し長くても良いかな?と思っていたけど、まあ、無駄が出ないようにしたほうがいいか。。。と

本体に土台をネジで留めて完成!端材なので、穴が開いていたりと面は汚いけど、とりあえず、これでも用は足りるでしょう!

一応、クルクルとレバーを回して動作確認し問題なかった。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30929

ガレージ側の扉を増築

ガレージ側の梁を無くしたことにより、少しだけ高さが足りなくなってしまったので、言われる前に改善することにしました。

本当は安いラティスがあれば一番良かったんだけど、都合の良いラティスなんかは無く、仕方がなく作ることにしました。

念のため、100均で丁度良いパーツなんかがあればとダイソーなんかを一通り見て回ったけど、ラティスに変わるような品物は見つけられませんでした。

そのまま、山新へ移動。色々と見て回った結果、安価だけどDIYしやすく、ラティスっぽい物が作れそうな木材を購入しました。

桧と杉の板を購入して帰ってきました。
・杉材 瓦桟(910mm x 18mm x 18mm) 68円 x 2 = 136円
・桧材(1000mm x 24mm x 30mm) 108円 x 3 = 324円
合計 460円也です。

まずは、ヤスリで表面を綺麗にした後に、塗装を行いました。塗装を施すといい感じの表情に。1時間程乾燥させて触っても手に付かない状態になってから作業を開始です。

不足分の高さ30cmの枠を作ります。で、この枠の中に杉の棒をコースレッドで固定して完成です。

完成した枠を、ドッグランの扉の上部にコースレッドで固定。とてもいい感じに仕上がりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30286

我が家のドッグランを改修

我が家のドッグランもDIYで作ってから結構な日にちが経ちました。暫くしてから、入り口を開けた時に地面に引っかかるようになるし、利用頻度の割にはガレージ側の出入り時に高さが足りないからと梁を足した箇所が邪魔で仕方が無かったりと。

この辺りを夏季休暇中に直してしまいましょう!ということで、涼しい朝方に作業を開始しました。

今日は珍しく雨がぱらつく中、気温も低めで体を動かすにしにしても問題無さそうな状態だったのは助かりました。

早速、メイン側のドアを取り外して、取り付け位置を直します。前はギリギリを狙いすぎて地面からの高さが低すぎました。そんなこともあり、地面からは10cm程あげることにしました。これくらいであれば、我が家のわんこは脱出不可能だから。

取り付けし直して、ドアの開閉もスムースに改善されました。脇側の羽目板も高さが変わったので、取り付け位置を修正。

前回の取り付け位置からすると、こんな感じに変わったことになります。

これで、暫くは大丈夫でしょう!

次にガレージ側を直します。まずは邪魔な胸辺りの梁を何とかします。その前に扉を取り付けする柱をもう少し高さのあるものへ交換します。現状よりも30cm程長い物へ交換しました。これにより、胸辺りの梁を扉の柱位置で切断して、出入りしやすくしています。

梁は柱と固定して強度を保ちつつ、扉は強度を保つために2×4材で補強していましたが、その補強2本は取り除いて、扉自体を軽量化。わんこが飛びついたくらいでは壊れない強度はあるので、必要十分の強度に改善しました。再度、扉を取り付けする時は、地面からの高さを少し上げて、扉の位置を修正して取り付けしました。その代り地面側に隙間が大きく空くため、板を一枚足して隙間を少なくしています。

鳥さんを扉側に両面テープで固定して、作業終了です。

後は、所々で塗装が剥げてきたので、塗り直しました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30277

わんこ用アジリティ遊具平均台

かみさんから以前より、平均台のようなものが欲しいということで、早速、作りことにしました。

使わなくなったことも考えて、長さは1.5m程度の長さで、幅はわんこの肩幅程度ということだったんで、板を3枚横並びにして3か所を板で釘でとめました。

まずは、平均台の両方をスロープにはせずに片方だけの足だけを作ることに。裏返すことで高さを変えれるようにしました。土台となる足は、犬しか乗れないくらいの強度なので、2本の板の下駄で十分な強度がとれました。

左側のように普通は20cmの高さの足として利用し、犬が怖がったら反対にして高さ10cmに変更して利用できるようになっています。
慣れてきたら、もう一つ同じ足を作って平均台のようにして使えるようにします。また、もっと慣れたら50cm程の高さの足でも作ってみようと思います。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=30184

書斎デスクの改良とパソコンを収納

書斎デスクのパソコンを収納する上で、電源ケーブルがデスクの脚を強化するための梁の部分に干渉するので、取り外して位置を変えることにしました。
脚の上側ですが、梁の幅が厚いので強度的には十分でると思うので問題ないでしょう。

脚の真ん中にボルトで接続していたのを外して、上部側へ取り付け。

パソコンを収納してみて、背面の接続箇所がどんな感じになるか確認します。

電源ケーブルは下側なんで勿論干渉することは無くなりましたが、今度はマザーボードが筐体上側に位置が変わったので、USBなどの接続に問題がないか確認。

こちらも今更使わなくなった、キーボードとマウスのポートのみになったので問題ないですね。
システムファンも多少被るけどって感じで、まあ問題になるほどではないでしょう!

本体前面から見るとこんな感じで綺麗に収まっています。もう少し高さが無ければ、上部の空いた箇所を物置で使えたんだけど、微妙に高さが足りなくてα6000のデジカメを置いたり出来なくなったのが残念な所でしょうか。

それでも、ちょっとした書類みたいなものが一時的に置けるから、まあ、いっか。

で、全ての物を元に戻して作業終了です。右側のスピーカーケーブルが微妙に長さが足りなくて、かなりのテンションだったんで、オーディオの向きを前向きにして、座る位置を右よりにしました。

デスク右上部側のパソコン本体が無くなったので、これでも十分の広さで手狭感が無くなったので、ひとまず、これで使っていこうと思います。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29959

オーディオラックを日曜大工で!

書斎デスクの次はオーディオラックを作りました。

材料は前回用意済みなので、柱の部分の切断とダボの取り付け、そして組み立ての段取りとなります。

2×4材を50cmづつ4本用意します。切断後、汚くなった面を綺麗にポリシングで磨きなおしました。

2×4材の柱になる部分にダボ穴の位置決めをします。面倒な位置決めは、この2×4定規を使うことで当てるだけで位置にマーキングが出来ます。棚側の同様にこの定規を使うことで、面倒な位置決めが楽勝でマーキング出来ました。

ただ、後での失敗したなかな・・・と思ったのが、2×4材の上下の面が水平でなかったのが失敗でした。やっぱり、ノコギリだと真っ直ぐに切断できないんで、何かしら対策品の工具を買わないと駄目ですね。

次はダボ穴を開けます。ガイドを当てる前にガイドにドリルを通した後、マーキングした位置にドリルの先端を当てて動かします。ガイドを当てた後に、ドリルの位置決めは基本出来ないんで(^^;
開けた穴にダボを入れて木づちで叩いて柱の完成です。

次に柱に棚置きする位置を決めて、ニッケル棚ダボのネジ部分にダボ穴を開けて、ボンドを注入して嵌め込みます。位置を変更できるように、微妙に変えた2か所に設置。棚ダボは8mmだけど、木ダボとは違い、少し穴が小さ目でないと駄目みたい。8mmジャストだとかなり緩々でした。。。
後、250mmの高さで計算して開けたんだけど、棚の厚さを加味して位置決めし忘れてしまい、少し上過ぎてしまいました(><
その為、本来ならばアンプを下段に設置して、上段にCDプレイヤーとネットワークアンプを設置する予定が計画通りいかなくなってしまったのが失敗しました。

パーツが準備出来たら、組み立てします。ダボを棚側の穴に嵌め込み、木づちで叩いて嵌め込みました。柱側が水平でない為に、少し浮いた感じになってしまいましたが、嵌った棚を再度取り外そうとしても取れないくらいガッチリと食い込みました。

オーディオラックは動かせるほうが便利なんで、ローラーの足を取り付け。1つあたり30kgまで耐えるものです。4つで分散されるので、100kgくらいまでは大丈夫。前側にロック付きを取り付けし、後ろ側にロック無しを取り付けしています。木ネジは平頭タイプのもので固定しました。

これで完成です。結局、組み立てまで終わらせるのに5時間程かかっています。炎天下の下、作業していたんで、結構、休み休み作業しての時間ではあるのですが、思った以上に時間がかかりました(^^;

実際に書斎デスクの下に設置。当初は横向きで設計していましたが、思いの外、幅が取られてチェアーの場所が手狭になってしまったので、縦向きに設置することにしました。実際、この位置でも操作上は問題ないためです。
棚は結局、アンプの上にCDプレイヤーを直置きした上にダボを使わないで棚を置いて、その上にネットワークオーディオを設置しました。

スピーカーをデスクの左右にかなりセンター寄りに振り向かせて置きました。実際、音楽を再生させて聴いた時に音が顔の真ん中あたりに来るように調整して作業終了です。これで好きな時に音楽を楽しみながら、パソコンが出来るようになりました。かなり快適な場所になりました。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29923

ダボ穴ガイドとカンナ

オーディオラックを作るうえでダボガイド無しだと綺麗に板同士を接続出来ないため、やっぱり、ダボガイドは購入することにしました。また、板を綺麗に削るにはカンナが必要なので、カンナは近所のホームセンターで買うことに。

色々と探してみた結果、以下の製品を購入することにしました。

・MILESCRAFT 1362 ドリルブロック 1,580円
・千吉 二枚刃 小鉋(40mm x 150mm) 1,480円

ドリルブロックは、4mm,5mm,6mm,8mm,10mm,12mmとダボで利用するだろう穴のサイズを全て網羅しています。実際、6mmと8mmを利用してみましたが、利用することで面に対して垂直に穴が開けられました。やっぱり、ガイドがあると安心感が違いますね。

鉋は、板の幅を削るのに、ヤスリでチマチマとは出来ない1mmとかの微妙な削りだしが出来るのが助かります。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29921

書斎デスクをDIY(完成)

先日に引き続き、組み立てを行います。組み立てにあたっては、なるべく釘を使わないで組み立てる方針です。その為、ダボを使ったりオニメナットを使ったりする予定です。

[材料]
ダボ材 8mm x 30mm : 9本
皿ネジ M8 x 35mm : 6本
オニメナット M6 x 13mm : 4個

まずは、パソコンを入れるためのBOX部分を組み立てます。ダボ穴を開けるにあたって、垂直に穴が開けれずに難儀しました。なので、垂直にインパクトビットを当てる為には、ガイドが必要だと思いました。ケチって購入しなかったのですが、後で近所のホームセンターを回ってみましたが、売られていなかったのでamazonで買ったほうが良さそうです。

今回は、ホームセンターをうろついても見つけられなかったので、諦めて手で適当になるべく垂直に穴が開くようにして作業を実施しました。多少の穴のブレに関しては誤魔化せるようでしたけど。。。
当初予定していた、凹の形になるように組み立てを行う際、25cmの板を左右から挟む形でダボを入れようとしましたが失敗してしまし、蓋する感じで取り付けました。これは後からすると失敗で、パソコンが入りませんでした。後日、この箇所については、やり直しが必要そうです。(現状は平日の間、パソコンが使えないと不便な為、デスク上に設置して復帰させました。)

作業前に、ドリルにはマーキングとしてガムテで目張りして対応しました。

8mmのドリルで20mmの穴を3箇所づつ開けた後、ダボを挿入してます。ダボ穴が取り付け先で位置がずれるのを防ぐため、ダボマーカーを取り付けして、デスク側に穴の場所を傷つけます。その箇所を錐で穴を少し開けて、ドリルで貫通しないように気を付けながら穴あけしました。

ダボ穴に木工用ボンドを少し注入して、ダボで取り付けしています。8mmの穴に8mmのダボだとかなりキツイようで、すんなりとダボが奥まで入らないです。微妙にダボ側の径が小さいと良いですけどね~
上から板で抑えて、木槌でこれでもか!と叩いて挿入しましたけど。

今度は足を取る付けます。その前に今使っているデスクを分解して、再利用します。この足の部分は、幅40mm x 奥行き450mm x 高さ700mmの物。天板の奥行はこの450mmに合わせてあります。

これを天板に取り付けします。取り付けにあたっては、左右の足を連結させないと強度的に厳しそうだったんで、1×2材を左右に渡るように元にあった6mmのボルト穴を再利用して、6mm x 30mmのボルトで固定しました。

完成したデスクを元の場所に設置しました。出来上がりはこんな感じです。天板は白っぽいタモ材の色目をそのまま生かしたかったけど、塗装しておかないと、珈琲とかこぼした時に染みになってしまうから、これは仕方が無いか・・と妥協しています。また、塗料についても新しく購入するのでなく、余っていた塗料をそのまま流用してコストダウンしているので、色味についても妥協しています。まあ、それでも十分見栄えが良いものが作れたと思います。

天板の拡大はこんな感じ。少しオレンジがキツイ感じだけど、年が経つごとに色味が変わっていい色合いになると信じています。また、DIYで作ったので後で改良、改造も行えるのがメリットかと。

後の残作業は、オーディオラック部分ですね。これは来週あたりから作業を行おうと思っています。問題は、トリマーが必要なところなんですよね。ホームセンターでレンタル出来るといいのだけど。。。

Permanent link to this article: https://b4.myhome.cx/blog/?p=29878